ランドネ編集部のフィールドライフいらっしゃ~い

2015年5月29日 (金)

ガーリーなトレッキングポールで、もっと広がる山の楽しみ On Anise Girlsのマウンテンライフvol.2【前編】

『ランドネ』6月号からスタートした新連載、「On Anise Girlsのマウンテンライフ」。
山好きな女性3名のライフスタイルと、その日々とともにあるトレッキングポールOn Aniseをご紹介します。

『ランドネ』7月号に掲載している第2回目は、カメラマンの“mush”こと植田めぐみさんに注目! その内容を、2回に分けてお伝えしましょう。

※vol.1 前編の記事はこちら
http://blog.sideriver.com/randonnee/2015/04/on-anise-girlsv-f6ec.html

※vol.1 後編の記事はこちら
http://blog.sideriver.com/randonnee/2015/05/on-anise-girlsv-46c2.html

951a5433_2

cuteプロフィールcute
フォトグラファー 植田めぐみさん
エステティシャン、ホテルマンを経て、10 年前にカメラマンに転向。冬にはスノーボードカメラマンとして活動し、夏には富士山の山小屋で働きながら、写真を撮る日々を送っている。http://ameblo.jp/photographer-mush

冬はスノーボードの撮影で長野や新潟、カナダを拠点にし、夏の間は富士山の山小屋暮らし。フォトグラファー・mushこと、植田めぐみさんにとって、山は生活の一部だ。

「でも以前は、登山に興味はなかったんです」

6年前の夏、山の景色を撮ろうと思い立ち、富士山頂の山小屋で働き始めたことが、登山を始めるきっかけになった。

「実は山小屋のスタッフは、ブルドーザーで上まで行けるんです。はじめはラクに頂上の景色を見るために山小屋の仕事を始めたのですが(笑)、途中の景色や登頂の達成感――登山に来る方のお話を聞くうち、自然と登ってみたいと思うようになりました」

山歩きに欠かさず持参するのが、仕事道具でもあるカメラ。トレッキングポール『OnAnise』を使うようになってからは、山での撮影がグッと多彩に、またラクになったという。

「カメラの一脚として使え、スマホを取り付ければ自撮り棒にも。人の多い山頂でも、カメラを上に持ち上げて撮影すれば、人ごみを入れずに記念撮影できます。行動中に前方斜め上のアングルから撮影すると、下の景色までいっしょに写せて楽しいですよ」

いままでにないキュートなデザインも、気に入っている。

「個人的にはグリップの形が、キノコっぽくてかわいいなと(笑)。クッション性にも優れていて、手のひらで包み込むように握れるので、長時間使っていても疲れにくいんです」

951a5353

トップグリップを外すと、カメラの一脚にもなるOn Anise。市販の自由雲台を取り付ければスマホも固定できる。「高いところの木の実を撮影したり、いつもと違うアングルから写真を撮れるのも楽しいんです」

後編では、そんな植田さんが実際にOnAniseを使って撮った山写真をご紹介しましょう!

Photo/Y.Tajika 田近義博
Text/Y.Udagawa 宇田川有佳

1

cute商品紹介cute
山ガーリーなトレッキングポール/On Anise
魔除けのシンボル、Anise 柄をデザインしたカラフルなトレッキングポールは、パープル・ピンク・オレンジの色展開。トップグリップを外し、自撮り棒としても使用可能。インターネット限定発売。

On Anise 115120
18,000(税抜)
使用長:90-115cm(格納長55cm)/95-120cm(格納長57cm
重量:244g1本)/249g1本)
3段式調節、超軽量アルミ

商品の詳細はこちらdown

Anisebannar

『ランドネ』7月号、好評発売中! 第1特集は「雨でも楽しい山歩き」。第2特集では、「アウトドアな島旅」をご紹介しています。ぜひぜひ、ご覧くださいねhappy02


2015年5月26日 (火)

四国初!ランドネ“川”大学開催します!

 このたび、

ランドネ山大学ならぬ“川大学”を、

日本三大清流の四万十川で開催することが決定しましたーhappy02!!

_48a3691

「地球の時間で旅をしよう!」をモットーに、

カヌートレッキングをはじめ野外で過ごす楽しさを伝え続ける四万十塾が、

今年で、20周年を迎えましたshine

それを記念して行われるキャンプイベントで、

ランドネ川大学も開催しますsun

講師は、四万十塾の塾長・木村とーるさんflair

_48a3365

カヌーの漕ぎ方などの基本を学び、

いざ、カヌートレックに出発!!

澄んだ空気と、青く光り輝く美しい水面shine

のんびりとした時間が、

川の流れとともに過ぎていく四万十川でのカヌートレックは、

古きよき日本の自然のすばらしさを新たに感じる旅になること、

間違いなしですconfident

1

P5054067

夜には焚き火料理教室

星空観賞会moon3などのコンテンツも盛りだくさんup

P9210060

そのほか、

SUP(スタンドアップパドルボード)体験も予定していますgood

川遊びを思いっきり楽しめる2日間!

ぜひ、四万十川でこの夏を楽しみましょうhappy02!!

お申込みはコチラから>>>>>> 

「四万十川でカヌートレック体験」

【募集期間】~2015年7月20日(月・祝)

【当選発表】2015年7月21(火)

【開催日】2015年8月1日(土)~2日(日)

【参加費】5,000円(講師料、保険料、運営費、2食分のごはん〈1日目夜、2日目朝〉

      カヌーレンタル代含む)※事前振込み

     ※キャンプ場利用料500円は、現地にてご負担ください。

【募集人数】10人

【開催場所】四万十川・川遊び公園 ふるさと交流センター、四万十川

【集合・解散場所】四万十川・川遊び公園 ふるさと交流センター

※2日目の解散後、窪川駅への送迎あり

http://shimanto-town.net/kawaasobi/index.html

 

【講師】四万十塾・木村とーるさん

http://www.40010.net/

 

【スケジュール】

★1日(土)

AM~13:00頃まで 

     四万十川・川遊び公園ふるさと交流センター 集合・受付

13:30 開催あいさつ・自己紹介

14:00 カヌーレクチャースタート

   カヌーの漕ぎ方などの基本講座、カヌー体験

16:00 テント設営など

17:00 ダッチオーブン料理教室

     満月と星空観賞会など ※夜は四万十塾の20周年イベントをお楽しみください!

21:00頃 就寝

 

★2日(日)

7:00 朝食準備、テント撤収

9:00 SUP(スタンドアップパドルボード)体験

12:00頃 昼食 ※飲食ブースでの購入をお願いします。

14:30頃 まとめ、あいさつ、解散

15:00    交流センター出発 窪川駅へ

 

【持ち物】

(カヌー用)

・ウォータープルーフバッグ(防水バッグ)

 ※濡れて困るものを中に入れておきます。20~30Lのものが便利。

・レインウエア上下

・履きもの(カカトストラップ付きのサンダル)

・着替え(カヌー体験では、日焼け防止のため長袖、

 長ズボンもしくはハーフパンツ&スパッツを着用します)

・靴下

・帽子(ツバが広く風などに飛ばされにくいもの)

・サングラス&メガネストラップ

・タオル

・水着

・行動食

 

(生活用具)

・テント 

・シュラフ

・マット

※上記3点、お持ちでない場合はレンタル相談可(各2,000円)。テントは4人用をシェア

 

・カップやお皿、カトラリーなど(ステンレス製や木など割れないもの)

・ナイフ

・ライター

・ヘッドライト

・ファーストエイドキット

・虫よけスプレー

・ティッシュペーパー

・保険証

など

2015年5月24日 (日)

ランドネ7月号(no.65)の特集は「雨でも楽しい山歩き」!

気持ちのいい青空が続いていますね!

 

sun日中は汗ばむこともしばしば。happy02sweat01

 

そんな心も体もフィールドへ向かうこれからの季節に

 

避けて通れないのがrain不安定な天気が続くrain梅雨の期間

 

せっかくの予定が「雨だから」でなくなってしまうのはもったいない!downdown

 

7

今号のランドネbookでは、安全第一で無理をしないことを前提に、

 雨の日の山の楽しみ方をレクチャーしますpencilpencilpencil

 

Photo_2

雨の日を快適に過ごすウエアt-shirtの選び方や、

 

ルートプランニングでのdanger注意点dangerなどを押さえ、

 

晴れの日の楽しみ方とは一味違う、雨の日ならではの山歩きをしてみませんか?

 

高山植物の芽吹きと、幻想的な霧の世界が広がっていますよ。

 

1_6

2_3

▲雨の日の装備で必要なものは?そんな疑問をスッキリ解決します!

3_2▲体験談をもとに、山のセンパイからアドバイスを聞いてきましたear

4_2▲危ない場所を回避し楽しめるポイントを伝授。ベストプランで歩きましょう

5▲危険が伴う雨の日は、正しい知識と対処法が必須です。突然の雨対策にも!

6▲生き生きとした動植物に出会える、おすすめの森・湿原コースを提案します

第二特集は「アウトドアな島の旅へ」shipshipshipdash

 

日常から抜け出して、fish冒険を楽しみたいなら島fishがおすすめ。upup

7_3

 屋久島をはじめとするpisces有名な島piscesから、

島旅のセンパイたちが愛するpisces秘島piscesまでご紹介します。shine

 

そのほか、小企画ももりだくさんです。flair

 

陸路では味わえない海の自然を満喫するシーカヤックのツーリングレポートwaveや、

 

日本とフランスのフォトグラファーが、ふたりで富士の頂上を目指したフォトイシューcamera

 

夏の休暇の予定にもピッタリ、モデルプランとしてもおすすめな道・大雪山をめぐる旅taurusや、

雪解けが始まるスイスアルプスのレポートcapricornusなど見逃せません!!

 

続きはぜひお手に取ってご覧くださいshine

ランドネ7月号(no.65)

「雨でも楽しい山歩き」はコチラから

 

2015年5月22日 (金)

ランドネ山大学、八ヶ岳で1泊2日ウエア講座を行います!

突然ですが、みなさん正しく山ウエアを着こなせていますか?fuji

気にいって購入したウエアを実際にフィールドで着てみたら、

疑問や気になることがでてきたり、大丈夫なのか不安になってきたという方も多いのでは?happy01

___a6193

そんなsign02を夏山シーズン本番前に解消するためのランドネ山大学

7月4日(土)、5日(日)の1泊2日で開講します!

happy01詳細はこちらから>>>

参加者には、今回、特別に、

高機能ウエア2モデルをプレゼント!scissors

Photo

山ウエアを快適に、安全に着こなす方法を学びながら、

八ヶ岳を1泊2日の山小屋泊で堪能する講座ですsun

___b3610

初日は、登山口から美しい森の中を1 時間ほどでたどり着ける

「オーレン小屋」を目指してゆっくり歩きます。

___b3984

檜風呂に入ってさっぱりした後は、名物「桜鍋」をいただき、楽しい夜を過ごします。

___b3875

山のウエアは正しくレイヤリング(重ね着)してこそ機能を発揮するものです。

そのための基本知識をしっかり学んだ上で、

2日目は朝から、標高2,760m の硫黄岳山頂へ。

樹林帯と、直接雨風にさらされる可能性のある稜線上の違いを体感しながら、

ウエアの効果を試して歩きます。

___a6200

実際にフィールドに出てこその疑問や不安を解決できるチャンスです。

もちろん初心者も大歓迎!

_r0a8873

スペシャルゲストに、アウトドアライター山畑理絵さんの参加も決定up

プレゼントの2アイテムを自身も使っている経験談や、山でのエピソードなど、

たくさんのお話をしてくださる予定です!

【開催日】2015年7月4日(土)、5日(日)

【募集人数】15名 (※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)

【参加費】¥12,000 (※事前銀行振り込み)

【講師】金田剛仁(登山ガイド)/スペシャルゲスト山畑理絵(アウトドアライター)

【開催場所】八ヶ岳オーレン小屋、硫黄岳 http://www.o-ren.net/

集合:2015年7月4日(土)11:00 茅野駅 

 ※登山口、桜平(無料駐車場あり)集合も可能

解散:2015年7月5日(土)14:00 桜平

(タクシー相乗りで茅野駅へ約50分、ひとり実費2000円程度)

この夏こそ山小屋泊デビューしたい、八ヶ岳を歩いてみたい、

山トモを増やしたい、知識をもっと身につけて楽しみたいと思っている方、

ぜひチェックしてみてくださいね!

happy01詳細・お申し込みはこちらからどうぞ>>>

https://www.sideriver.com/ec/inquiry/index.php?question_id=801

2015年5月21日 (木)

アウトドアシーズン突入! まずは買いものへGO

気が付けば、5月も後半sun

新緑で山が明るくなり、山歩きもキャンプも、

気持ちがいい季節になりましたーhappy02

私たち“女子クルマ部rvcarの最近の活動はというと、

冬のあいだ盛り上がったスキーシーズンが終わり、

少しのんびり気味……snail

そこで、グリーンシーズンのアウトドア熱をメラメラと燃やすために、

愛車のMr.マーズレッド号shineに乗り、

ドライブをしながらアウトドアショップで買いものをすることに!

まずは、お台場を目指して出発~flair

_mg_0881

まず向かったのは、

WILD-1デックス東京ビーチ店fish

_mg_0736▲店頭には、アウトドア好きの心をくすぐるテントやハンモックを使ったディスプレイも!

広々とした店内には、

キャンプに必要なアイテム(テントやマット、シュラフ、料理グッズ、小物、ウエアまで)が

たくさん並べられていますgood

_mg_0727▲快適な睡眠ができるかどうかを左右する、マットもチェック

_mg_0755▲つるされていたカラーのシュラフは、“テンマクとナンガのコラボ”

今年はキャンプにチャレンジしてみたい、ユウちゃん。

「こんなかわいいシュラフなら、ほしいかも!」

充実した小物のラインナップも、

端から端までチェックします!

_mg_0780▲日焼けしないように、大きめのツバの帽子がほしいな~

_mg_0791▲テンマクデザインの木製のナイフケース。

気になるアイテムがありすぎて、

目移りしちゃいますね~eyesweat01

ひとまず、今日のところはアイテムチェックということで、

次のお店に向かいますー!

2軒目のお店は、

三鷹駅近くにあるアウトドアセレクトショップ、

ハイカーズデポclover

_mg_0529

店内には、軽量化が考えられた、

いわゆるUL系アイテムが充実していますshine

山での荷物がいつも多めな、編集部アニヤ。

「今年は少し軽量化を意識してみようかな~」と、

スタッフの二宮さんにおすすめのバックパックを聞いてみますflair

_mg_0612▲「ジマービルトのパイカパックがおすすめです!」

普段使いもできて、サイズ感もちょうどいい、

と教えてもらい、試着タイムscissors

_mg_0663▲はじめてのUL系バックパックに、新鮮さ100%

ほかにも、日ごろから普段使いしているサコッシュなどもチェック!

_mg_0530▲いまよりもひと回りくらい、小さいのもほしい……

男性のお客さんが多いというハイカーズデポ。

しかし店内には、

ウィメンズウエアや女の子におすすめな小物なども並んでいますlovely

_mg_0639

_mg_0646

実際のお買いものはというと……

このときのカメラマン・編集部ミヤガミが、

二宮さんいち押しのバックパック“ジマービルトのパイカパック”

購入していましたーcatface いいな。

_mg_0912▲買いもので増えた荷物は、トランクへ入れて!

そうそう!

Mr.マーズレッド号は、

“Randonnee"のロゴ入りになりましたupup

_mg_0944▲マーズレッドカラーに白のロゴ。よく目立ちますね!

次はどこへ行こうか??

Mr.マーズレッド号は、

今シーズンもアウトドア女子を乗せて走りつづけますdashdash

WILD-1デックス東京ビーチ店

東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ・アイランドモール5階

TEL.03-3599-5311

営業時間:11:00~21:00

定休日:なし

ハイカーズデポ

東京都三鷹市下連雀4-15-33

TEL.0422-70-3190

営業時間:12:00~20:00

定休日:火曜日

2015年5月16日 (土)

本日より、チームパテックス・マウンテンクラブのメンバー募集開始!

新緑が山を彩る、気持ちよい季節になってきましたねclover
GWから、本格的に山へ出かけはじめた人も多いのではないでしょうか?

さてじつは6月から、『ランドネ』と第一三共ヘルスケアさんとのコラボレーション企画がはじまります。 

題して…

shineチームパテックス・マウンテンクラブ結成shine
自分の体を知って、ケアをしながら山歩こう。
ヒザに不安を感じている人、集まれ!

_dsc4109

「憧れはあの山だけど、ヒザとか大丈夫かしら……」 

そんな不安を感じている人の為に、第一三共ヘルスケアが手がけるブランド「パテックス」と、高機能タイツでおなじみのブランド「CW-X」がヒザ専用のサポーター「パテックス機能性サポーター ハイグレードモデル」を開発しました。

_dsc3996

Photo

今回の企画では、この商品のモニターとなっていただき、「チームパテックス・マウンテンクラブ」のメンバーの一員として、ランドネ誌面や特設ブログでその使用感を発信してくださる方を大募集します! 

マウンテンクラブのコーチは、ヒーローズスポーツサポート代表でアスレチックトレーナーの広瀬秀一さん。メンバーひとりひとりのヒザの状態や姿勢などをチェックし、それぞれに適したトレーニング、歩き方などを 指導していただく予定です。それによって、憧れのあの山にも登れるようになるかも?!

_dsc4390

もちろん、モニターとなってくださった方々には、このパテックス機能性サポーター ハイグレードモデルの両足分をプレゼントいたします! 


みなさんのご応募、お待ちしております!!! 


■応募要綱
応募受付期間:5月15日(金)~5月25日(月) 
人数:10名
※パテックス機能性サポーター ハイグレードモデルをおひとり様両足分を2セットプレゼントいたします。 


■応募条件 
・以下3回の撮影のうち、初回を含んで2回以上参加可能な方 

第1回:5/31(日) 9:00~13:00または12:00~16:00(予定) @用賀倶楽部(東京都世田谷区用賀)
※ひとり30分ずつ、ヒザの診断をする予定です。12:00~13:00は、軽食有の懇親会を実施します。

第2回:7/5(日) 9:00~13:00(予定) @砧公園(東京都世田谷区用賀) 
※第1回目の診断をもとに、ヒザを守るためのトレーニングやメンテナンスの方法をレクチャーします。 


第3回:9/6(日) 7:00~17:00(予定) @八ヶ岳など日帰りで行ける2000~3000mほどの山
※広瀬コーチとともに山を歩く実践編です。現地集合、現地解散予定。登山中の応急処置の方法などもレクチャーします。 

・ランドネの誌面やブログへのご出演が可能な方

・パテックスの商品についてのレポート、練習内容などを特設ブログ、SNSなどに投稿いただける方 (月1回の頻度で、商品についてのレポートをアップしていただく予定です)

・パテックスの商品を着用してトレーニング、レースに出場していただける方

・パテックスの店頭販促用として、撮影会での写真やコメントなどが使用されることをご了承いただける方 


■応募方法 
お申込みは下記の参加応募フォームより応募してください。

https://www.sideriver.com/ec/inquiry/index.php?question_id=800

また申込み完了メールをご確認後、専用メールアドレス「randonnee@ei-publishing.co.jp」へ1年以内に撮影した、ご自身の顔がわかるプロフィール写真1点以上(できるだけ、登山ウエアを着用したものをお選びください)を添付してメールでお送り下さいmailto

応募受付締め切り:5月25日(月)



2015年5月15日 (金)

いよいよ来週末開催! クライムオン!!2015@OGAWAYAMA

こんにちはhappy01

だいぶ気温もあがり、アウトドアの楽しい時期となってまいりましたrun

Img_3036_2

梅雨に入る前の気持ちい時期にキャンプに行きたいfuji

今年はなにか新しいことに挑戦してみたいshine

と考えている方もいるのではないでしょうかhappy02

 

そんな皆さまにおすすめのイベントを紹介いたしますsign01

 

 

その名もクライムオン!!2015 in OGAWAYAMAsign03

 

タイトルにもあるように、クライミングを楽しめるキャンプイベントですsun

 _mg_3959_2

今回の目玉はなんといっても、各メーカー主催のクライミングを始めとする有料アクティビティsign01

講師を招き、会場周辺にある自然の岩を利用する本格的な講習は

クライムオン!!だからこそ体験できる貴重な機会shine

 

有料のアクティビティ内容は下記URLよりCHECK!!してみてくださいup

https://www.ei-publishing.co.jp/climb_on2015/activity/

申込締切は来週20日(水※定員に達し次第終了 なので、

お申し込みはお早めにsign01

 

その他、各メーカーブースの出展に加え、

スラックラインナイトパーティーなど様々なコンテンツもご用意していますnote

 

 

全身を使って大自然を満喫できるクライミングに挑戦しながら、

_mg_4124_2

5月の気持ちの良いキャンプ体験も味わえる、

_ds32238_3

クライムオン!! 、来週末は天気も良さそうなので、是非参加してみてくださいhappy01

 

 Bnr810

クライムオン!! 2015 in OGAWAYAMA

■開催日: 2015年5月23日(土)~24日(日)

開催時間: 1日目 9:00~21:00 、 2日目 8:00~12:00

■開催場所: 廻り目平キャンプ場

         長野県南佐久郡川上村川端下(かわはけ)546-2

                  TEL.0267-99-2428

■料金: 入場無料

      ※ご宿泊の方、駐車場をご利用の方は別途キャンプ場施設利用料が必要となります。

      ※有料コンテンツ参加の方は別途参加料が必要となります。

■イベントURL:  https://www.ei-publishing.co.jp/climb_on2015/


ランドネMovies

  • 「Nabowa in Kouzushima 島で過ごすアウトドアな夏休み」


    Nabowa 「#1」 ミュージックビデオ
    詳細はコチラ!!


    ランドネMOVIE「Nabowa 山に登る」後編


    ランドネMOVIE 「Nabowa 山に登る」前編


    ランドネMOVIE 北アルプス憧れの秘境 「雲ノ平」へ


    ランドネ山大学ゴアテックス学部/講師 渡辺佐智さんMOVIE







randonnee関連リンク





PR