RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月11日 (日)

DVDが完成しましたゾ!

Dvd

どうもです。編集長のクラキン☆サトシです。
いやぁ〜、DVDなんて初めて作るモンでちょいとてこづりましたが、ジャジャ〜ン! 本日、完成いたしました。
ま、これから工場でプレスしてバッタンコバッタンコと出来てくハズなんで、なんとか締め切りには間に合いそうですワ。
ちなみに今回は、私がナレーションを入れさせていただいたんですが、どうも割舌がよろしくない。お聞き苦しいところもありますが、カンベンしてやってください。
25歳で前歯4本分がカートリッジ(ようするに入れ歯ですけど)になって以来、どうもサシスセソの発音が変なんです。それとスピードを上げると、突然、ガポッ!と外れたりもするんで、なんか話し方がモッタリするんですワ。
昔、ノリックとサンフランシスコに行って、バンジージャンプをやったときも「ぐあぁが〜アァ〜」と叫んでいたらパコッと外れて「入れ歯がぶっ飛ぶほどビックリした!」なんてこともありましたねぇ……。

ところで今回も実は、もはや締め切り直前の悪あがき。てんぱったついでのブログ更新であります。
なので、ファクトリーで掲載するエコラン話もちょっと書いておきますね。

07100716
07100719

ピットでこんなことしてるのは、私くらいのものでしたが、後でよく聞いたら、ホントは車検場のところでやらなきゃいけなかったんですよね。トホホ。お騒がせしてスンマセンでした。
まぁ、それにしても、どうみても怪しいオッサンですな。
通りすがる人たちも、なんとなく距離をおいて行く感じでしたよ。えぇ。
でもね、エコラン、ほんとに出てみて良かった。なんだか初心に戻れた気分。
ちなみに今は、このイベントが工業系高校生たちの甲子園みたいになっていて、それはそれは沢山の参加者が集まってしのぎをけずっているんですが、ちょっと気になったのは、「レベルが高すぎる!」ってこと。
ま、テレビでやってる「鳥人間コンテスト」なんかもそうですが、もはや「記録が出ないと参加しても意味が無い」的なハイグレードイベントになってしまっているのが、なんだかもったいない感じ。
思うにホントは、たとえば「予算は3万円。これでどうやってマシンを製作するか考えよう!」ってあたりから、創意工夫をもって挑む。そういうところが勉強になってイイんだと思うけど、今は、多くの学生たちのマシンは、とても立派なパーツを使っていて、それなりのハイレベルなものになっている。
今や情報社会。だから早々に情報を収集し、ハイクォリティなモノを製作するのも容易くなった。
でもそれは、ちょっとカンニングしてるみたいな気分。
ハイレベルな結果を得て友と喜びあうこともイイことだが、私的には、少年たちには、物事をゼロから考えて成し遂げるる楽しさ、喜びをもっと味わって欲しいと思いますね。
ま、そんな思いもあったから、私は「ホームセンターで買える材料で作る!」をコンセプトに、こんなマシンを製作してみたというわけ。
_mg_0366
ちなみに今回、新たに投入した機械がコレ。スズキッドの最新式半自動溶接機。確か2万9800円ほど。
実はコレが、なかなかの威力を発揮。ま、最初は延長コードを使っていたが故の電圧低下で本領を発揮してなくて、捨ててやろうかと思ったんですけど、ブレーカーの下に直接つないでみたら、コレが驚くべきパワーを発揮! さすがにトタン板は溶けちゃってダメだけど、1ミリ厚以上の鉄なら、バリバリくっついちゃいますね。
しかし、それもつかの間。使い始めて4回目くらいに、どこかがショートしたみたいで具合が悪くなり、早くもドック入り……。ま、保証で治してくれるってことですが、やっぱりプロ機ほどのヘビーデューティサは望めないのか……? でも、価格を考えると、コレは素晴らしいマシンですな。
というわけで結局、ほとんどのところは10数年前から使ってるアーク溶接機を使うことになっちゃったんですが、まぁコレが気絶するほどキタナイ仕上がり。まだまだ修行が足りません………。

071007128

というわけで、続きはまた。
ではでは。クラキン☆サトシ

2007年11月 7日 (水)

久々のライテク特集! そしてそして……

どうもです。編集長のクラキン☆サトシです。
いやぁ〜、またまたモタモタしてたら、もうこんなに日が過ぎてまして、ネモケンさんやキャプテンのブログがビュンビュン更新されてるので、私ゃアップアップ。でも、ガンバラないとね。

で、今月号は久々にライテク特集をやってみたのですが、おかげさまで大好評! 誠にありがとうございます。先日開催した那須サーキットでのライパも満員御礼でこれまたどうもどうもであります。
まぁ思うに、皆さま、ほんとにバイクに乗るのがお好きなんですね。
我々ももっともっとお役に立てるよう、研究したり練習したり、走る場所をみつけたり、もっともっと頑張らなきゃなぁと思う次第なのであります。

_mc_0751

ところで、皆さんは東京モーターショーに行かれましたか?
「世界に、未来に、ニュースです。」のテーマで開催されたこの大イベントに、我々も編集部員全員で行って参りました。
そこでハタと気が付いたんですよ私は。
「アッ! 実際に見る車両は、こりゃ写真で見たイメージと全然違ってるワ!」
上の写真でも分かると思いますが、想像以上の大きさだったり、風合いだったり、ほんとに様々印象が違うんですよね……。
というわけで、本来、巻頭特集で掲載しようと思っていた東京モーターショーのレポートを急遽変更しまして、次号は映像(動画)でお見せしようと私は決意したのであります。
よって次号は、ライダースクラブ初のDVD付録付き号となるので御期待くだされ!

_mc_1391

ま、私の趣味でこんな感じの映像もあったりします……。
詳細はまたアップしますので、しばしお待ちを!

ではでは。ヨロシク。クラキン☆サトシ

バイクお勧め案内

  • BikeJIN × Coleman CAMP STARTINGSET 2018 バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

RIDERS CLUB編集部員

  • オガワ
    ■オガワ
    現在の愛車はカワサキZRX1200DAEG、ヤマハSR400(3台)、ドゥカティ900SL(不動)。サーキット、ワインディングを問わずコーナリングが好きで、イベントレースにも参戦。鈴鹿4耐にも3回出場。1974年生まれ

    ナカザワ
    ■ナカザワ
    BMW・R100GS/R100RSなど、複数台を所有。現在の通勤車両は6Vのスーパーカブ。20数年前に本誌にかかわり、BMWボクサージャーナル、ドゥカティマガジン、BikeJNなどの別媒体を経て、2012年7月に復帰した

    イズタニ
    ■イズタニ
    知らないことだらけで、日々勉強中のバイク初心者編集部員。本誌では「イケてるライダー養成講座」にて、ボス根本に日ごろの疑問や悩みをぶつけまくっている。念願のサーキットデビューを果たし、膝が擦りたいお年頃

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット2018 ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

PR