RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

今思ったら、登っておけばよかったかも・・・。

こんにちは! 涼子です。

Ryko53001

先日、編集部員のピロシ君たちと林道に行ってきました。
この日は朝から雨が降るはずだったんだけど、林道走っている間は雨に降られず、むしろ晴れてて楽しく走れましたよ♪

Ryko53002

林道は年に何回か行くのですが、いつも道になってる林道しか行った事がないので、「そのうち道なき道をいってみたいな」と思いながら林道を走っていたら丁度よい感じの坂があったので、みんなで登ってみようよ!て言ったらみんな「無理だよ」って、誰も賛成してくれなくて・・・

でも、サトシ編集長やイッペイさんだったらこういう所を普通に登って行くんだろうなぁ〜とか思ったら自分もやってみたくなっちゃって、試しにちょこっとだけバイクで乗り入れてみたんですけどね。
んー。たいした坂じゃないけど、実際コワイ。でも、行けなくはないとも正直思いました。

Ryko53003

あ、でも、登れはしても降りられないや(だめじゃん)

オフロードやってる人や、よく山を走りに行く人にとっては、きっとこんなもの朝飯前なんですかね?
私は多分5倍くらい時間がかかると思います(笑)

うだうだしてたら登山者と鉢合わせたりして、「あ、私邪魔ですねスイマセン」とかごにょごにょ言ったりして・・・

結局前にも後ろにも進まず、立ち往生だけして終わりました。
その後手伝ってもらってバックして降りたことははずかしくて誰にも言えません。

そしてこの帰り、バビューンと林道を走りぬけるピロシ君らは、カモシカと遭遇したらしいです。
私は後ろからトロトロとついて行ってたので見ることはできませんでしたが
2人はしばらくの間、カモシカさんと見つめ合っていたそうな・・・

Ryko53005

2008年5月26日 (月)

大型免許とりました!

Ryk52602

こんにちは! 浦涼子です。
実は私、ライダースクラブのお手伝いをさせてもらってるにもかかわらず、
中型免許しか持っていなかったので、
先日、大型免許の一発試験に挑戦してきました!

周りの人にいろいろ聞いてみると、昔に比べるとだいぶ取りやすくなったけど、やっぱり一発試験はシビアだという話。

一発試験の練習をしたい人のための講習みたいなのがあって、それを受けると試験に受かりやすくてっとり早いのだとか。
でも、その講習というのは値段も高いし開催は1ヶ月後とかだったので、やめておこうかなぁと(´ー`;)

まぁ、とりあえず一度どんなものかやってみようと、インターネットでコツなど調べて試験に臨みましたが、はい。あっさり落とされましたぁ!
やってはいけない「逆走行為」をしたと言われ・・・ハズカシイ。

それにしても、あんなに手足が震えるくらいの緊張を何年かぶりに味わいましたよぉ!
やっぱり「一発試験」という名の通り、これからやるのは「練習」ではなくて「試験」なんだよねぇ〜という感じで・・・

気を取り直して後日、2回目の試験に挑戦。
1回目の試験で何となく要領はわかったので、2回目を受ける時は、さらに経験者の友人やら
試験場で出会った人やらいろんな人にコツを教えてもらって受けてみました。
特に試験場で出会った人がたまたま事前に講習を受けたという人で、試験前に一緒にコースを歩いて周ってくれて、
すごく詳しく丁寧に教えてくれて親切だったなぁ〜(*^^*)
そこでも「助け合いっていいなぁ」と思ってみたり。
「合い」っていうか、一方的に助けてもらってばかりですが(;^^)
結果・・・2回目は落ちる事なく、めでたく大型免許取得となりました! やったぁ!
一緒に歩いて周ってくれた人も合格してて、よかったぁ!

結局自分でネットで調べた事と周りから聞いた内容じゃ結構違っていて、周りの人に聞いた通りの事を実行してみたら受かったので、やっぱり受かる事ができたのは、周りの人のアドバイスのお陰だとつくづく感じました。感謝かんしゃ・・・

早速先日の筑波のライディングパーティでは、もっとビッグバイクに慣れるべくネモケンさんのBMWやXJRにもたくさん乗させてもらいましたが、やっぱり中型バイクと大型バイクは、全然違う乗り物なんだなぁと感じました。
実際まだまだ怖い気持ちの方が大きく、すごく慎重に乗っているので、「すごく楽しい!」て気持ちまではまだちょっと・・・という感じで走行は終わってしまいましたが、早く慣れて楽しく走れるようになりたいなぁ!

ああ、これを書いている今もビッグバイクに乗りたい気持ちが!
ビッグバイク、はまりそうです!

2008年5月22日 (木)

今月は……

どうもです。編集長のクラキン☆サトシです。
いやぁ、終わりましたよ入稿作業。これで今月も書店に並べるとができますワ。
で、今月は、「ライテク実践編」の第2回目と「リッタースーパースポーツを100倍楽しく乗る方法!?」がトップネタ!
まぁ、この2つの記事を読んでもらいつつ、ライパの方にもお出かけいただければ、みるみるスキルアップできるということになるのであります。
もちろん今月もDVDが付いておりまして、ライテク講座をメインに、30周年プレゼント商品の紹介、タカタが組織するヘッポコ隊のドキュメンタリーなど、盛りだくさんのコンテンツ!

おっと忘れておりました、今月はRCインプレDVDとして「ドゥカティ・モンスター 696」を収録してます。
キャプテンが行ってきた海外試乗の模様をたっぷりとお楽しみください。

Dtestride

で、ちなみに6月15日(日曜日)。このモンスター696に皆さんも試乗できます!
おまけにこの「テストライドフェアーin味の素スタジアム」では、
ドゥカティのフルラインナップを乗り比べできちゃうらしいので、いかなきゃもったいないですよね。
ぜひともこの機会にドゥカティの魅力を味わい尽くしてみてチョ。

というわけで、ヨロシクであります!
ではでは。クラキン☆サトシ

2008年5月17日 (土)

受け継ぐということ。

涼子です。

サトシ編集長や、サーキットで知り合ったバイク屋さん、そしてレース仲間の大人たち。

皆さん私のようなお金のない若者に、レースに出たりバイクに乗ったりする機会を与えてくれる。

それが皆さんにとって、何か利益のあることでもないはずなのに。

きっとお金に換算すると、とてつもない金額がかかっていると思う。

それでも笑いながら「楽しんでくれればいい」と言って、私をバイクに乗らせてくれる。

大人はなぜ若者の為に、ここまで尽くしてくれるんだろう?

与えられた側の若者は、感謝の気持ちでいっぱいなのに、それに対してお返しできることが何もない。

それは金銭面でも精神面でもまだまだ未熟だから……。

でも大人たちは決まってこう言う。

「君が大人にしてもらったことを、将来君が若者たちにしてあげれば、それでいいんだよ」

はじめはその意味がわからず、ひたすらに「そんなこと言われても……何かお返ししなきゃ」と思っていたけれど、最近ようやくわかってきた。

大人たちは、見返りとか、自己満足だとかを求めて若者に尽くしているのではなく、自分が若い頃に大人たちからもらったチャンスを、今の若者にも与えたいのだ。

そして、それを次の世代にも伝えていってほしいという想いだけなのだと。

私の周りにいる大人たちは、本当に尊敬できる人ばかり。

たとえ困難に直面しても、皆で助け合って解決していく。

今まで身勝手に生きてきた私にとって、そんな助け合いなんてほとんど縁のなかった世界。

だからバイクに乗っていてよかったと思うのは、そんな素敵な人たちと出会えたこと。

今はまだ、自分はなんてちっぽけな人間だろうって思うけど、いつかは周りの大人たちみたいに私も絶対なってやろうと、このごろ強く思うんです^^

2008年5月13日 (火)

色白を保つために

私はここ何年か、まともにテレビを見ていません。
ニュースや天気予報なんかはインターネットで見ているけれども・・・
流行のドラマ、音楽やお笑いの話は全然わかりません。

なので付き合いでカラオケなんかに行ってしまった日には、なんにも歌えません。
私は「ちあきなおみ」が大好きで、彼女の曲ならだいたい歌えるのですが、
たいてい「だれそれ?」みたいな雰囲気になってしまうので、カラオケでは歌えません・・・
あなたは一体いくつなんですか? と思いましたか?(´ー`A;)
でも、初期の頃のちあきなおみが大好きで、昔からよく聞いているのです。

そんな話はどうでもいいのですが、今日は手入れをしました。
あ、顔のじゃありませんよ。
ダイネーゼのブーツの手入れです。(むしろ顔をやったほうがいいですか?)
ミンクオイルを布で塗りすぎないよう薄〜く塗り、その後また布でふき取って・・・

Syasin1

定期的にオイルを塗っておかないと長持ちしないので、まめに手入れをしておきます。

Syasin2

できあがり!
走行するとどうしても汚れてしまうけど、せっかくキレイな真っ白ブーツだから、
これからもこの真っ白さを保っていきたいものです!
この次はツナギをメンテします♪

2008年5月10日 (土)

最近・・・ byリョウコ

新しいバイクで250ccの4気筒ってあんまりないですよね。
単気筒か2気筒ばかりですもんね。
私は乗った事ないけど、FZR250とかZXR250みたいなバイクってどんな感じなんだろうと最近気になります。

そういえば、80年代後半〜90年代前半のバイクに乗ったことってあまりないなぁ。
とはいいつつ、
バイクの免許を取って初めて乗ったバイクはカタナの400ccだったけど、すんごいセパハンで前のめりだし、とにかく重たくて重たくて立ちゴケばかりしていた記憶がある…( ̄  ̄;)
でも、見た目のかっこよさと、カタナの独特な音がすごく好きで自慢気に乗ってました。

そのうち「どうせならおっきい方のカタナに乗りたい」と、750ccか1100ccが欲しくなって、
無知なわたしは「エンジンが大きいくらいで、あとは一緒でしょ。別に乗れるんじゃない?」くらいの勢いで見に行ったら
実物はデカイのなんの! 
タンク、タイヤはもちろん、ブレーキレバーやウィンカーまでもが大きくて、なんかもう、スケールが全然違ってました。
あ、こりゃだめだ・・・見て跨っただけで諦めがついて帰ったのを思い出します。

*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○

2008年5月 6日 (火)

サボっちゃいないのよ! byクラキン☆サトシ

どうもです。編集長のクラキン☆サトシです。

さて皆様、いかがでしょうかリョウコちゃんのブログ。
おかげさまでアクセス数は増え、さぼってた私の穴埋め作戦は大成功って感じであります。
ま、そもそもさぼりがちな私の穴をリョウコちゃんに埋めてもらっちゃおうという悪しき魂胆だったワケですが、
実は、リョウコちゃんのブログ原稿が、3日に一度、きちんと送られてくるもんですから、
おかげでこうやって私が、ほぼ3日に一度の更新を余儀なく行うことになっているのであります。
そう、だから私、サボっちゃいないのよ! ってな状況なんであります。

ちなみに昨日、5/5は、ネモケンさんの誕生日。
大先輩は早くも60歳という年齢になられましたが、相も変わらずパワフルに活動されているので、
我々も増々、「負けちゃおれんな!」って気分であります。

そんなわけで我々は、昨日、スポーツランド菅生に行って、終日ロケを行っておりました。
数台の車両をキャプテンと営業部疋田、そして一平さんらと走らせておりました。
ま、その模様は次号あたりでご紹介いたしますので、ご期待を!

つーことで、今日もリョウコちゃんから原稿が届いておりますので、ヨロシクであります!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


★納豆犬が気になる

今日(5/4)、筑波サーキットの練習走行に行ったのですが、
途中でコンビニに寄ったら、外に真ん丸くてかわいい柴犬が繋がれていて、
コンビニから出てきた飼い主らしきおじいさんは、
そのわんこにコンビニで買った納豆を食べさせてました!

わんこは納豆をちょびっとずつ舐めながら、
糸を引くのが気になるのか、必要以上に口の周りを舐めながら食べていましたが、
残念ながら美味しそうには食べていませんでした。
犬に納豆って、初めて見た・・・

そんなことよりライダースクラブ6月号、ご覧になりましたか?
私が気になるのはやっぱりKTM RC8!

KTMのイイところは、
なににも似ていない独特な雰囲気を持っていて、人を惹きつけるところ。
それは見た目、乗り味、どれをとってもそうで、乗ったら「こんなの、今まで体験したことない!」と、
まさに“五感を刺激する”んですよね。
私が以前にKTM EXC250Rを買った理由も、試乗をしてその魅力に惹きつけられてしまったから(笑)

そんなKTMの初のスーパースポーツモデル。実際に乗ったら必ず惹きつけられてしまうはず。
女の人でも十分乗れそうだし、乗ってみたい〜♪
街でRC8でガリューン! と走ってたらかっこいいだろうなぁ♪

バイクお勧め案内

  • BikeJIN × Coleman CAMP STARTINGSET 2018 バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

RIDERS CLUB編集部員

  • オガワ
    ■オガワ
    現在の愛車はカワサキZRX1200DAEG、ヤマハSR400(3台)、ドゥカティ900SL(不動)。サーキット、ワインディングを問わずコーナリングが好きで、イベントレースにも参戦。鈴鹿4耐にも3回出場。1974年生まれ

    ナカザワ
    ■ナカザワ
    BMW・R100GS/R100RSなど、複数台を所有。現在の通勤車両は6Vのスーパーカブ。20数年前に本誌にかかわり、BMWボクサージャーナル、ドゥカティマガジン、BikeJNなどの別媒体を経て、2012年7月に復帰した

    イズタニ
    ■イズタニ
    知らないことだらけで、日々勉強中のバイク初心者編集部員。本誌では「イケてるライダー養成講座」にて、ボス根本に日ごろの疑問や悩みをぶつけまくっている。念願のサーキットデビューを果たし、膝が擦りたいお年頃

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット2018 ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

PR