« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月27日 (月)

まだまだ寒い春先におすすめ zippo『ハンディウォーマー』

今週から3月をむかえますが、今日みたいに少し冷え込む冬のような日常や、フィールドでもおすすめのアウトドアアイテムをご紹介します。

 みなさん、オイルライターブランドで有名なzippoが販売している『ハンディウォーマー』はご存知ですか? 繰り返し使用できるエコな携帯カイロです。

外出先で「ちょっと冷えるな」と感じたときに、かばんから取り出して点火し、専用袋に入れれば準備完了。

ポケットに入れれば心地よい温かさに癒されます。日常はもちろん、旅先やキャンプのおともにぜひチェックしてみてください。男性のみなさん、ホワイトデーにもぴったりですよ。いかがでしょうか?(笑)

0227_dsc4615

_dsc4642

1月に開催した「ランドネ山大学“新年会”」では、集まっていただいた参加者のみなさんへ、抽選会を通じて『ハンディウォーマー(zippo)』をプレゼントしました! フィールドワークを多く開催するランドネ山大学ですが、室内での座談会も楽しい時間となりました。

0227_16a2907

最後にzippoの『ハンディウォーマー』使用方法をご紹介。本体部分であるウォーマーにジッポーオイルを注油して、マッチまたはライターの火でバーナーを炙ります。そうすることにより、気化したオイルがプラチナの触媒作用で酸化発熱し、ウォーマー部分が温まります。

使い捨てカイロも便利ですが、アウトドアが好きな方には繰り返し使えるエコな携帯カイロ『ハンディウォーマー(zippo)』をおすすめします。






コロンビア×朝日リビングの賃貸物件「アーバンアウトドアルーム」完成!

アメリカ・ポートランドで生まれたアウトドアウエアブランド「コロンビア」。そんなコロンビアが賃貸物件のリフォームやリノベーションを手掛ける朝日リビングとのコラボレーションで、ブランドイメージをコンセプトにリノベーションした賃貸物件が完成したという情報をキャッチ! さっそく、内覧会にお邪魔してきました。

__1

キーコンセプトは「アーバンアウトドアライフスタイル」。ポートランドの街中にあるインダストリアルな建物やDIYのカルチャーが、部屋のデザインに反映されています。ポートランドは、豊かな自然に囲まれたオレゴン州最大の都市で、「全米で最も住んでみたい都市」に選ばれるほど、本国でも注目されています。「エコ」「オーガニック」「スポーツ」など、さまざまな切り口で日本のメディアに取り上げられることも多いので、憧れを持っている人も多いはず。

今回のアーバンアウトドアルームは、都会で暮らしながらアウトドアなライフスタイルを日常に取り入れたい20~30代の独身男性に向けて作られたそうですが、女性でも、こういった雰囲気が好きな人はきっといるでしょう。

__13

この部屋のポイントは3つ。1つ目は、インダストリアルな建物をイメージした、レンガのプリントが壁一面に施されていること。また、天井に設置されている照明も、古い工場で使われているような、味わいのあるデザインが採用されています。

__11

2つ目は、ジャケットやバックパックなどを引っ掛けられる大きな有孔ボードが備え付けられていること。よく使うアイテムをセンスよくディスプレイして、ショップのようなインテリアに仕上げることもできます。

__6

3つ目は、パイプと木製の板で作られた3段のラックが設置されていること。山旅の写真をフォトフレームに入れて飾るもよし、靴やバーナーなどの小物を並べるもよし。 そのほか、このコラボ賃貸物件に込められたこだわりについては、朝日リビングのウェブサイトでも語られているので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。 
https://consumo.jp/concepts/columbia_collabo/

__25

現在は、埼玉県の北大宮に完成した賃貸物件2部屋が入居の募集を開始していますが、今後もさまざまなエリアに進出予定とのこと。あなたの街に、ポートランドを感じるコロンビアの賃貸物件が現れる日も近い!? 今後の展開に注目ですね!

2017年2月24日 (金)

ランドネ最新号

Web_randonnee86_2000_2


▼昨日発売の「ランドネ」4月号でモデル華恵さんが表紙で着用したウエアはこちらです。

黄色いジャケット:クライムベリーライトジャケット¥37,000
ベージュのボトムス:トレッカーキュロット¥10,000(ともにザ・ノース・フェイス/ザ・ノース・フェイス3(マーチ))
バックパック:レディース・ディ・トレッカー・パック¥15,000(エル・エル・ビーン/エル・エル・ビーン)

※価格はすべて税抜き

Photo/網中健太
Styling/黒木麻美
Model/華恵

華恵さんの黄色いジャケットを目印に、最新号を書店でも探してみてくださいね!

2017年2月23日 (木)

ランドネ4月号 特集◎初心者にもおすすめ、週末歩きたい55ルート

Web_randonnee86_2000


特集◎初心者にもおすすめ、見どころ別、週末歩きたい55ルート


次の休みは、山を歩きにどこへ行こう?

仕事場から見える外の景色に、春の訪れを感じたり、「暖かくなったら連れていって」と友だちに頼まれたりして、「週末はどこの山へ行こうかな」なんて、思いを巡らせるのも楽しい季節がやってきました。 そこで「趣味:山登り」の人だけのこの醍醐味を「歩く時間が短いほうがいい」とか、「展望は外せない」なんて、ああだこうだ言いながら、幾度にも堪能してもらえるルートガイドを作りました。 地元の人やツウな山好きが愛するルートから一度は歩いてみたい人気の山まで日本全国から集めた選りすぐりのなかから、思い出を作りたくなるお気に入りを探してみてください。

012013


「山っていうか、丘みたいなものだよ。でも少し登るだけで見晴らしは最高なんだよ」。 そんな言葉に誘われて、エッセイストの華絵さんは埼玉県飯能市の天覧山と多峯主山へ山歩き。下山後には人情あふれる飯能の商店街でおいしいグルメも見つけました。

そのほか「見どころ別」ランドネおすすめ55ルートをご紹介しています。

018019



「体力に自信がないけれど、すてきな展望が見たい!」 そんな方におすすなのは、歩行時間が短くても展望がいい山のルート。

028029

連載『ランドネ的 これは完全にアウトドア映画だ!』でおなじみの低山小道具研究家の森勝さんに教えてもらった、高尾山マニアックルートもおもしろいですよ。マニアックルートを歩けば、高尾山を隅々まで愛し、週に3回も訪れる!!森勝さんにも会えるかも!?笑

080081


春物ウエアが店頭に並ぶ季節の到来! でも、まだまだ寒い日も続きますよね……そんな季節の変わり目に役立つ、冬から春の街コーデ術をご紹介。春らしい軽やかな雰囲気をテーマに春と冬のアイテムで上手に着こなすテクニックは必見です。

066067


キャンプのオフシーズン、家にダッチオーブンとスキレットは眠っていませんか? 外へ出かけるのをためらってしまうような寒い日は、キャンプ用に手に入れた調理道具を使って、お家であったかアウトドアごはんを楽しみましょう。スモールサイズのスキレットからラージサイズのダッチオーブンまでサイズごとに提案したレシピをご紹介。

0760791


『ブランドラブ伝』は、毎月、個性豊かなアウトドア用品メーカーに勤める方々にスポットを当て、 自社ブランドに寄せる熱いLOVEをご紹介するインタビュー企画です。 最新号では、2016年春に誕生した女性用ヘルメットブランド『ラヴィーナ』の山本さんにお話を伺いました。産業用ヘルメットで国内トップシェアを維持するメイドインジャパンのヘルメットメーカー、谷沢製作所が『ラヴィーナ』を立ち上げたきっかけにも注目です!

_16a4434_02


『ランドネ』の定期購読を申し込むと、3号ぶんは50パーセントオフの価格でお楽しみいただけます。 さらに、先着でオリジナルトートバックをプレゼント中です。

ランドネ定期購読✩キャンペーン

 今月もランドネをお楽しみください♪

2017年2月22日 (水)

三菱デリカD:5に乗って埼玉・奥武蔵へ、友だちとのんびり山を味わう一日をレポート!

_img2072

「ふたりともおはよ〜!」

朝8時。山仲間のオサムくんとマドカちゃん夫婦が家まで迎えに来てくれた。向かうは埼玉・奥武蔵エリアの伊豆ヶ岳。今日はのんびりと山を歩き、見晴らしのいい山頂でおいしいコーヒーを飲む計画だ。


「忘れ物はない? 出発するよ」

_img2417

▲「子どものいる友だち家族も気兼ねなく誘える広さがあるんだよね」

荷物を積み込み、オサムくんの運転で伊豆ヶ岳の登山口のひとつ、正丸峠へと車を走らせる。しばらく国道を走行し、峠道の上り坂に入ると日陰には雪が残り、あちらこちらに凍結が。

_img2395

▲雪や凍結道でもスムーズにグイグイ上っていく

最近は晴れの日が続いていたから溶けているだろうと思っていたけれど、やはり山道は実際に行ってみないとわからないもの。でもスタッドレスタイヤを履いているし、4輪駆動で安心感の高いデリカD :5なら心強い。力強いディーゼルで峠道も苦にならない。

_img2475

▲「見晴らしが良くて開放感があるから自然と会話が盛り上がるの」とマドカちゃん

ゆとりあるスペースでおしゃべりを楽しみながら、ヒヤヒヤすることなく登山道へ到着した。

_img2164

▲木々の隙間から差し込む冬の優しい光が、歩調をよりリズムカルにしていく。体温は上がり、冷たい空気が逆に心地いい。「今日は絶好の低山日和だね」

「さ、ゆっくり歩いて、山頂手前の展望がいいスペースでのんびり過ごそう」私たちは足軽に歩き出した。

_img2172

_img2087

▲標高の高い登山口へも車なららくらくアクセスできる。そのおかげで、山頂へは1時間ほどで到着した

_img2362▲パーコレーターでこぽこぽとコーヒーを沸かしながら、ドーナツを片手にゆったりとした時間を味わう。あ~、これぞシアワセのひととき

_img2020▲今回、山へ向かった車はこちら……

三菱自動車 デリカD:5 LDA-CV1W シャモニー仕様
■駆動方式 4WD クリーンディーゼル車
■寸法・重量 全長4730mm、全幅1795mm、全高1870mm、ホイールベース2850mm、トレッド前1540mm/後1540mm、最低地上高210mm、室内長2915mm、室内幅1505mm、室内高1310mm、車両重量1890kg、乗車定員8 名
■性能 最小回転半径5.6m、燃料消費率13.0(km/L)
■エンジン 型式4N14(コモンレール式DI-D インタークーラーターボチャージャー付)、弁機構・気筒数:DOHC 16 バルブ・4気筒、内径×行程:86.0×97.6mm、総排気量2.267L、圧縮比14.9、最高出力「ネット」109[148]/3500kW[PS]/rpm)、最大トルク「ネット」360[36.7]/1500~ 2750(N・m[kgf・m]/rpm)、燃料供給装置:コモンレール式燃料噴射装置、燃料:軽油、タンク容量64L

_img2167_r

[伊豆ヶ岳へのアクセス]国道299 号線を秩父方面に向かい、正丸トンネル手前の交差点を正丸峠方面へ進む。駐車は、奥村茶屋の建物横と、道路を挟んで反対側の旧正丸峠登山口付近にある路肩駐車スペースを利用

[山歩きのアドバイス]正丸峠から約30 分、樹林帯をアップダウンしながら見晴らしのいい小高山を越え長岩峠へ。その先は歩きやすい尾根道で15分で五輪山に着く。そこから中間道を通ると15分で伊豆ヶ岳山頂に到着。下山は約1時間ほど

写真◎後藤武久

原稿◎山畑理絵







ランドネMovies

  • 「ランドネ山大学プロモーションMOVIE 」


    「ランドネ山大学×銀座NAGANO 信越トレイルをフォトトレッキング!」


    「Nabowa in Kouzushima 島で過ごすアウトドアな夏休み」


    Nabowa 「#1」 ミュージックビデオ
    詳細はコチラ!!


    ランドネMOVIE「Nabowa 山に登る」後編


    ランドネMOVIE 「Nabowa 山に登る」前編


    ランドネMOVIE 北アルプス憧れの秘境 「雲ノ平」へ


    ランドネ山大学ゴアテックス学部/講師 渡辺佐智さんMOVIE







randonnee関連リンク






PR