« ランドネ3月号 特集◎ニッポンの冬を知る、雪あそびの旅 | メイン | ランドネ4月号 特集◎初心者にもおすすめ、週末歩きたい55ルート »

2017年2月22日 (水)

三菱デリカD:5に乗って埼玉・奥武蔵へ、友だちとのんびり山を味わう一日をレポート!

_img2072

「ふたりともおはよ〜!」

朝8時。山仲間のオサムくんとマドカちゃん夫婦が家まで迎えに来てくれた。向かうは埼玉・奥武蔵エリアの伊豆ヶ岳。今日はのんびりと山を歩き、見晴らしのいい山頂でおいしいコーヒーを飲む計画だ。


「忘れ物はない? 出発するよ」

_img2417

▲「子どものいる友だち家族も気兼ねなく誘える広さがあるんだよね」

荷物を積み込み、オサムくんの運転で伊豆ヶ岳の登山口のひとつ、正丸峠へと車を走らせる。しばらく国道を走行し、峠道の上り坂に入ると日陰には雪が残り、あちらこちらに凍結が。

_img2395

▲雪や凍結道でもスムーズにグイグイ上っていく

最近は晴れの日が続いていたから溶けているだろうと思っていたけれど、やはり山道は実際に行ってみないとわからないもの。でもスタッドレスタイヤを履いているし、4輪駆動で安心感の高いデリカD :5なら心強い。力強いディーゼルで峠道も苦にならない。

_img2475

▲「見晴らしが良くて開放感があるから自然と会話が盛り上がるの」とマドカちゃん

ゆとりあるスペースでおしゃべりを楽しみながら、ヒヤヒヤすることなく登山道へ到着した。

_img2164

▲木々の隙間から差し込む冬の優しい光が、歩調をよりリズムカルにしていく。体温は上がり、冷たい空気が逆に心地いい。「今日は絶好の低山日和だね」

「さ、ゆっくり歩いて、山頂手前の展望がいいスペースでのんびり過ごそう」私たちは足軽に歩き出した。

_img2172

_img2087

▲標高の高い登山口へも車なららくらくアクセスできる。そのおかげで、山頂へは1時間ほどで到着した

_img2362▲パーコレーターでこぽこぽとコーヒーを沸かしながら、ドーナツを片手にゆったりとした時間を味わう。あ~、これぞシアワセのひととき

_img2020▲今回、山へ向かった車はこちら……

三菱自動車 デリカD:5 LDA-CV1W シャモニー仕様
■駆動方式 4WD クリーンディーゼル車
■寸法・重量 全長4730mm、全幅1795mm、全高1870mm、ホイールベース2850mm、トレッド前1540mm/後1540mm、最低地上高210mm、室内長2915mm、室内幅1505mm、室内高1310mm、車両重量1890kg、乗車定員8 名
■性能 最小回転半径5.6m、燃料消費率13.0(km/L)
■エンジン 型式4N14(コモンレール式DI-D インタークーラーターボチャージャー付)、弁機構・気筒数:DOHC 16 バルブ・4気筒、内径×行程:86.0×97.6mm、総排気量2.267L、圧縮比14.9、最高出力「ネット」109[148]/3500kW[PS]/rpm)、最大トルク「ネット」360[36.7]/1500~ 2750(N・m[kgf・m]/rpm)、燃料供給装置:コモンレール式燃料噴射装置、燃料:軽油、タンク容量64L

_img2167_r

[伊豆ヶ岳へのアクセス]国道299 号線を秩父方面に向かい、正丸トンネル手前の交差点を正丸峠方面へ進む。駐車は、奥村茶屋の建物横と、道路を挟んで反対側の旧正丸峠登山口付近にある路肩駐車スペースを利用

[山歩きのアドバイス]正丸峠から約30 分、樹林帯をアップダウンしながら見晴らしのいい小高山を越え長岩峠へ。その先は歩きやすい尾根道で15分で五輪山に着く。そこから中間道を通ると15分で伊豆ヶ岳山頂に到着。下山は約1時間ほど

写真◎後藤武久

原稿◎山畑理絵





ランドネMovies

  • 「ランドネ山大学プロモーションMOVIE 」


    「ランドネ山大学×銀座NAGANO 信越トレイルをフォトトレッキング!」


    「Nabowa in Kouzushima 島で過ごすアウトドアな夏休み」


    Nabowa 「#1」 ミュージックビデオ
    詳細はコチラ!!


    ランドネMOVIE「Nabowa 山に登る」後編


    ランドネMOVIE 「Nabowa 山に登る」前編


    ランドネMOVIE 北アルプス憧れの秘境 「雲ノ平」へ


    ランドネ山大学ゴアテックス学部/講師 渡辺佐智さんMOVIE







randonnee関連リンク






PR