RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

その他の雑誌

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

2015年3月 8日 (日)

BikeJIN4月号が1579円から?

Bj4絶好調発売中のBikeJIN4月号

amazonでは先週末に品切れになり、
いまやなんと「プレミアム」が付いています!
(週明けには入荷予定です)

とはいえ、まだ書店さんにはあると思いますので、
まだ手に入れていない方はお早めにどーぞ!

2015年2月 7日 (土)

RIDERS CLUB Classicが生まれた夜……

Rc_classic_coverあれは一昨年のEICMA(ミラノショー)の
プレスデイの日の夜のこと。

夕飯を食べ終わって、
ミラノ市内のバルで
イギリス在住のジャーナリストである
中村恭一さんと飲んでいたときでした。

「日本でクラシックバイクの本を
作るのは可能ですか?」
そう中村さんが、唐突にボクに尋ねました。

いまの日本のバイクマーケット、
どんなライダーがバイクを楽しんでいるか、
そしてこれから日本のバイク界は
どうなっていくかなどボクなりの意見を伝え
こういうかたちだったらアリかもしれない、
そう答えました。
(どうも、このへんのくだりが
いま発売中のBikeJINの中村さんのコラムに
書いてあるそうですが、まだ読めてません……)

あれから1年と3カ月。
いま「RIDERS CLUB Classic」
やっと書店に並んでいます。

まだまだ生まれたての赤ん坊で、
この先どんどん成長しないといけないのですが、
まずはひとつの形になりました。

次号は今年の春、
変わることを恐れずに
時代と機運とマーケットの動きに合わせ、
素早くしなやかに進化しながら
この雑誌を育てていきたいと思います。

まずは、ぜひご一読をお願いします!

2014年11月30日 (日)

特製カレンダー付きBikeJIN1月号、あす発売!!

H1_3

いよいよ明日から12月。

今年もあれこれ動き回っているうちに
あっという間に1年が終わりつつありありますが、
BikeJINにとってはいろいろ実りの多い
非常に有意義な年でしたね。

さてその2014年最後の号は
(すでに2015年1月号ですが)、
「最近、みんな冬でも走ってるよね」
という編集スタッフの感触から
「冬も走りたい」という特集に。

まさに「今使える」テクニックや
知識が満載ですから、
ぜひお手にとってくださいませ!

71vbqj6wptl_3



そして、ここ数年恒例になっている
「ツーリングカレンダー」が付録です。

美しいツーリング風景の写真が楽しめ、
冬季は雪で閉ざされる山岳道路の
予想開通時期やバイクのビッグイベント開催日など、
バイクライフに役立つ情報も
たくさん表記されています。

来年1年間、重宝しますよ、きっと!

2014年7月27日 (日)

「dマガジン」の予想以上の反響にビックリ!!

D16月後半から始まった
新しいdocomoのサービスが「dマガジン」

月額400円で約80の雑誌が
スマホやタブレットで
読み放題という超お得なサービスです。

弊社もRIDERS CLUB、BICYCLE CLUB、
Discover Japan、趣味の文具箱、
Lightning、2ndの6誌が参加しています。

先日、その購読数などのデータが届き、
予想以上の購読者の多さにびっくり!
しかもまだまだ会員数は伸び続けているそうなので、
さらに購読者は増えるはずです。

D3そしてちょっと驚いたのが、
弊社6誌の中で購読者が最も多かったのは
2ndで、次がLightningだったこと。
電子版販売では常に上位に入る
他の4誌を押しのけての1-2でした。

ということは、
普段あまり電子書籍/雑誌は読まず、
さらには紙の雑誌も読んでいない方々が、
電車の中などでも気軽に読める
dマガジンのサービスを利用している、
とっつきやすいファッション誌2誌を
面白そうだと読んでくれた、
なんていう仮説が成り立ちます。

そうすると、今度は電子版に飽き足らず、
紙の方にも興味を持ってくれる可能性もある。

そう思うと、非常にさまざまな
可能性を秘めたサービスだと
とても興味深く思っています。

2014年6月22日 (日)

月額432円で70誌以上の電子雑誌が読み放題に!

D020日からサービスを開始した、
NTTdocomoの「dマガジン」

docomoIDを持っている方が対象で、
月額400円(税抜き)を払えば、
専用アプリで79誌(6月20日現在)の
電子雑誌が読み放題という驚きの内容です。

D1このサービスに弊社も参加していて、
RIDERS CLUB
BICYCLE CLUB
Lightning
2nd
Discover Japan
趣味の文具箱

D2以上6誌の最新号とバックナンバーが
読めるようになっています。

docomoユーザー獲得のための
コンテンツの充実という戦略でしょうが、
我々側にとっても
いままでうちの雑誌をご存じなかった

D3不特定多数の方に存在自体を
知っていただくいい機会だと思っています。

iOS6.1~7.1かAndroid4.0~4.4の
スマートフォン・タブレットで閲覧可能で、
左の写真は上2点がiPadでの表示、
下がGALAXY SⅢでの見え方です。

これから各携帯キャリアでこういうサービスが
どんどん増えていきそうな気配ですね。

2014年5月29日 (木)

「空飛ぶ本棚」ってご存知ですか?

Soratobu全国に200店舗以上を展開する
日本最大級の書店チェーンの
文教堂さんが展開しているのが
本や雑誌を購入した時に付いてくる
「クーポンコード」を入力するだけで
その本や雑誌の電子版を
「無料」で、「いつでも」、
「どこででも」楽しめる、
というサービスが「空飛ぶ本棚」

つまり、紙(本や雑誌)を買うと
デジタル版も自動的についてきて、
本を持っていなくても
スマホやタブレットで
いつでもその本や雑誌を読めちゃう
という便利なシステムです!

昨年からサービスを開始して、
積極的に対象誌を拡大されていて、
弊社も31日発売のBikeJINから
このサービスに加わります!

担当者の方のご説明によると、
このサービスに加わった本・雑誌は、
軒並み売上を伸ばしているとのこと。

とっても期待していると同時に、
新たなビジネスモデルの反応に
興味津々です!

2014年4月30日 (水)

Honda Bikes2014、本日発売です!!

Hb写真左の休刊号が2008年9月発行ですから、
実に5年半ぶりにHonda Bikesが復活です!!

諸事情により残念ながら休刊にいたりましたが
(編集長として初の休刊誌でした)、
昨今のHondaの大攻勢を見るにつけ、
いまいちど、復刊できないかと
関係各位と相談を重ねていました。

「2014年版」という単発モノではありますが、
それが見事に実現したわけです!

本誌の目次ページにも書かせていただきましたが、
一度休刊(事実上の廃刊が通常です)した雑誌が、
再びみなさんのお手元に届くなんて、
非常にまれなケースです。
それが実現できたことは、
多大なるご協力をいただいた
HMJさん、本田技研さんをはじめとした
関係各位のおかげと心から感謝しております!

休刊号の表紙を飾っている清成選手は、
今年からBMWでBSBに参戦ですね。
時の流れを感じずにいられません……。

ホンダファンのみなさん、
本当にお待たせいたしました!!

ぜひぜひお手にとって、
ご購入をお願いいたします!!

2014年4月 6日 (日)

Honda Bikes2014、期待してください!!

Hondabikes

             

24bit014月30日に6年ぶりに発行する
「Honda Bikes2014」。

諸々の理由から無念の休刊をしましたが、
最近のホンダの攻勢を見て、
「いつやるの? いまでしょ!」(古い……)
ということで、この春、待望の復活です!
単発MOOKとしてですが。

とはいえ、毎年恒例にしていきたい、
させていただきたいと思いますので、
皆様のご支援お願いします(つまり買ってください!)。

で、ボクの担当パートが、
ホンダ二輪事業本部長の青山さん、
HMJ社長の井内さん、そして
この4月から二輪R&Dセンターの
責任者兼HRC社長に就任した野村さん、
上記3人のキーパーソンに
現在と未来のホンダを語ってもらう企画。

一昨日、井内さんのインタビューをしに、
HMJ本社に伺いました。

考えてみれば、井内さんのインタビューは初めてで、
いつも馬鹿話で(笑)盛り上がっていますが、
真面目な話だけするのはかつてないこと。

座るや否や、質問する前から
澱みなくさまざまなことを
井内さんは一気に語ってくれました。

まあ、途中、あまりに経営的な話が多くて、
「プレジデントの取材じゃないんですけど……」
と、突っ込みを入れたくなりましたが(笑)、
とにかく熱く熱くホンダを語る井内さんは
やはり卓越した経営者です!
おまけにバイク大好きだしね。

絶好調ホンダをぐいぐい引っ張る
井内さんのホントの本音が読めるのは、
4月30日発売の「Honda Bikes2014」
だけですよ!

2014年2月21日 (金)

「超分かりやすい」LINE本、いかがですか?

Line日本で5000万人、
全世界では3億5000万人が
登録ユーザーとなっているという
無料コミュニケーショアプリのLINE。

携帯メールよりも手軽だし、
なにより海外との電話も無料なので、
ボクも最近、頻繁に使っています。

先日は、モナコ在住の原田哲也さんとも
LINEで今年の活動の打合せを
数十分しました(でも、タダ!)。

とはいえ、メッセージや電話以外にも
LINEの機能はたくさんあるらしいのですが、
ついつい覚えるのが面倒で……。

というボクにもピッタリの本が
2月25日(火)に発売になる
この「5000万人のためのLINE便利帳」。

もっと便利にLINEを使いこなしたい人
必読の一冊ですよ!

2013年12月13日 (金)

BOSCHに電子制御技術の取材に行ったら……。

Bosch1BikeJIN次号の取材のために、
横浜にあるボッシュさんに行ってきました。

次号の巻頭特集は
「2014年バイクライフこれが流行る」。

来年流行りそうなさまざまなコト、モノや
バイクライフにかかわる大きな変化などを
ドーンとご紹介する予定ですが、
ライダーのミスをバイクがカバーしてくれる
電子制御技術はどこまで進化するかなどを、
100万台を超えるバイクのABSを生産してきた
トップメーカーであるボッシュさんに
お聞きしてきたのです。

非常にためになる、面白い取材で、
詳しい内容はBikeJIN2月号を
ぜひぜひお楽しみなのですが、
ちょっとしたサプライズがひとつ。

Bosch2ボッシュさんの敷地内に入ったら、
なんとドゥカティジャパンさんのトラックと
ドゥカティが数台あり、人が集まっていました。

顔見知りのスタッフの方に聞いたら、
現在、ドゥカティの各モデルは
ボッシュ製ABSを採用していることもあって、
ボッシュさんの社員の方に
ドゥカティを購入していただくために
出張セールスをしにきたとのこと。

「へー、そんなこともするんだ」と
メーカーさんはいろんな販売努力をしていることに、
ちょっと感銘いたしました。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR