ランドネ編集部のフィールドライフいらっしゃ~い

2015年1月25日 (日)

無料モニター募集中!八ヶ岳の麓にオフィスを構えて、アウトドアをもっと身近に感じる「富士見町テレワークタウン・ホームオフィス計画」

もし八ヶ岳の麓にオフィスがあったら……shineshine

01

▲冬の長野県富士見町(撮影:玉置弘文さん)



早朝にハイキングを楽しんで、さわやかな気分で出社したりnote
ランチタイムに山々を眺めながらお弁当を食べたりnote
行き詰まったら、緑の匂いを胸いっぱいに吸い込んで、仕事の効率UP!
自然とアウトドアをぐっと身近に感じるライフスタイルが実現できちゃうかもーーー!

そんな願望を叶えるプロジェクト「富士見町テレワークタウン・ホームオフィス計画」が、八ヶ岳の麓にある長野県富士見町2015年4月からスタートします!

02

▲東京から車で(あずさ号でも)2時間半。八ヶ岳と富士山が一望できる高原町ですfuji


テレワークとは、
“ネットなどを活用し、場所を選ばずできる仕事”のこと!

長野県富士見町で、首都圏の企業や団体、2040代のフリーランスのみなさんを対象に、クリーニング済み&ネット環境完備の元ペンションなどの町内にある空き物件を、住居兼ワーキングスペースとして1年間無料”で貸し出すというサービスが始まるそうですnote(さらに2年目以降は、賃料の半分を町が負担します!)

03

▲貸し出しする施設の一例。別荘地にあり、目の前にはレストランやパン屋さんもbread

04

▲暖炉付き(!)ほっこりミーティングスペース

05

▲窓から広葉樹を眺めながら、仕事をしてみたいmaple

“自然の多い環境に、会社の支社として借りてみる!”もよし、“仕事仲間と共同で借りて、どんどんコミュニティを広げたい!”もよしnote

ぜひ明日にでも、アウトドア好きな会社の上司や知り合いに提案してみてくださいねpapershine

 もちろん、“仕事はどこでもできるから、いっそ移住してみたい”という人や、“富士見町での生活が自分に合うかどうか、一年間仕事をしながら試してみたい”なんて人もOK!

2015年の一次選考の応募締め切りは1月30日(金)のこと。
週末だけでなく、平日もアウトドアを感じていたいアナタに、ぜひオススメしますbud




1分で分かる!/
モニター募集の
Q&A♪

Q.なぜ無料で借りられるの?
初年度は物件の家賃を富士見町が全額負担するため、無料でお使いいただけます。さらに、2年目~3年目は半額を町が負担します。最近まで利用されていた状態の良好な物件のみを提供し、ネットワーク通信機器初期設置費やクリーニング費用もすべて町が負担します。

Q.募集対象は?
・1年以上のオフィス利用及び居住が可能な企業/団体/フリーランスの方。
※社員/グループの方々が交代で利用、もしくは住む形でも構いません。
※独身でも家族がいる方でも構いません。
・20代~40代程度で、自身の業務を富士見町のHome officeで実施できる方。
※詳しくは募集Webサイトをご覧ください。

Q.募集期間はいつまで?
2015年度一次募集は、130日まで。
・募集締め切り後、2月上旬に行われる物件の見学を通じて利用物件を選考してもらいます。見学日は応募者の方のみにお知らせします。
20152月末に利用者を確定し、物件のクリーニング後、4月までに物件を利用可能な状態にいたします。
・応募者数の状況によっては、役場による選考となります。

■WEBサイト■
「富士見町テレワークタウン計画 」
http://www.town.fujimi.lg.jp/homeoffice/index.html



■お問い合わせ先■
富士見町役場 総務課 企画統計係 (小川)
電話番号:0266-62-9332
Mail: kikakutoukei@town.fujimi.lg.jp
住所: 〒399-0292 長野県諏訪郡富士見町落合10777


■企画・プロモーション・誘致協力■
Route Design 津田 賀央
Mailyoshio.tsuda@routedesigning.com

2015年1月23日 (金)

2015年最初のランドネ、本日発売です!

ランドネ3月号(no.61)が、本日発売です!

1_4

2015年、最初のランドネは、

みなさんのご要望が多かった「山ごはん」特集!

が短い季節。風も強く、グッと冷え込んできましたね

だからといって、ささっと登るだけではもったいない!

そんな寒い冬にこそ、「山ごはん」はベストシーズンなんです!

冷たくも澄んだ空気のなか、

ほかほかと湯気の立つあったかごはん食べると、

身体のなかから暖まり、おなかも心も満ち足りませんか?

今号の特集は、

ほかほかテクニックで もっと充実した“食”を

「冬の幸せ、山ごはん」です!

11

寒い日でも、おいしく、楽しく

「山ごはんの基本テクニック」

4冬の山ごはんを充実させるちょっとしたコツを、

アウトドア好きのセンパイたちが、装備&アイデアとともに紹介。

「ある日のふたりの山ごはん」

5友人と、パートナーと、など、いろいろな山好きの“ふたり”が実践している、

冬の山ごはんの楽しみ方をルポ。二人前のレシピでご紹介。

ランドネ的

「山の食材 新定番」

14_2普段使いの”あの食材”は、実は山向け!

ほんのひと手間で素敵な山ごはんに変身します!

みんなのリアルSNAP!

「突撃! となりの山ごはん」

13

山を愛するみなさんの”ごはんタイム”に突撃取材!

「山の茶屋を訪ね歩いて」

8山頂を目指すだけが登山じゃない、のんびり派におすすめです。

そのほか、

好評連載の「雪山へつながる道」特別編雪山講習

10

「あの山道具をもっと知りたい」「ゲイター」に注目!

9_2

連載・小企画も盛りだくさん。

レシピや道具の使い方はもちろん、

山でバテない栄養講座、ドライフードの食べ比べレポート、

家から持っていく「おにぎり」を美味しく食べる秘訣まで。

山ごはんの楽しみ方を、

一冊にギュギュっとまとめたランドネ3月号

 

ぜひお手に取ってご覧ください!

 

▲ランドネ3月号(no.61)コチラから

ひと足お先に春気分♪伊豆大島「御神火コース」ツアーのお誘い

Img_0035_2

みなさんは、伊豆大島を訪れたことはありますか?
東京の竹芝桟橋から、高速ジェットに乗って1時間45分ship

じつは、意外と気軽にアクセスできるフィールドなんですよ!

今回は、伊豆大島ビギナーに、ぜひオススメしたい日帰りツアーのご紹介です。

伊豆大島への高速ジェットを運営している東海汽船が主催の日帰りツアーで、東京・竹芝桟橋or神奈川・久里浜or千葉・館山発着で、伊豆大島の素敵スポットをあんこさんといっしょに巡ります!!

140210_tsubaki15_0041

絣の着物に前垂れ、椿の花が描かれた手ぬぐいを巻いた女性を、伊豆大島ではあんこさんと呼ぶそうです。かわいいですね~lovelylovely

ツアーの詳細は、以下、東海汽船のウェブサイトをご覧ください。
http://tokaikisen-tsubaki.jp/gojinka/

オーシャンビューがすばらしい大島公園、まるで別の惑星に迷いこんでしまったような三原山、そしてこの時期しか味わえない椿花ガーデンを巡り、夕方に港へ戻るという、トリップ感満載のプログラムです。

あ~、行きたい!!!!

ということで、気になる人は、チェックしてみてくださいね~pencilshine

2015年1月21日 (水)

雪道もすいすい!エコスポーツで冬の車山高原へ

こんにちは!

編集部のアニーですhappy01

すっかりと山が雪化粧をしている最近は、

週末になると、スノーボードをしにゲレンデへと向かっていますsnow

編集部は今、

ちょっとしたスキー&スノーボードブームですskishine

そんな、雪を滑ることばかりに夢中になっていると、

友人から声がかかりました。

「車山に遊びにおいでよ!」

車山?スキー場かな?

いえいえ、スノーシュートレッキングですsun

実は、ずっと車山が気になっていました。

広がる湿原、見渡す八ヶ岳連峰、

ぽつんと建つ気象レーダー観測所!

頭の中で想像する限り、車山でのスノーシュー。。。

最高でしょ!!

ということで、

素敵なお誘いをしてくれた友人を訪ねに、

車山高原へと愛車のMr.マーズレッド号こと、

エコスポーツを走らせましたーflair

_r0a4206しっかりとスタッドレスタイヤに履き替えたので、

雪道も安心confident

しかし、気は緩めずに安全運転で向かいます。

_r0a4008天気は晴れsun

ビーナスラインからの眺めは、

八ヶ岳や富士山、北アルプスまでもがくっきりfuji

_r0a4001さてさて、

友人の働く車山ビジターセンターに到着paper

ビジターセンター内では、

車山高原の自然に関する情報をたくさん知ることができます!

_r0a4169スノーシューが楽しめるエリアも、教えてくれますsnow

_r0a4175雪の上で見られる、

木の実の種類もかわいく、わかりやすく、展示していますflair

スノーシューが楽しめる車山山頂付近までは、

車山高原スキー場のリフト乗り継いでいきますscissors

山頂までは約20分!happy02

_r0a4014スキーもスノーボードも履かずにリフトに乗るのって、新鮮!

空中散歩を楽しみますcloud

リフトを降りてスノーシューを履いたら、

真っ白な夢のような世界はもう目の前ですshine

_r0a4063

_r0a4051

_r0a4043この日は、車山山頂付近でスノーシューを楽しんだけれど、

半日たっぷり歩くことのできるコースもあるそうflair

また絶対に歩きに来たい!と思う場所でしたscissors

たくさん遊んでお腹もペコペコcatface

リフトの中間地点に、おすすめのカフェレストランがあるというから、

迷わず向かいましたー!

「TOP'S360°」

_r0a4148▲「信州産鹿肉とキノコのバジル炒めご飯」¥1,200

ゲレンデ内にあるレストランとは思えないほど、

おしゃれで居心地のいいお店ですconfident

朝ごはんメニューもあり(9:00~)、

朝はパンケーキセットがいただけるそうheart01

_r0a4154自家製紅玉のジャムを入れていただく、

ほっとりんご(¥500)も体を温めるのにおすすめapple

冷えた体もぽかぽかですcatface

グリーンシーズンも歩いてみたいな~!

好きになった場所は、

季節を変えて訪れたいものですhappy01

★車山ビジターセンター

TEL.0266-68-2626

開館時間:8:30~17:00

https://www.facebook.com/Kurumayama.vc

 

★TOP’S360°

TEL.0266-68-2723

営業時間:食事11:00~14:00

          喫茶9:00~15:45

2015年1月16日 (金)

富士見ドライブ&トレッキングに行ってきました

お正月気分もそこそこに、気づけば1月も後半ですね。
寒さは厳しいですが、今朝も気持ちのいい冬晴れでしたsun
この時期は、通勤途中の電車のホームから、
なんと富士山が見えるんです。
電車を待っている間にも見られると、
1日いいことがありそうな気持ちになりますhappy01

そういえば、昨年末にも、富士山を眺めるショートドライブに出かけて
2014年の「山納め」としたのでした。
編集部のある用賀から、ちょっと足を伸ばして箱根まで!
我らの愛車、Mr.マーズレッド号で出かけてきました。
私、編集部クマクラといっしょに出かけてもらったのは、
ドライブ大好きな女性カメラマンの大畑陽子さん。
仕事柄、よくクルマを運転していることもありますが
オンナの私も惚れるほど、運転が上手!
初めて乗った我らがMr.マーズレッド号こと、フォード エコスポーツ
「運転しやすいね~」とスイスイでした。

さて用賀から東名高速道路にのり、ほどなくして、芦ノ湖スカイラインへ。

Sample_ford_587_4
この辺りは、富士山&芦ノ湖が眺められる絶景ポイントが
次々に現れるとっておきの場所。

Sample_ford_007_3
冠雪の富士山が、くっきり見えます。美しいーー!

さらに眼科に芦ノ湖をのぞむスポットへ。風光明媚とはまさにこのこと!

Sample_ford_374_2
私たちも記念に1枚、写真をパシャ。
Sample_ford_067_2
富士山は雲に隠れてしまいましたが、

青空のなかにMr.マーズレッド号の鮮やかなカラーが映えますね~と自画自賛smile

さて少しお腹が減ったので、芦ノ湖スカイライン内にある食事処
「レストハウスフジビュー」で早めのランチタイムにすることに。

こちらは各種和洋メニューが充実しているので、迷った末に
クラブハウスサンドイッチをチョイス。
サクっと焼かれたトーストに
フライドエッグ&ベーコン、トマト、レタスなどボリューム満点! 
揚げたてのフライドポテトもほくほくで美味でした!

さらに少し移動してクルマを停めたら、
箱根の外輪山をのんびりハイキング。
冬枯れの原っぱが、陽の光を受けてキラキラ輝いています。

Sample_ford_214_3
ちょっとナウシカの気分♪
Sample_ford_069_3
ポカポカ陽気のなか景色を眺めながら、ゆったり楽しみました。

Sample_ford_269_4
さて、満足して帰路へ……というところですが、
ここでもう1軒、寄り道です。

歩いたあとにうれしい甘味処、峠の茶屋「しるこや」へ!

Sample_ford_595_2
ここには珍しい「白いおしるこ」があるんです!! 

Sample_ford_667_2
白あんを使った上品な甘さのお汁粉。
浮かべられたバニラアイスが、白い雪のよう。
わざわざこれをいただくために定期的に店を訪れるお客さんもいるというのに納得です。

書いていたら、あのおしるこ無性に食べたくなってきました~。

今年も気持ちのいい山々とおいしいものを求めて走り回る日々は変わらなさそうですsmilervcar
この週末も天気がよくなりそう。Mr.マーズレッド号でさくっと出かけてしまうかも!?

<Data>
レストハウスフジビュー
静岡県裾野市茶畑2250-1 芦ノ湖スカイライン内
TEL.0460-83-6361

峠の茶屋 しるこや
静岡県御殿場市東田中3570-3
TEL.080-1400-2855


 

2015年1月 6日 (火)

三重県いなべ市フェアinイオンモール東員、開催のお知らせ

_r0a2104

鈴鹿山脈の北部に位置する三重県いなべ市は、「花の百名山」に選ばれている藤原岳や、滝めぐりが楽しい竜ヶ岳などを有する自然の宝庫。そのいなべ市が、大型商業施設のイオンモール東員で、鈴鹿山脈といなべ市の魅力をPRする写真展を開催します!

開催期間は、2月21日から3月1日まで。
土日には、ワークショップや抽選会など、家族連れで楽しめるイベントも満載だそうですhappy02

2月22日(日)には、いなべ総合学園山岳スキー部の部員さんによる最新山ウエアファッションショー(衣装協力:株式会社モンベル)があったり、3月1日(日)には西日本の人気キャンプ場「青川峡キャンピングパーク」によるネイチャークラフト教室があったり、オモシロイ企画が用意されているみたいですよnote

そして、ナ、ナント!
『ランドネ』バックナンバーはじめ、関連ムック・書籍を読めるランドネブースの出展も決定!!!
bookshine

お近くの方、ぜひぜひ、お買い物がてら立ち寄ってみてくださいねーーー!

1. 青川峡キャンピングパークスタッフによるアウトドアワークショップ
(写真はバードコール)

Photo_9

2.いなべ総合学園山岳スキー部によるファッションショー

1

3.一面の笹原が美しい、竜ヶ岳山頂

Img_0165


<イベント詳細>
開催日時:2/21(土)~3/1(日) 10:00~19:00
開催場所:イオンモール東員 2階イオンホールA
会場住所:三重県員弁郡東員町大字長深字築田510番地1
TEL:0594-84-7100

問い合わせ先:いなべ市役所企画部広報秘書課
住所:三重県いなべ市員弁町笠田新田111番地
TEL:0594-74-5820
FAX:0594-74-5821
HP:http://www.city.inabe.mie.jp/
Facebook:https://www.facebook.com/inabefair?fref=ts

2014年12月24日 (水)

長野県栄村秋山郷を満喫できる、モニターツアー開催!

こんにちは!今年もあと1週間となりましたsnow

そして今夜はクリスマス・イヴですねshinexmas

 

そんなクリスマス・イヴの本日は、

長野県の栄村からのクリスマスプレゼント(?)の情報をお届けいたしますpresent

 

長野県最北部と新潟県境にまたがり、

日本有数の豪雪地帯として知られる、長野県栄村秋山郷。

 

A_014

 

そんな豪雪の暮らしをを体感できるこの季節に、

前回も『ランドネ』でご紹介し、大好評だった

女性限定のモニターツアーが今季も開催されますsign03

 

Img_3178

 

今回は100%天然の河原の手彫り温泉に浸かったりspa

本物のマタギとともに苗場山麓にある大瀬の滝の氷爆を見る雪山トレッキングをしたりfuji

豪雪地帯ならではの体験が盛りだくさんsign01

 

P1290131

また、「あんぼ」や「はやそば」などの、伝統的な郷土料理も魅力的ですdelicious

また、伝統の熊猟がいまも引き継がれる秋山郷ならではの「ジビエ料理(熊鍋)」も食べられるとあって、

五感全てで栄村の魅力を堪能できますよshine

 

Img_3201

雪が多いだけでなく、その場所に暮らす人たちの暮らしの知恵や、

人の温もりが感じられる長野県栄村秋山郷で、

この季節ならではの体験とおもてなしを楽しんでみてはいかがでしょうか?snow

 

 

栄村秋山郷・冬のモニターツアー【抽選】

開催日:2015年1月31日(土)~2月1日(日)

参加費:無料(宿泊費・滞在中の食事、栄村~越後湯沢間移動費含む)

自己負担:体験費¥2,000+レンタル代(ウェアなど)

宿泊地:栄村秋山郷・切明温泉

 

詳しくは栄村秋山郷観光協会HPをチェック!

→ http://sakae-akiyamago.com/

tel: 0269-87-3333 


TOKYO FMとJFN38局が、東日本大震災で被災された方の、心と体のケアを目指して支援活動を展開しています。いま必要な心のケアとは?番組で放送された内容をご紹介していきます。

ランドネMovies

  • 「Nabowa in Kouzushima 島で過ごすアウトドアな夏休み」


    Nabowa 「#1」 ミュージックビデオ
    詳細はコチラ!!


    ランドネMOVIE「Nabowa 山に登る」後編


    ランドネMOVIE 「Nabowa 山に登る」前編


    ランドネMOVIE 北アルプス憧れの秘境 「雲ノ平」へ


    ランドネ山大学ゴアテックス学部/講師 渡辺佐智さんMOVIE







randonnee関連リンク





PR