RCAW最新号案内

RCAW 別冊

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル EI STATIONARY 2014 毎年、美しい写真でご好評いただいている『エイ スタイル・カレンダー2014』いよいよ発売開始 おススメ本の紹介 エイブックスオープン、サイドリバーショッピング送料無料キャンペーン


    【商品の価格表示に関するお知らせ】

    株式会社エイ出版社が運営するサイトは、商品価格の表示を現在「税率5%に基づく税込価格」での表示としておりますが、一部の商品につきましては、税抜きでの価格表示(※1)に変更しております。2014年4月以降は「税率8%」に基づき精算させていただきますので、予めご留意くださいますようよろしくお願い申し上げます。

    ※1
    平成26年3月31日までは本体価格+税(消費税 5%)
    平成26年4月1日以降は本体価格+税(消費税 8%)

    皆さまのご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

リンク

2013年10月10日 (木)

JRフライヤーの頂点を決める大会11月に開催! 

毎年国内10カ所で開催されている『JRヘリコプター大会』。今年も、各地のトップ選手を集め、その頂点を決める『F3Cチャンピオンシップ2013』が11月22日(金)~24日(日)の間で開催されます。

メインはF3C競技になりますが、きっとJRの新製品や伊藤氏、国井氏らトップフライヤーによるデモなどもあるはず! JRファン、F3Cファンに限らず、ラジコンヘリファンはぜひ11月に三重に集まろう!

information
[開催名] JR ヘリコプター大会 F3C チャンピオンシップ 2013
[開催日] 2013 年 11 月 22 日(金)~24 日(日) ※22 日は公式練習日
[開催地] スカイモデラーズクラブ飛行場 (三重県津市一志町其倉 237)
[主 催] 日本遠隔制御株式会社
[後 援] スカイモデラーズクラブ
[その他] 観覧無料、仮設トイレ設置、大駐車場完備、警備員配備

2013年10月 9日 (水)

RCヘリ フライト&セッティング2014 記事紹介その2と撮影裏話


今年のヘリムックの巻頭特集は電動ヘリのメインストリーム、450~550ヘリです。

001_2

002

003

話題のJR Propo Forza 450を組立から徹底的に紹介したり、もちろん450といえばT-REX。T-REX各クラスの最新モデルに関しても細かく解説しています。他にも、EnergyPower RC 磯氏によるフライトテクニック講座など、450~550ヘリをさらに楽しくするノウハウ満載です! 

さて、今回、Forzaの撮影では少し新しい試みをしています。
担当は重松浩平カメラマン。もう10年以上ラジコンを撮り続けているベテラン。RCエアワールドはもちろん、実は各社の広告用写真なども彼の作品だったりします。
そんな彼の現在のメインカメラはソニーのフラッグシップ、α99。通常、ウチで撮影していただいているカメラマンの多くはキヤノン、またはニコンを使用しておりますが、ミノルタファンであった彼は、ミノルタレンズの使えるソニーαシリーズを愛用するというマニアなわけです。

004

005

さて、このα99、バリアングル液晶がその特徴のひとつ。ということで、その特性を活かした撮影を試みてみたわけです。

008

例えば、こちらはForza紹介記事のメインカットですが、ありえないくらいのローアングルから撮影されているのがお分かりでしょう。バリアングル液晶を備えたα99なら、液晶を上に向けながらライブビューで画角を確認し、かつ機体に合わせて動き回れるわけです。今回はさらにストロボを焚いてちょっと違う感じの印象に仕上げて見てみました。

007

さらにトビラで使用したこのカット。450クラスとは思えないボリューム感と、背景の空の広がりが印象的です。撮影になれている方ならお分かりだと思いますが、かなりの広角レンズでないと撮れない写真。しかも広角でここまで機体を大きく見せるには、相当機体に近寄らなくてはならない。450とはいえ、径700㎜以上にもなり、カーボン製のメインローターが1,500rpm以上回っているのですから、いかに危険かお分かりいただけると思います。

009

撮影時はこんな形。α99は液晶をファインダーにできるライブビュー機能があるので、通常のカメラで撮影するよりは、体は機体から離せておける……。さらにはフライヤーが世界チャンピオン、伊藤氏という世界一信頼できるフライヤーなのもありますが、危ないのには変わりありません。

特集のトビラ絵は、伊藤選手の世界一のフライト技術、カメラメーカーの最新技術、そしてなりより、いい画を撮るための、重松カメラマンの危険を顧みないプロ根性が実現してくれたものです。あ、あとそれを命じる鬼編集の冷徹さも必要だったかもしれません(笑)

Rc2014

ということで、ぜひ重松カメラマンが撮影した素晴らしい写真も掲載された『RCヘリ フライト&セッティング2014』をご覧ください! 

010

Vol_14

ちなみに、重松カメラマンによるα99のインプレッションが掲載された『フリック! Vol.14』もよろしくお願いします! 

2013年9月27日 (金)

RCヘリ フライト&セッティング2014 記事紹介その1

P076077

最近空モノラジコン界で話題のマルチコプター
数々のセンサーを搭載し、これまでのラジコンからすると、圧倒的なスタビリティを持ち、ラジコン経験者でなくとも簡単にフライトを楽しむことを実現してくれます。また、その特性から、空撮にも大活躍。ホビー用途はもちろん、最近ではプロの世界でも活用されはじめているようです。
そんなマルチコプターの世界も基本から最新機の情報まで紹介しています。

_dsc9309

PHOTO:K.SHIGEMATSU(Z STUDIO)

OSが現在開発中の試作機をスクープしていたり、現在のマルチコプターの元祖とも言えるAR.DRONE最新情報、さらにはハイテックマルチプレックスの小型機まで、充実しております。
もちろん、大人気を博している、DJI社のファントムも取り上げています。

Mk4_2560

PHOTO:K.SHIMADA

ここでは、そんなファントムとより大型のDJI・F550で取材中に撮影されたムービーを紹介します。
記事と合わせてご覧いただければ、マルチコプターのことがさらに理解できると思います! 

ということで、『RCヘリ フライト&セッティング2014』、ぜひ全国の書店、模型店やコチラからお求めください! 

Rc2014

2013年9月24日 (火)

RCヘリ フライト&セッティング2014発売! 

ご無沙汰しており、申し訳ありませんが、9月26日に出ます! 
『RCヘリ フライト&セッティング2014』!! 

Rc2014_2

毎年恒例、ヘリ本は今年も出ます! 

今年の巻頭特集は450/550EPヘリです。

20130924t225300_0

もはやヘリも電動があたりまえ。GP50クラスも90だって電動飛んでしまいます。
とはいえ、性能、コスト、取り回しなどなど、やっぱりバランスが良くて定番なのが
450前後のクラスになるでしょう。アラインのT-REXをはじめ、様々なモデルから選べるのも魅力のカテゴリーです。
そんな450からワンクラス上になる、500~550ヘリを大特集! 気になるニューモデルの情報から、フライトテクまで充実した内容になっております。これから450クラスヘリを飛ばしてみよう、新しいモデルの詳細は? などと気になっている方は必読です! 

20130924t225300_1

JR懇親の本格派450、FORZA 450を組立に至るまで詳細にお届け! 

20130924t225300_2

やっぱり定番、T-REXセッティングポイントまで細かく紹介。

20130924t225300_3

注目はEnergyPower RC磯氏による3Dフライト入門! 


ますます進化するプロポ周りの話も盛りだくさんです。

20130924t225300_4

Futabaの新しいプログラマブルサーボから

20130924t225300_5

JRの新方式、XBus

20130924t225300_6

それにハイテックの新型プロポ、オーロラ9Xまで網羅しております。

ニューモデルレビューも12セルクラスから手のひらサイズのマイクロヘリまで多数! 

20130924t225300_7

20130924t225300_8

最近空モノラジコン界で話題のマルチコプターもカバー。

20130924t225300_9

OSが現在開発中の機体もいち早くスクープ! 

20130924t225300_10

もちろん、DJIファントムも細かく紹介! 

他にも……

20130924t225300_13

なんとグロー50サイズのヘリに搭載可能なOSの新型ガソリンエンジン、GT15HZ 600

20130924t225300_12

さらに晴山さんらによる珠玉のスケールモデル! 

20130924t225300_11

それに加えてアラインファインフライジャパンF3C世界選手権などイベントレポートまで! 

今年もこれ1冊でヘリ業界の現在が分かる、盛りだくさんな内容でお届けします。

20130924t225300_14

最後に、FORZA 450をはじめ、豪華読者プレゼントもあるので、ぜひ9月26日は最寄りの書店やラジコンショップでゲットしてください! 

もちろん、今やオンライン購入も可能です。
アマゾンや弊社サイドリバーなど、日ごろお使いのネットショップでもぜひご購入を! 

2013年3月 8日 (金)

【大切なお知らせ】

RCエアワールドの村上タクタです。

明日、3月9日には
RCエアワールド2013年4月号Vol.144
が発売になります。

この号を持ちまして
RCエアワールドは定期的な刊行を休止いたします。

足掛け、15年、144冊に渡り
ラジコン飛行機、ヘリを愛する読者の皆様、
取材させていただいた方々、
ご支援いただいた業界のみなさまには大変お世話になりました。

最後のメッセージを
明日発売のRCエアワールドに込めました。
書店にてお手にとっていただけたら幸いです。

Dsc02137_3

懐かしい写真も、いっぱい載ってますよ!

2013年1月 6日 (日)

OK模型の伊東卓美さんのこと

ごぶさたしております。
村上タクタです。

もう、すでにご存じの方も多いと思いますが
昨年末、12月8日に
OK模型の伊東卓美さんがご病気で亡くなりました

たいへんショックでした。
Photo

続きを読む »

2012年12月20日 (木)

お詫びと訂正

12月18日に発売されました
ヘリのイヤーブック
『RCヘリフライト&セッティング2013』
に間違いがございます。

p.84〜85のOS様のGT15HZの記事なのですが
掲載されている写真は、開発途中の時期に取材させていただいたもので
製品版はキャブレターなどの部分が大きく変更されております。

製品版は1ページにいただいています広告にも
掲載されている以下の形式のものになります。

Gt15hz
















弊誌の確認の不足で
小川精機様、ならびに読者の皆様に
大変ご迷惑をおかけいたしました。
お詫びして、ここに訂正させていただきます。

RCエアワールド編集長 村上琢太

2012年12月 7日 (金)

突然ですが・・・・

Img_7127

最近ドーントレスのカッコよさを再認識しています。30ccクラスくらいできっちり仕上げたいな、なんて、締め切りが近くなるとなぜか(といいながらはやウン十年)想像力と創造意欲が強くなります。写真はDinoという友達が作ったコクピット。機体の色も渋いです。Yamahen

2012年12月 4日 (火)

寒風のガソリンヘリ取材

Ov2c5032

まったく余裕のない、このなさけない顔、これでも緊張しておりまする……。先日取材させていただいたOSGT-15Hを搭載したネオキャリバーを、撮影後にちょいと飛ばさせていただきました。ガスパワーとはいえ、とても静かでレスポンスもよく、ときおり吹く北風の中で安定したホバリングが体感できました。エンジンパワー、機体の完成度、プロポのセッティングと、それらのトータルパフォーマンスが高いと、私めでも飛ばせる。それがRCヘリの素晴らしいところ。ああ、はやくアイドルアップで飛ばしてみたい!Yamahen

2012年11月27日 (火)

お気に入りイベントに行ってきました!

Yama0672

11月25日、私めが大好きなイベント、スケールグライダーのトーイング大会にエントリーさせていただきました。主催、会場となっているMNTFCさんの飛行場は例によって素晴らしくメインテナンスが行き届いており、快適にフライトを楽しむことができました。愛機はディスカス2.TSフライングクラブの鈴木さんにお手伝いいただき、抜群の浮きを実感することができました。ジャイアントスケールエアレースもいいけれど、のんびりとサーマルハンティングもまた楽しいものであります。取材にご協力をいただいた皆様ありがとうございました!

RCAW twitter

このチームが作っている本のブログ

  • 【このチームが作っている
    本のブログ】





RCAW編集部

  • 顧問・ヤマ編(山崎和彦)

    1955年生まれ。クルマ、バイク雑誌のフリーライターを経て、各業界にマニアックなブームを起こすことに生きがいを感じつつ編集人生を送っている。弊社RCW、RCAWを始めライトニングの創刊も手がける仕掛け人。RCAWでは本誌レギュラー”ヤマ編の飛ばしてみたいこの一機”を始め、DVDマガジンでは海外レポートを中心に動く現場大好き人間だ。

    村上タクタ(村上琢太)

    Vol.3~84まで本誌に携わって社内異動で他の本に携わってきたタクタが、再び編集長として帰ってきた。かれこれ10年前からラジコンに携わり、多くの世界/日本チャンプと交流があるのに、依然ビギナーなのはRCエアワールド七不思議のひとつ。バイク、ラジコン、海水魚飼育、パソコンなど電子ガジェット、旅行などなど多趣味だが、いずれも身に付いていないのは多芸は無芸のことわざの通り。

    山本大介

    RCエアワールドの最若手だが、ふてぶてしくマイペース。現在『回転翼遊戯第二幕』でヘリの修行中。一応A級所持者。現在は上空フライトを練習中で、今年中のB級昇格が目標のひとつ。

    小沢雅世

    村上とともにカムバックしたRCエアワールドの紅一点。まだまだラジコンの知識は乏しいが、日々いただくメーカーからの新製品案内などと格闘しながら習得中。

PR