RIDERS CLUB 最新号

その他の雑誌

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月30日 (火)

国土交通省のパブリックコメント募集・・・

396cover_2

どうもです。編集長のクラキン☆サトシです。

兄弟ブログ「Ken's Talk 2」にも書いてありましたが、私も意見を送りましたよ!
「道路運送車両法施行規則等関係規則(自動車騒音関係)の一部改正」ってヤツに対するパブリックコメント募集にね。

私の意見としては、こんなコメントを送りました。
「騒音は不快であるが、オートバイが発するエンジンの音は、道路上を同時に走行している4輪自動車やトラックに対して自らの存在を伝える意味を持っている。その音によって確保されている安全がある。規制によって音量が下がることで一般の4輪自動車のドライバーがオートバイの存在を認知し難くなり、安全性を損なう可能性が十分にある。よって規制する場合は、安全性の確保を立証した上で行うべきだと思う。昨今の自動車は、車室の防音能力も高まっているため、音による認知がされにくくなっており、オートバイの運転手にいっそうの恐怖心を抱かせている。交差点での巻き込み事故や4輪自動車の急な車線変更による追突事故等々が新たな規制により増加しないよう留意し、安全の確保を念頭においたご発想で試案願いたい」

ちょっと長いけど、ま、要するにライダーの安全性の低下を招くから、音量規制しても自動車ドライバーからの認知度が今より下がらないということを立証してから、進めて欲しいと・・・。

ちなみに、日本では電動の乗り物の普及が進んでないけど、例えばアメリカでは、音のしない電動バイクや電動自動車が様々なパブリックエリアで走ってます。でも無音で有り難いハズのそれらの乗り物は、結局のトコロ「音がしなくて危ない!」ってことで、わざわざ気がつくようにピーピー音を出して走るようにしてるんですよね。台数が増えれば、そりゃうるさいし、実は音質が近い電子音だと複数台で走ってくると認識するのが難しくってうろたえたりもするわけですワ。
日本の教習所では、踏切での一旦停止のとき、窓を開けて音の確認をするよう教えていますよね。ま、音は状況を認識するために大切であるとわかっているってことです。
原付バイクの交差点での巻き込みや自動車の急な進路変更での追突事故など、実はバイクの音が聞こえていれば助かっていたケースも多いんだと思うんです。そう考えると、できればマフラーを前に向けて音を出しておきたいくらいの気持ちにもなりますよね。

ま、ウルサイのは不快かと思いますけど、命を守ってる意味合いも忘れないで欲しいと私は訴えたいのでありました。


そういえば、今月号でついに走った「同爆エンジンのW650」ですが、様々な方々に試乗してもらっております。
これってそもそも、規制でマフラーを交換できなくなったりするとエンジンがスムーズ過ぎて爆発の感触が薄れてしまうから、そこをなんとかしようと思って開発したものなのであります。
ノーマルだとバッバッバッという音が消えると、シュルシュルシュルしか残らないため、なんとも心もと無くなっちゃうんですよね。もちろん、走りそのものはそれなりに良く走るバイクなんですけど。
で、同爆。要するに650ccのシングルエンジンと同じになるんですけど、これが見事にドッドッドッといった鼓動を感じさせるエンジンに大変身! ほんと、思惑通り。もちろん400cc用も製作したんですけど、こちらは加工が未完了にてまだ動かせないんです。でも、たぶんこちらの方が効果はデカイと思いますネ。かなりイイと思います。

ま、詳しくは今後も誌面で掲載していきますので、じっくりお読みくだされ。

本日はひとまずこれまで。
ではでは。クラキン☆サトシ

2007年1月24日 (水)

OFFERINGS TO THE GOD OF SPEED

396cover_1皆さんこんにちは。

初めてライダースクラブブログに登場の

編集部・鈴木英友です。

編集部では、

英麻呂や英ちゃんや麻呂りんやらヒデトモやら、

好き勝手に名前を呼ばれて濃い面子の中でいじくられている状態です。

これからライダースクラブの紙面にも少しずつ登場すると思いますので、

皆様の温かいご指導、ご声援をどうぞよろしくお願いいたします!

さて、「本日の出来事」

ついさっき「ライダースクラブ3月号(No.395)」が編集部に届きました。

このブログのタイトル

OFFERINGS TO THE GOD OF SPEED

(「スピードの神へ捧げもの」という感じの訳です)は

今月号の表紙に入っている文字です。

この言葉、僕が編集部に来て3ヵ月になりますが、一番ココロに響いた言葉です!

皆さんはスピードの神って想像したことありますか?

きっと僕たちバイク乗りはそれぞれの中に

スピードに対する気持ちとか、考えとかを持っていると思います。

その部分、見えなくても存在する、ココロの中への捧げ物に

「ライダースクラブ」がなれればいいなと思ってます。

書店に並ぶのはいつもどおり27日ですので、もう少々お待ちください。

そんな方のために表紙だけでも、いち早くお見せしました。

少しみずらいですね、是非、書店で手にとってみてください。

で、

もう一つ「今日の出来事」です。

Vfsh0021_1

この写真は

培倶人編集部・藤田さんがついに買ってしまった

MOTO GUZZI CALIFORNIA VINTAGEに群がる

編集部の面々です。

この車両に直面してから全員が一様に同じ言葉しか発しません。

「いい~~!」、「い~~い!」、「うん、いいよ~!」

全員が素直に感動した

このバイクの存在感、重量感、気品などについては

次号「ライダースクラブ」でインプレいたします。お楽しみに!

2007年1月10日 (水)

今年もヨロシクお願い申し上げます!

どうもです。編集長のクラキン☆サトシです。
今年もヨロシクであります!

で、今年の第一発目は、私の新しいオモチャのお話です。
実はヨットを買ってしまいました。そうヨットです。ちなみに私は泳げますけど、船酔いバリバリ、船舶免許無しの海ド素人であります。
なのにナゼ買ってしまったかというと、興味本位で入札しておいたヤフオクで落札されちゃったからなんであります。
落札の際、ヨットスクールに通っていたこともある悪友でありカナヅチの一平さんが、「それ、ヤバそうですよ。落ちちゃうんじゃないですか」と横で笑いながら見ていましたが、予言は見事に当たり、3000円という価格で私が所有者になることになりました。
一平さんがなぜ「ヤバそうですよ」と申されたかといえば、そりゃもちろんポンコツだったからなんでありますが、もし落札しちゃった折には、どれだけの苦労が待ちかまえているか皆目見当がつかないという恐怖の方が強かったように思います。

しかし実は、私はそういう先の見えないバカげたことにハマってしまう性分でありまして、人生の多くは、そういったバカな苦労に費やしてきたとも言えます。
ただ、フと気が付くと、ここんところそういったバカ苦労をやらなくなっているんですよね。ま、それだけ私も成長したんだとは思いますけど、逆にそれが自分らしさ(というか若さですかね・・・)をスポイルしちゃってるように感じるワケです。
ま、ライダースクラブの編集長をやらせて頂いてるだけでも、かなり無謀にバカをやってるとも言えるんですが、どういうわけかこれを苦労とは感じない。辛くても大変でも明快な充実感がある。ま、私が真性のM男なんだということなんでしょうか? でもたぶんこちらは真剣勝負だからこその充実感なんだと思います。

ま要するに、実は入札の時点で「久々にバカ苦労も面白いかもナァ」と思っていたワケでありまして、一平さんが横でゲラゲラ笑うだろうことも予想しつつ、見事にハマったという流れなんであります。

トホホ話は追々書いていきますが、これってきっと嫁に内緒でバイク買っちゃった話と近いモノになっていくんでしょうね。でも、そこは船だけにバイクとはちょっと違った苦労もあるワケですよ・・・。

「今年はバイクも買うしヨットも買うし、いやぁ私ったら気合い入ってるじゃない!」などと無理矢理自分を持ち上げつつ、楽しく頑張っていこうと思います。お付き合いヨロシクです!

Photo_789


ではでは。クラキン☆サトシ

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

RIDERS CLUB編集部員

  • オガワ
    ■オガワ
    現在の愛車はカワサキZRX1200DAEG、ヤマハSR400(3台)、ドゥカティ900SL(不動)。サーキット、ワインディングを問わずコーナリングが好きで、イベントレースにも参戦。鈴鹿4耐にも3回出場。1974年生まれ

    ナカザワ
    ■ナカザワ
    BMW・R100GS/R100RSなど、複数台を所有。現在の通勤車両は6Vのスーパーカブ。20数年前に本誌にかかわり、BMWボクサージャーナル、ドゥカティマガジン、BikeJNなどの別媒体を経て、2012年7月に復帰した

    イズタニ
    ■イズタニ
    知らないことだらけで、日々勉強中のバイク初心者編集部員。本誌では「イケてるライダー養成講座」にて、ボス根本に日ごろの疑問や悩みをぶつけまくっている。念願のサーキットデビューを果たし、膝が擦りたいお年頃

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

PR