RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

ライパ@筑波

皆さんこんにちは

昨日は茨城県の筑波サーキットでライディングパーティを開催しました。

Uketuke

10月末とは思えない素晴らしい陽気で、寒くもなく・暑くもない絶好のサーキット日和。

そんな中、約90名のライダーにご参加いただきました。

この日がサーキットデビューの桃色クラスも13名。

初めて走るサーキットの風景はどんな風に見えたでしょうか?

Midori

そして先導は、ボス・根本、キャプテン・竹田津、副編・小川、クラ☆キン・サトシに加え、

ゲストライダーとしてラージ・モーター・ソムリエの鎌田学さんを迎えた布陣。

手前味噌で恐縮ですが、丁寧で分かりやすい先導がライパの自慢です。

Gaku 

そしてそして、受付テントの横では、

今週末のSUGO6時間耐久レースに参戦する

CBR600RR<ABS>レーサーをお披露目。

大阪のバナーさんに塗ってもらったR/Cオリジナルのトリコロールカラーです。

電子制御コンバインドABSを搭載した世界初のCBR600RRレーサーは、

SUGOでどんな走りをみせるのでしょうか?

その様子は後日、ブログ&誌面でお伝えします!

Cbr

3時間の走行時間が終わると、最後はお決まりの記念撮影とジャンケン大会。

みごと商品をゲットした皆さん、おめでとうございます!!

Jyannkenn

こうして楽しい時間はアッという間に過ぎ、この日の筑波ライパは幕を下ろしました。

今シーズンのライパも残すところあと2回。

11月7日開催の那須と、11月26日開催の筑波のみとなりました。

それでは、那須・筑波にご参加の皆さん、サーキットで会いましょう!

そしてそれ以外の皆さま、来シーズンも是非ライパにご参加ください!

2009年10月27日 (火)

エリックに笑顔を

10月15日に突然発表された
ビューエル生産中止」のニュース。

ビューエルの公式HP上には
なんとも悔しそうな表情の
エリック・ビューエルの
メッセージビデオが……。

このメッセージでビューエルの生産中止を知り、
どれだけのビューエルオーナーが悲しい思いをしたか……。

しかし、ビューエルオーナーたちは
現状を嘆くだけではなかった!

エリックが作り出したバイクが
もたらしてくれた数多くの笑顔。

この笑顔とメッセージを
今回の件を誰よりも悲しんでいるであろう
エリック・ビューエルに届けよう! 
というイベントが、
ビューエルオーナーたちによって
計画されています! 

Here is Buellers!」というこのイベント

Erick_3

11月15日(日)に愛知県の
ラグーナ蒲郡で開催されるとのこと。

ビューエルオーナーに
ビューエルファンの方も
ぜひ会場に行って
エリックに笑顔とメッセージを
届けよう!

2009年10月22日 (木)

第41回東京モーターショー

皆さんコンニチハ

今日は第41回東京モーターショーに行ってきました。

8 9 11

6 16 12

5_2 10 7

今回のモーターショーは、ドコを見ても「エコ」。

どのメーカーも「エコ」をコンセプトにしたマシンをメインで展示してました。

全体の様子はというと、各メディアで報道されているように、

昨年までと比べると、だいぶ規模は縮小されている印象。

スーパーカーやすごい高級外車が見られないのは残念ですが、

広い会場を端から端まで歩くことで精一杯だったこれまでより、

それぞれのブースをジックリ観察することができました。

おかげで、部品関係(ブレーキやクラッチ、ベアリングなど)のブースが

思った以上に楽しいことを知りました。

バイクの展示は少ないですが、

人間が乗れるチョロQがあったり、マッハGOGOのレプリカがあったりと、

純粋なクルマとバイク以外の出し物も結構あって、

報道されている以上には楽しめると思いますよ。

皆さんも会場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

開催期間は10月24日(土)~11月4日(日)まで。

会場は千葉市の幕張メッセです。

詳しくは↓をチェックしてみてください

http://www.tokyo-motorshow.com/

2009年10月20日 (火)

お詫びと訂正

2009年9月24日に発行致しました
「DUCATI Magazine 11月号 Vol.52」P101の
Monster696 & 1100 Parts Catalogにおきまして
下記の掲載内容に誤りがありました。

DUCATI PERFORMANCEの
「グラフィックタンクカバー」の紹介文で
タンクのカラーを「パールホワイト」と記載しましたが、
正しいカラーは「シルバー」でした。

弊誌の記事をお読みになり、すでに購入された方、
購入を検討されていた方々には、
多大なるご迷惑をおかけしてしまい
大変申しわけありませんでした。

読者の皆さま、ならびに関係各位に
ご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、
ここに訂正させていただきます。

2009年10月 1日 (木)

革ジャン祭り

皆さんコンニチハ

編集部のタカタです。

皆さんは”革ジャン”持ってますか?

不思議なもので、革ジャンに袖を通すだけで、

気合がみなぎってくるような気がします。(僕だけでしょうか?)

だから僕の中で革ジャンは、

ライダーの正装・・・・・・というイメージが強いのです。

そんなライダーの正装を、姉妹誌「BikeJin」編集部のNが人生で初めて購入しました。

それを記念して、先日、東京近郊のとある場所で、「革ジャン祭り」を開催しました。

そして↓が、その記念すべき革ジャンです。

K

新しい革ジャンは、まだ革がこなれていないので、こんな風に自立します!

まあ、革ジャン祭りといっても何をするワケでもなく、

自由集合・自由解散で、世間話をして帰るのみ。

ただし、ドレスコードはもちろん革ジャン着用です。

H Y T

国内外のメーカー関係の方々も多数参加していただきました。

もちろん参加車両も多種多様。

そして中には、こんな珍しい(!?)オートバイも・・・・・・。

F

とはいえ、参加者の多くが本来の目的を知らされないまま、ウワサだけで集合。

頭上に???マークを漂わせながらも、革ジャン野郎同士の交流を楽しんでいた様子。

そして、バイク談義がひと段落すると、最後は革ジャン野郎たちで記念撮影です。

S

もちろん革ジャンレディーも多数参加。

G

真ん中のNも喜びが隠せません。

・・・・・・こうして、革ジャンだらけの不思議な夜は、ゆっくり更けていきました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

それではまた、革ジャンで会いましょう!

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

RIDERS CLUB編集部員

  • オガワ
    ■オガワ
    現在の愛車はカワサキZRX1200DAEG、ヤマハSR400(3台)、ドゥカティ900SL(不動)。サーキット、ワインディングを問わずコーナリングが好きで、イベントレースにも参戦。鈴鹿4耐にも3回出場。1974年生まれ

    ナカザワ
    ■ナカザワ
    BMW・R100GS/R100RSなど、複数台を所有。現在の通勤車両は6Vのスーパーカブ。20数年前に本誌にかかわり、BMWボクサージャーナル、ドゥカティマガジン、BikeJNなどの別媒体を経て、2012年7月に復帰した

    イズタニ
    ■イズタニ
    知らないことだらけで、日々勉強中のバイク初心者編集部員。本誌では「イケてるライダー養成講座」にて、ボス根本に日ごろの疑問や悩みをぶつけまくっている。念願のサーキットデビューを果たし、膝が擦りたいお年頃

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

PR