エイ出版社からのご案内


  • エイスタイルカレンダー2020


長谷年男 さんの投稿

2015年3月 6日 (金)

日産スタジアム駅伝

しばらく前に出場した、2月14日の第8回日産スタジアム駅伝

Image3

Image6

結成されたのは、チームサッカニーの有志4名によるファンRun☆チーム、その名も「チームさっかに~ぃ」。

薮田リーダーの声かけに応じた森茂、月岡、長谷の4人で結成された、この「チームさっかに~ぃ」。

チーム名からもお察しの通り、「ゆるーい感じでひとまずは楽しむ」ことがメインテーマ。というかそれが全て。

やぶさん以外は初駅伝ということもあり、「襷をつなぐこと」自体に既にワクワクを隠しきれない状況。

天気も快晴、気温も快適、富士山までも良く見える今日のこの日に、仲間と襷をつなぐことは、もしかすると、最高に幸せなファンRUN(ひととき)を過ごせるのではなかろうか、と、期待に胸が膨らむ。

Image1

出店や屋台何かを見ながら会場内を4人で歩いていると、別チームで、チームサッカニーの横山さんを発見!みんなで記念写真をぱしゃり。

Image4

開会式でのノリの良いMCさんの進行と、チアリーディングによる激励により、気分が盛り上がった後、そろそろ出番なので体を動かし始める。

Image5

1区(8.2km)を任された私、正直、どれくらいで走れるのか自分でも良く分からず。。。

とりあえず目標を4’30”/kmに設定。

おそらくこのペースなら走り切れるはず。

 

スタート20分前でトラックに移動。

久しぶりのタータントラックで、かなり気分が盛り上がる。

このトラックで100mを全力で走ったら、今何秒で走れるのかな?なんて想像してみる。

本当にやると、きっと結果に失望するに違いないけれど…。

 

10カウントダウンの後、号砲が鳴り響き、いよいよスタート!

ファンRunと言えどもガッツとムードは大事!と、ちょっとアゲアゲでスタート

結果、始めの1kmは3分56秒。近年稀にみるスピードですw。

ちょっと興奮気味のまま、スタジアムを後に。

アゲアゲペースを目標ペースまで落ち着かせて新横浜公園内を1周、そして再びスタジアムへ。

息が上がってきているものの、まだまだ走れる!

もう一周!頑張るぞ!って意気込みとワクワクを表現したくて、トラック内でチームさっかに~ぃのメンバーへ向けて猛烈アピール!ココでタイムロス1秒w

再び公園内を1周。

かなりの筋疲労で乳酸も溜まりつつ、心拍も落ち着かないままに何とかスピードを維持してスタジアムへ戻る。

観客席の仲間に手を振る余裕すらなく、とにかく2区の森茂さんへ襷をつなぐべく、最後のスパートをかける(といっても加速はほぼしてなかったと思われるw)

襷をつないだ後、箱根駅伝バリに出し切った感を出しつつちょっとよろけている自分に、グッとくる。←この辺はかなりの自分大好きオーラが出ていたことは否めない。

自分の仕事を終えて観客席の仲間の元へ。

やぶさん、さおりんがあたたかく迎えてくれ、健闘をたたえてくれる。

つくづく思うけど、チームっていいもんです、ほんと

 

2区森茂さん、3区やぶさんと快調なランで次々に襷がつながれていく。

そして、4区、さおりんへ。さおりん激走!

Image8

ちなみにこの駅伝、4人でほぼハーフマラソン距離の約22km。

実は、ひそかに、裏目標:「『やぶさんのハーフでの目標タイム1時間45分切り』をチームの総合力で達成する!」を掲げていました(やぶさんがw)。

達成できるか否か、残り1分!

という瀬戸際のタイミング…。。。。。!!?

どきどきしながらスタジアムに入ってくる選手の中にさおりんの姿を探す。

!!

キター!!

残り50秒さおりんがスタジアムへ戻ってきた!!

最後まで頑張るさおりんを全力で応援しつつ、我らチームさっかに~ぃ無事にゴール!

記録:1時間44分41秒!総合72位!

ちょっとブルったです、実際。

感動的なフィナーレを迎え、興奮冷めやらぬままに、大戸屋で遅めのランチ。

また1年後、同じメンバーで出場しよう!

そう誓って、「チームさっかに~ぃ」は解散と相成りました。

Image2 

みんなで走るって、とても楽しいですね。

「襷をつなぐ」って、ワクワクが連鎖してく感覚があります。

短い距離なので、いつも以上の走りに挑戦できるのも魅力かもしれません。

スピードを楽しむ」って、新感覚なRunの楽しみ方を初体験できました。

記録にも記憶にも残る有意義な時間を過ごせた一日でした。

 

記録:1区(長谷)8.2km 36分17秒

ラップ①3’56” ②4’21” ③4’33” ④4’28” ⑤4’27”

   ⑥4’31” ⑦4’30” ⑧4’32” ラスト4’13”/km

平均ペース:4’24”/km←目標達成!!

2015年3月 1日 (日)

体重増加とモチベーション低下

みなさん、おはようございますsun

ずいぶんご無沙汰しておりました、長谷ですcat

 

まずはランをさくっと振り返ると…。


2月11日 LSD 60分

12日 休

13日 補強

14日 日産スタジアム駅伝 1区(8.2km 36分17秒 4’25”/km)

15日 青梅マラソン 30km 2時間43分59秒

16日 休

17日 補強

18日 休

19日 ジョグ 2.78km 4’57”/km

   ウォーキング 3km

20日 補強

21日 目指せEXPOラン!(仮称) LSD 120分

22日 ペース走(レース意識) 15km 5’22”/km

23日 休

24日 ペース走(速め) 11.3km 4’42”/km

25日 屋内 ビルドアップ走 12km 5’30”→4’30”km

26日 休

27日 補強

28日 ペース走(速め、坂)7.73km 4’44”/km

   ジョグ 4.11km 5’29”/km


随分ブログを更新してなかったことが、これで発覚しましたrain

記録は携帯アプリや簡単なメモに残しているので思い出せるのですが…。

その時感じたことや体の変化などは、やはり細かく思い出せないものですねcoldsweats01

体調やその時の気分等も含めた練習日誌みたいなものを書いて残しておくと、調子の良い時と悪い時のある意味「パターンみたいなものが見えてくるのかもしれません。

特に、最近(いまさらですが)、体重管理をしています

気にせずにいたら、何だか…体重増えていました。。。

最近食べすぎかなぁという気もしていましたが、それによる体重増加なのか、筋力アップのせいなのか、何なのかよくわからない状況ですsweat02

ただ言えることは、「体が重いと走り始めの気だるい感じが増す

ので、気温の低さも相まって、

わざわざ早起きして寒い外に出て1人で辛い練習してる感」がとても高まり、

結果、、、

モチベーションが急激に下がる」ということですbombimpact

走り終える頃には「今日も最後アゲアゲで終われた!すっきり!!一日仕事頑張ろう!」ってな感じで前向きになれるのですが…。。。

なので、モチベーションアップの意味合いも込めて、ちょっと体重管理をし始めていますfoot

過去の経験から、おそらく自分のベスト体重は58kg前後sign01

今60kg強catface

なので、残り3週間で2kgの減量を成功させて、目標レースに臨むこと!

これが今の課題ですgood

 

目標レース:3月22日 板橋Cityマラソン(フル)

 

 

前後していまいましたが、日産スタジアム駅伝青梅マラソンEXPOラン(チームサッカニー自主練)については、また今度アップしたいと思いますwink

 

2015年2月11日 (水)

人生で一番長い距離を走った1月の練習成果と今後

みなさん、おはようございますsun

早朝ランを決行中で、昼間が眠くて仕方のない長谷ですsleepy

仕事に支障が出始めたら自粛します、はい。

 

さて、まずはランを振り返る。


1月31日 夜23:00~ ペース走 17.3km ペース5’05”/km 

2月1日 補強トレーニング

2日 休、ストレッチ

3日 夜23:00~ ロング走 18.6km ペース5’26”/km(レースペースを意識)

4日 休、ストレッチ

5日 休、ストレッチ

6日 早朝4:30~ インターバル走 1.5km×5本(間0.5km Jog)

     1:2.1km  4’19”/km  9’12” 呼吸× 脚× 後半失速

     2:1.5km  4’16”/km  6’22” 呼吸× 脚× 後半失速

     3:1.5km  4’32”/km  6’45” 呼吸○ 脚○ イーブンペース

     4:1.5km  4’34”/km  6’48” 呼吸◎ 脚◎ イーブンペース

     5:1.5km  4’28”/km  6’39” 呼吸△ 脚○ 後半加速

7日 休

8日 早朝5:30~

    1:Free-Run① 6.3km 平均ペース4’45”/km

         1km 5’04” → 2km 4’59” → 3km 4’47” →

         4km 4’38” → 5km 4’37” → 6km 4’15” →

         Last 5’17”

    2:クロスカントリー 7.4km ペース7’30”/km前後 in 野津田公園

    3:Free-Run② 7.1km 平均ペース4’36”/km

         1km 4’48” → 2km 4’42” → 3km 4’40” →

         4km 4’29” → 5km 4’32” → 6km 4’31” →

         7km 4’23 → Last 5’49”

9日 休、ストレッチ

10日 補強トレーニング

11日 朝6:30~ LSD 60分 (6'20"/km←ちょっと速め)

    補強トレーニング


振り返ってみると、1月の月間総走行距離は181kmでしたrock

過去最長距離を走っていますscissors

たぶん高校陸上部時代よりも走っているcoldsweats01

Image1

その成果なのか、足腰が強くなったというか、なんかこう、筋肉がもっちりとしたイイ感じになってきましたsign02

他にも、腰が痛いとか、膝が痛いとかがほぼなくなりました。基本的な筋力が付いてきた証拠なのかもしれません。

また、コーチに初めに教わったストレッチを続けていたおかげか、股間接の動きもスムーズになり、肩甲骨回りも可動範囲が広がったのがわかります。姿勢がよくなり、腕振りも楽になりましたup

補強運動も随時加えてきたので、なんとなく走っていて軸が意識できるようになり、疲れにくい走り方に変わりつつあるような気がしていますhappy01

1月の走りこみによる基礎体力・筋力の向上が成功していると信じて、2月は若干スピードトレーニングにシフトしてみていますdash

短い距離をいつもより早いペースで走り、スピードのベースアップを図る。

合わせて心肺機能や持久力も向上させたいので、「インターバルトレーニング」を取り入れてみることにしました。

心拍数をがっつり上げて、脚を止めずにJogしながら少し落ち着かせる、その後再びがっつり上げる、また落とす…。

短い距離ですが、数をこなすと結果的に10km近い距離を走れるのでより質の高い長距離走ができます。

これを週に1度くらいは入れていこうかと、実践中です。

正直、かなりきついですsweat01

1人でやってると、へこたれそうです…crying

なので、誰か一緒にやってくれる人、募集しますloveletter

そのほか、クロカンやトレランも随時取り入れようかと思っています。

Image4

市内の某公園に自然遊歩道があるので、クロスカントリー的な感じでグルグル周回してみたところ、とても気持ち良く走れるコースであることが分かりましたfuji

また、意外にアップダウンが多く、走りやすいけどキツイ。。。

でも楽しいsun!!

ロードと違い多角的に脚が鍛えられるので、良いトレーニング場として今後活用しようと思いますpaper

Image3

 

 

チームのメンバーがどしどし大会で活躍している中、ちょっと焦りながらも黙々と体つくりにいそしんでいる、私、長谷です。こんなトレーニングお薦めだよ!といった情報をお待ちしておりますloveletter

2015年1月30日 (金)

ぶれない体を作りたい!

暖かくなったり、急に冷え込んだり、寒暖差にやられて風邪っ引きの長谷です、みなさん、お元気ですか?up

 

とりあえず、いつものランの振り返りからclip

 


1月17日 ロング走(青梅マラソン試走②)

      距離30.0km ペース5’57”/km 2時間59分04秒

18日 休、ストレッチ

19日 休、ストレッチ

20日 朝4:45~ 距離11.4km ペース4’45”/km

21日 休、ストレッチ

22日 補強トレ

23日 休、ストレッチ

24日 補強トレ

25日 朝6:25~ 距離12.1km ペース4’56”/km

26日 補強トレ

27日 補強トレ

28日 夜18:00~ スポーツジム 

      距離10km ビルドアップ走 ペース6’00”→5’00”/km

   (インターバル2分)

      距離9km ビルドアップ走 ペース5’00”→4’20”/km

    スイム クロール25m×6、平泳ぎ25m×3、バタフライ3m×1

29日 休、ストレッチ

 


最近の試みとして、①補強トレーニングを多めに入れ、②走る時間帯をできるだけ朝へシフトすることをしていますnew

目的は、長く走ってもフォームが崩れないように強い体幹を作ること、朝方の生活スタイルに戻すこと、です。

青梅試走30kmで感じたことは、後半23km過ぎからのビルドアップで体がかなりぶれていたために、思ったほどスピードに乗れなかったことです。距離も距離ですが、フルマラソンで考えるとまだ半分。ここで体がぶれてフォームが崩れている様では話にならないだろう…とcoldsweats01

また、私の自由時間は常に「子供が寝てから」になるため、基本的に夜~夜中にトレーニングしてきたわけですが、やはり日中走るのとはスピード感覚が違っていると常々感じていました。レースは日中の朝スタート、なら、同じ条件で走るのがベスト!…とsun

というわけで、効果の程はまだ実感できていませんが、青梅マラソンまでの2週間ちょっと、これを続けて結果を考察してみたいと思いますpencil

 

ちなみに、28日のジムでのスイム…つらかったです、はいhappy02

トライアスロンにも興味がある私、ランとスイムを続けて行うとどうなのか、ちょっとやってみた結果、全くダメダメでした…sweat01

普段泳いでないから仕方ないのですが、すぐにばててしまうwobbly

50m続けて泳げない…snail

極めつけは、最後に泳いだバタフライ…。

ひとかきバサッと腕を回した瞬間に、両足が攣りましたー!?bombimpact

すぐさまコースアウトし、陸に上がり、トレーニングを終了しましたsweat02

無理は禁物ですね、次回は先にスイムをもってくることにしますwave

 

でも、水中ウォーキングでも体がぶれているのには驚きましたeyeshine

足運びなのか、腕ふりなのか、左右のバランスが悪いから真っすぐ歩けないのでしょうね。

これも何か対策を練らないと…うーん…sleepy

いろんな運動要素を入れると、自分の体のいろんなことが分かって、楽しいですねnote

一見、ランニングには関係ないことでも、より良く走るためのヒントが隠れている気がします。次は何をしてみようかなぁheart04

2015年1月 2日 (金)

2015年を走り切るために

チームサッカニーの長谷ですhappy01

あけましておめでとうございますfuji

2015年、本年もどうぞよろしくお願いいたします!

 

久しぶりの投稿ですが、とりあえず、Runの振り返りから。

 


2014年12月6日 第二回練習会 2.2km×4週 in駒沢公園

7日 14.8km Run 平均ペース4’55”/km

8日 休

9日 14.7km Run 平均ペース5’04”/km

10日 休

11日 11.9km Run 平均ペース5’00”/km

12日 休

13日 13.8km Jog 平均ペース5’22”/km

        3.6km Walking

14日 休

15日 補強トレーニング

16日 休

17日 補強トレーニング

18日 10.8km Run 平均ペース4’58”/km

19日 休

20日 補強トレーニング

21日 20.4km 青梅マラソンコース試走 平均ペース5’14”/km

22~31日 休、補強トレーニング

2015年1月1日 16.1km Run 平均ペース4’50”/km

2日 補強トレーニング

 


6日の練習会後、精神的にやる気に満ち満ちていて、1日おきに10km以上を5’00”/km前後で快走run

それぞれ後半5kmはビルドアップ(4’40”~4’45”/km)しているため、かなり体を追い込みましたhappy02

疲れがたまってきた13日はペースダウン。Walkingを入れてブレイクダウンするも、精神的にもかなり追い込まれた感が否めない、走ることにちょっとナーバスになっていましたshock

その後4日間は休足+補強トレーニング。

18日に軽く走るもいまいち調子が上がらないdown

無理矢理後半スピードを上げるも気分までは上がらず…。

気分転換に、急遽思い立って、2月中旬の青梅マラソンのコースを試走することにmotorsports

ちょっと気分が盛り上がるup

大会に向けて何をすべきか、課題も見つかったため、俄然やる気になるimpact

しかし、年末ということもあり、走れる環境が整わず、その後約10日間全く走れず。。。

ひたすらストレッチや補強トレーニングにいそしむup

年が明けて元旦に、今までの走れないストレスと鬱憤を晴らすべく、無理矢理時間を作って夜中に走る。補強トレーニングが効いているのか、久しぶりのRunでアップダウンの多いコースを選んだにも関わらず、脚が前へ出る。最後まで気持ちも乗るpunchshine

 

といった具合に、頑張りすぎた前半のツケが回って精神的なケアが必要になったこと、物理的に走ることができない環境下で集中的に取り組んだ補強トレーニングの効果が意外にも大きかったこと、この2点は大きな発見でしたeyeflair

 

仕事も家庭も、趣味もRunも、体が資本。

2015年はもう少し体を労わってあげたいと思いますhappy01heart04

 

【2015年を上手に走り切るために、自分に必要な3つのルール(戒め)】

・やる気スイッチONでもがつがつ走らない

・心と体のバランスを常に意識して積極的に休む

・走るための基礎体力・筋力の強化は常に行う

【2015年 最初のレース】

2月15日 青梅マラソン 30km 目標タイム2時間40分以内

2014年12月 7日 (日)

走想ノ弐

最近とても寒くsnowなって、夜走るのがとても億劫になっている、長谷ですgawk

富士山マラソンの疲れも抜け切れてないのかもしれません、脚が重いですね、まだ。。。

 

さて、まずは一週間を振り返る。


11月30日 富士山マラソン(フル) 

        記録4時間34分50秒

        平均ペース6’38”/km

12月5日 早朝ラン 

       ペース走10.3km 平均5’07”/km

             ウォーキング~ジョグ4.0km(フォーム意識)

 12月6日 第二回練習会 

       約2.2km×4周 平均5’13”/km


富士山マラソンを振り返るfuji

総合的に、まずまずの出来だったのではないかと思っていますscissors

記録的なものは12月の記事『晴れ晴れ』を参考に。

Image8_2 手ごたえ歯ごたえは抜群にありましたwave←黒こっぺではなくレースがhappy02

サブ4.5達成に向け、一定のペース6’20”/kmを維持し、可能なら30km超えてからペースアップ(6’00”/km)する、といったイメージで臨みました。

入りは満員電車的な感じでランナーの人壁runrunrunに阻まれ、5km程を6’40”/km前後のペース。改善するならまずココかな、もう少し前からスタートしてもいいかも。

5km過ぎの第1給水所以降、ペースをジワリと上げて、6’20”/kmへ。

ただ、ここでハッと気がつく。

「6’20”/kmで、走り続けることは実際できない」ということにshock

トイレも給水所も給食も、何もかもを放棄して淡々とこのペースを刻んで、それでやっと4時間27分14秒。

残り3分弱の余裕があったところで、何ができようか…うーん。。。sweat01

なので、「せめて10分程度は余裕がないと、トイレに行っている間に目標達成困難な状況に追い込まれることになる」、この学びが今回の隠れた大きな収穫かもgood

その後はちょっとペースを修正し、6’00”/km~6’10”/kmをターゲットにペースアップ。

激坂やトイレ休憩などである程度乱れるものの、30km程度まではなんとかペースを維持。

壁であった30kmを通過!impact

脚は重いけどまだ体全体的に余裕があるのを実感goodshine

そのまま35kmまで現状維持。

35km以降、スパート的なものをやってみようと目論むものの、手前の激坂下りで事態は一変するeyesweat01

…下りには魔物が住んでいる…

そう、きっと魔物にかまれたんだ、俺の右脚のふくらはぎとももの後ろ側…

遂にきた!壁!typhoonthunder

やはり、そうすんなりとは攻略できないのがフルマラソンですね。ついに右脚が攣る。。。

ただ、まだ走れるsign02

東京マラソンの時とは違い、まだ軽傷で済んでいる!これなら騙し騙しいけるsign03

前に進むための筋肉をあまり使わないように、体の軸を強く意識、腰に体重を乗せて「体を上に持ち上げるようなイメージ」でポンポン走る。「ツナ缶キレイに踏む」感じ。きっとコーチが言っているのはこれかなと想像してみる。体が正しく持ち上がれば、あとは惰性で勝手に前に進む、そうできているようです、人の体は。勝手に前に進む体を邪魔しないように、できるだけブレーキにならない脚運びをイメージしながら走ると、騙し騙しですが走れるものですねcoldsweats01

ただ、残り1km切ったくらい辺りがものすごく辛くて、攣った個所が攣りっぱなしの状態に。。。

でも、「走り切る」と決めた今回のレース。

最後は気持ち。

気合でゴールまで体を引っ張っていくend

…東京マラソン2014を思い出す…ちょっと感極り、ぐっとくるcatface

 

この感動をもう一度!

しかもより大きな感動を求めて目標を上方修正したいと思いますupwardright

目標:サブ4 

平均ペース5’24”/km~5’30”/km

目標大会:板橋Cityマラソン(2015年3月)

練習目標:

平均ペースを意識したペース走(5’10”/km~5’20”/km目標)

レース後半の粘り強さを養成(検討中)

 

高い目標があった方が練習にも身が入る、ということもあり、とりあえずこれで行こうと思います。頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

 

第二回練習会の様子は他のメンバーのブログをちぇけらっheart04

とても寒かったので、帰りに成瀬の介一家にてほくほくラーメンをすするhappy01heart04

Image1

Image2

…食生活も考えた方がいいかもしれない…shocksweat01

2014年12月 2日 (火)

晴れ晴れ

みなさんこんにちは、筋疲労マックス&超回復中の長谷ですup

先日、第3回富士山マラソンfujiに出場しました。

☆河口湖駅にて、トーマス電車と富士山↓

Image2

今回で2回目のフルマラソン、前回惨敗した東京マラソンの雪辱戦とも言えるこのレースに向けて、約半年前から自分なりに練習を重ねてきましたrun

途中、チーム・サッカニーに加わることができ、実力差はあれど気持ちを同じくする仲間との関わりから、走ることの楽しさ、楽しみ方、そして考えて走ることを学びましたhappy01

自分の不甲斐なさ、意思の弱さに落胆sadし、どげんかせんといかんばいdashと、汚名返上のために進んできた富士山マラソンへの道。

けど、その道を駆け、スタートラインに立った時の想いは、「楽しく走り切って、晴れ晴れしく笑顔で家に帰ろう」でした。

Image4

 

チームのメンバー2人と一緒にスタートし、無事全員完走し、健闘を讃え合い、おいしい豚汁と缶コーヒーを飲んで、笑顔で大会を締めくくる。そんな時間を過ごして、なんだかとてもほっこりできましたsmile

Image3

雪辱がなんだとか、勝ち負けがどうとか、タイムがどうとか、そういう感情はとりあえず隣にそっと置いておいて、純粋にレースを楽しむことができて、とても満足のいくマラソン大会でした。気分は晴れ晴れですsun

以下、参考まで。※レースの振り返りはまた後日。

目標タイム:4時間30分以内(サブ4.5)

レース結果:4時間34分50秒

平均ペース&通過時間:2km 6’41”/km

4km 6’46”/km

6km 6’14”/km

8km 6’07”/km

10km 6’13”/km  1時間05分26秒

12km 6’02”km

14km 6’07”/km

16km 5’53”/km

18km 7’52”/km(トイレ休憩含む)

20km 6’01”/km  2時間11分18秒

(ハーフ  2時間18分09秒)

22km 6’21”/km

24km 6’47”/km(激坂・上り)

26km 6’13”/km

28km 6’10”/km

30km 6’02”/km  3時間16分09秒

32km 6’14”/km

34km 5’57”/km

36km 5’58”/km(激坂・下り)

38km 6’35”/km

40km 6’30”/km  4時間20分58秒

ラスト 6’31”/km

total  6’38”/km  4時間34分50秒

 

PS フジパンが配っていた黒コッぺ、めちゃめちゃ美味いです、我が家のリュウちゃんdogも満足げにむしゃむしゃ食べていましたheart04

Image7

2014年11月23日 (日)

走想

先日のトレイルランfujiの気持ち良さと綺麗な景色がなかなか忘れられず、12月中にもまた山に行こうと計画中の、長谷ですup

 

さて、この一週間の練習を振り返るeye

11月15日 日の出山トレイルラン 14.4km、累積標高985m

11月16日 休

11月17日 ペース走 5.3km、平均4’40”/km

      続けて坂道ジョグ 5.4km、平均5’14”/km

11月18日~20日 休

11月21日 ペース走 10km、6’10”/km

      続けてビルドアップ走 3km、5’08”/km + 4’50”/km + 4’36”/km


17日はトレイルラン後のロードワーク。体が山仕様になったままな気がしたので、ちょっと強引に平地仕様に戻してやろうとスピード練習を一発入れてみましたdash

案の定、過度な筋トレ後の太った脚と尻って感じで、腰から下が暴れてるhorseimpact…一定の足運びやペース配分ができない感じ。

最初のペース走では、4’30”/kmを目標にスタート。①5’11”、②4’28”、③4’44”、④4’37”、⑤4’24”、ラスト4’21”/kmと、フォームを意識しながら前へ前へ脚を運ぶ。暴れ脚も、最後は乳酸に侵されておとなしくなりましたchicksweat01

おとなしくなったところから~の坂道ジョグ(←無駄に追い込むhappy02

軽くインターバルを入れ、ペースを落とし近所の急坂を駆け上がるupwardright①6’19”、②5’27”、③5’15”、④4’48”、⑤4’44”、ラスト4’12”/kmと、後半は下りを利用して徐々にスピードを上げていく。下り終わってからの平地残り1.4kmはものすごく体が楽になり、頭で思った通りに脚が運べる良い感覚が戻ってきたような気がしましたhappy01スピードにもうまく乗れた感じ。

その後、軽く筋肉痛が出たのと、疲労が抜けないので、思い切って3日間休足sleepy内1日は全く何もしないでぐっすり眠りましたconfident


21日は富士山マラソン本番を意識して、6’00”~6’20”/kmを目標にペース走を行いました。疲労も抜けつつあり調子が良かったため、体は前へ前へと進みたがるのですが、ぐっとこらえてゆっくり走ると、すぐにゆっくりペースを体が思い出してくれた感じでしたsnail

フォームを意識しながら、綺麗な青空と心地よい日差しを体いっぱいで感じながら、秋のジョギングを満喫。ランを楽しむ!これもまたトレーニングですsun

10km、約60分経過したところからスピードを上げて、気持ち良くすっきり走り切ってゴール。脚に負荷をかけるのは、レース前はこれが最後かな。

気が抜けないように残り1週間の間でLSD(60分程度)と短い距離のペース走+坂ダッシュ3本程度を入れようと思います。


自分の走りを想うと、まだまだ荒削りなところが多いような気がします。また、スピード練習にしろ、ロング走にしろ、今の自分はどこまでできるのか、意外に分かっていない気もしています。

ただ、トレイルラン後の練習で、脚の調子を感じ整えながら走るだとか、思い切った休足をとるだとか、秋晴れの川沿いをのんびり気持ち良く走るだとか、なんとなく自分の体を見つめ直すことができたかな、とも思ってみたりしてhappy01

ただ闇雲に多くの練習を積み上げるのではなく、自分の走りを良く観察して研究して想いやって、より効率よくトレーニングを進められるように努力していきたい、走想う今日この頃ですbleah

2014年11月15日 (土)

快晴の山道

先週8日のロング後、11日にペース走12.8km(5分3秒/km)、13日にLSD(60分)をこなし、順調(?)に調整を進めている、チームサッカニーの長谷ですhappy01

13日、本日は、ずっとやりたかったことを6名の同士と共に行ってきました。

それは、今流行りの「トレイルラン」fuji

夏に1人で高尾山を走ったのが初体験で、「上り」は半端なくつらかったけど、山道を爽快に駆け降りるあの「下り」の疾走感とスリルに魅了され、またいつかやりたいなと思っていました。

それ以降、時間と都合の関係から一度もいけてなかったのですが、ラン仲間とトレイルランの素敵さを話しているうちに、とんとんとんと話が進み、武蔵五日市駅から日の出山(標高902m)への約15km(標高差約700m)を同士6人で走ることにgoodそして、最終目的地は、町営の「『生涯青春の湯』つるつる温泉spa」に決定しましたscissors

生涯青春ってhappy02

朝8時に武蔵五日市駅に集合し、軽く体操したのちに早速スタート。

初めからかなりの傾斜できつかったですが、途中途中の素敵な景色に癒されながらワシワシとトップを目指して駆け上がりました。

Image1

といっても、ずっと走っていたわけではなく、歩いたり、休憩したり、写真撮ったり、神社でお参りしたり、幸せの鐘なるものを鳴らしたり(笑)と、のんびりゆっくり楽しみながら登っていったので、つるつる温泉まで約3時間30分かかりました。

Image2

マラソンのトレーニングに無理やり置き換えると、「補強」的な感覚かなと個人的には感じています。体幹がぶれないようにまっすぐ保つこと(腹・背中回りの補強)、坂ダッシュやスクワット的な筋トレ要素、足首やひざ回りの普段使わないような筋肉(ひねり動作)の強化、集中力アップ、などなど。特に、下りでスピードが出ている時の体の動かし方や足運びは、アップダウンのあるレースを想定すると、とても良いトレーニングになったのかなと思います。

なにより、快晴の山道を、眼下に広がる紅葉の山々や遠くに見える都会の遠影を眺めながら、仲間と一緒に颯爽と駆け抜けることsun

この非日常を楽しむことで、走ることの楽しさや気持ちよさを再確認できたことが大きな収穫なのではないかなと思いますhappy01

Image3

ちなみに、つるつる温泉は、町営とはいえとても設備が充実していて綺麗でリーズナブルでしたspa

温泉のお湯はなぜかものすごくぬるぬるしていて、本当にお肌がつるつるになりましたbleahheart04

気分を新たに、ランを、マラソンを楽しもうと思いますup

 

2014年11月10日 (月)

11月8日(土)に、富士山マラソンfujiを意識して、32.5kmのロングランを決行しましたrun

自宅付近を流れる堺川沿いの自転車専用通路(途中、一般道へ迂回)をひたすら海へ向かって下るというちょっと単調なコースとなっています。

目指すは海!江ノ島!wave

ということで、「江ノ島トライ」と銘打った、myマラソン大会。今回で3回目を迎えます。(不定期開催w)

過去2回ともリタイアという不名誉な結果を出しているために、今回こそはと気負い気味でスタートした第3回江ノ島トライ。

結果は無事完走!happy01

とはいえ、30km付近からの残り3kmは歩いていましたsweat02

平均ペース6分41秒/km

20kmまでのペースは5分30秒~6分/km

後半、ガクッとペースダウンし、しまいには歩く始末。。。

それでも何とかたどり着いた海は、曇り空とはいえとても輝かしく見えましたmistshine

今回のロングランは富士山マラソン前に長い距離を経験することが目的でした。

見えた課題は「30kmの壁」

前半のオーバーペースがたたり、それが30km付近での急ブレーキの原因になったことは否めません。結果、平均ペース6分41秒/km、しかも、フルマラソンの場合ここから更に10km先がゴール。おそらく「走れない」だろう脚の具合を考えると、目標平均ペース6分/kmに遠く及ばない結果は明白です。

立てた目標平均ペース6分/km、愚直にそれを守り切ることが「30kmの壁」を攻略するカギであると痛感しました。

富士山マラソンまで残り3週間。

できることはまだまだあるはず。

疲労を抜きつつ、ベストなコンディションで大会に臨めるように調整していきたいと思いますhappy01

チーム・サッカニー メンバー紹介 1.名前 2.ラン歴 3.目標

  • 長谷年男さん
    • 【1】長谷年男
    • 【2】2年
    • 【3】サブ4.5(フル)

    今年の東京マラソンで初フル を走ったことがきっかけで、 さらに上を目指したくなりま した。目標は4時間半切り!

    投稿を見る⇒
  • 尾崎惠子さん
    • 【1】尾崎惠子
    • 【2】3年
    • 【3】サブ3.5(フル)

    東京、名古屋、横浜マラソン などにエントリー中。3時間 42分の自己ベストを更新し たいですね

    投稿を見る⇒
  • 長久大さん
    • 【1】長久大
    • 【2】2年
    • 【3】サブ4(フル)

    東京、横浜、大阪、徳島など、 来年は多くの大会に出場予定 です。サッカニーのシューズ で目標達成を目指します!

    投稿を見る⇒
  • アーンワイン・エリカさん
    • 【1】アーンワイン・エリカ
    • 【2】5年
    • 【3】サブ5(フル)

    今年はヒザ痛で満足な走りが できなかった名古屋ウィメン ズマラソン。来年こそリベン ジしたいと思います

    投稿を見る⇒
  • 田中寿朋さん
    • 【1】田中寿朋
    • 【2】2年
    • 【3】サブ4(フル)

    現在、東京マラソンにエント リーしています。負けず嫌い な性格なので、目標を達成で きるように頑張ります!

    投稿を見る⇒
  • 横山いつきさん
    • 【1】横山いつき
    • 【2】3年
    • 【3】3時間14分59秒

    今年2月に3時間28分を達成 したのですが、そこからタイ ムが伸び悩んでいます。仲間 と一緒にレベルアップしたい

    投稿を見る⇒
  • 薮田陽一さん
    • 【1】薮田陽一
    • 【2】3年
    • 【3】サブ4.5(フル)/1時間45分(ハーフ)

    じつはフルマラソンは未経験 で、ハーフのレースばかり出 場してきました。今年はフル マラソンで4時間半切り!

    投稿を見る⇒
  • 細田あゆみさん
    • 【1】細田あゆみ
    • 【2】3年
    • 【3】サブ4.5(フル)

    ヒザ痛で目標の4時間台を達 成できなかった今年の名古屋 ウィメンズマラソン。来年は 絶対に目標をクリアしたい

    投稿を見る⇒
  • 森茂洋さん
    • 【1】森茂洋
    • 【2】8カ月
    • 【3】フルマラソン完走

    ランニング経験はまだ1年に も満たないビギナーです。仲 間と一緒にトレーニングに励 み、初マラソンを完走したい

    投稿を見る⇒
  • 月岡さおりさん
    • 【1】月岡さおり
    • 【2】1年
    • 【3】フルマラソン完走

    ラン歴1年で、フルマラソン 未経験。でも、来年は完走を 目指して頑張ります。楽しく 走ってランを一生の趣味に!

    投稿を見る⇒
真鍋未央さん

真鍋未央さん

学生時代は800m、1500m、3000mの選手として活躍。高校卒業後、資生堂ランニングクラブに所属し、マラソンへ転向。その後、ランニングコーチとして、全国各地の市民ランナー向けイベントをはじめ、企業向けのランニングクリニックやマラソン大会などで大会オフィシャルペースメーカーを務める