RIDERS CLUB 最新号

その他の雑誌

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 「RIDERS CLUB」オリジナル限定カラー・SHOEI「マルチテック」販売開始 | メイン | 10月号に訂正があります! »

2007年8月21日 (火)

お久しぶりであります!

いやぁ〜スミマセン。すっかりご無沙汰してしまいました。
ま、仕事をサボってたってわけでも無いんですが、なんせ先日、ポッキリと2本ほどやってしまいましてね、それで左手が不自由になっちまったために、ついつい・・・。
いろいろご迷惑をおかけしましてスンマセンです。

8月19日のバイクの日は、各地で様々なイベントが開催され、我々も取材に遊びに大わらわ。
ちなみにライダースクラブ編集部員は、総出でモトルネ3時間耐久に参加いたしました。
そして、ただ一人走れなかったのが、この私というバツの悪さ・・・。

_mg_9344_2

で、今回も大活躍してくれたのが、伊藤さんと中島さんの耐久メカコンビ!
中島さんは自らもSRでレースに出つつ、耐久はサポート役へと変身し、若手(と言っても、若くはないんだけど・・・)の手助けに一生懸命でした。
伊藤さんは、もはや我々のレース活動に欠かせない存在でありまして、2台かけもちでメカニックをこなし、ある意味、メカニックの耐久レースを一人で戦っているかのような状態。もの凄い熱波の中、汗を滴らせながら頑張ってくれましたよ。
ちなみに私は、娘二人と気ままにレース観戦。いたってマイペース。ま、写真を撮ったりもしてましたが、ほとんど仕事のフリみたいなもんですワ・・・。だってうかつに働き出すと骨が折れてるのを忘れて手に力を入れてしまい、その度にガビョ〜ン!と激痛がはしるんですもの・・・。お恥ずかしいばかりで。

それにしてもこの日、何が一番面白かったかと言えば、実は「ネモケンさんの走り」でしたね。いやぁ贔屓目無しにマジ勉強になりました。いったいなんなんでしょうね、あの人は・・・。
現場で囁かれていた言葉を拝借しますと、「あの人はバケモノだぁ!」。
59歳にしてあの走りと冷静な判断、ありゃ見るべきモノがありましたね、ホント。
ポールスマートで1分5秒前後。そのアベレージで30分間走れちゃう時点で、もう私が999Rで参加していたとしても完全に負けてますね。なんせ私、あの熱さの中で10周もしたら腕パンパンでへろへろになっちゃうでしょうからね。
でも、ネモケンさんは、そうなるだろうことも踏まえた上で、あえて一定のペースを崩さず、気持ちを維持することで安全に走り通す術を実践されておられた。いやいや、素晴らしいレース運びでありました。

それに引き替えウチの若者たちは、まだまだ修行が足りないようです。
でも、なぜか表彰台に立ってたりして・・・・

_mg_9410

_mg_9425


ま、世の中、いろいろあるもんでございます。
てなわけで。クラキン☆サトシ

_mg_9461

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

RIDERS CLUB編集部員

  • オガワ
    ■オガワ
    現在の愛車はカワサキZRX1200DAEG、ヤマハSR400(3台)、ドゥカティ900SL(不動)。サーキット、ワインディングを問わずコーナリングが好きで、イベントレースにも参戦。鈴鹿4耐にも3回出場。1974年生まれ

    ナカザワ
    ■ナカザワ
    BMW・R100GS/R100RSなど、複数台を所有。現在の通勤車両は6Vのスーパーカブ。20数年前に本誌にかかわり、BMWボクサージャーナル、ドゥカティマガジン、BikeJNなどの別媒体を経て、2012年7月に復帰した

    イズタニ
    ■イズタニ
    知らないことだらけで、日々勉強中のバイク初心者編集部員。本誌では「イケてるライダー養成講座」にて、ボス根本に日ごろの疑問や悩みをぶつけまくっている。念願のサーキットデビューを果たし、膝が擦りたいお年頃

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

PR