サーフィン関連本

  • サーフトリップジャーナル 最新号はこちら
    NALU 最新号はこちら

エイ出版社からのご案内


  • エイスタイルカレンダー2020


« 塩坂信康夕方から | メイン | 塩坂信康レッスン »

2009年3月27日 (金)

塩坂信康マルキポイント

塩坂信康マルキポイント
今朝はかなり期待しながら片貝漁港ポイントへ行き、サーフボードを持ってビーチに向かったが予想以上にサイズアップし遥かアウトでブレイクしているのが見えたので、海には入らずUターン!そこで、椎名内まで波チェックに行くと頭ぐらいで何とかサーフ可能な波に見えたので、メンバーの方とロングボードを使ってサーフィン!しかし期待通りの波は来ない・・。ブレイクもしづらく、1アクションがやっと。とりあえず10本テイクオフできたので、海から上がってお店に戻ると、今日も坂口憲二さんが遊びに来てくれたので、一緒に勝浦方面へサーフしに行く事に!途中、太東ポイントもチェックしたがサイズも大きく、ハードコンディション・・・。さらに北上して勝浦の部原へ行くと、たまに形良い波も来ていたが東よりの風の影響を受けていたので、マルキポイントへ向かう事に!遠くまで来た甲斐もあり、波の面も良く、コンスタントにセット頭オーバーから頭半の波がブレイク!アウトではローカルの小川直久プロが形良いレフトの波に鋭いアクションを魅せていた
かと思えば、先に海に入っていた藤田健太郎プロも、ただ一人ロングボードでラインナップし、セットの波を果敢に攻め良いライディングを連発!私達も短いボードでパドルしアウトに出ると、良いセットが数多くブレイクしていたので多くの波を掴む事ができ、久しぶりにサイズの有るグッドウェーブを満喫できました。小川直久プロによると最近のマルキポイントの地形はショートボードには不向きで、頭半のスウェールがあるにも関わらず、潮が引いている時間帯のみブレイクするとの事。潮が上げると波のトップしか崩れないが、ロングボードには向いている波だとも教えてくれました。千葉は明日もハードな状態となりそうなので、波情報をしっかりチェックしてからの移動が無難かも?さあ、明日も無理せず楽しくサーフィン!サーフィン!

参加プロ

トラベルad

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR