RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

2010年6月22日 (火)

二輪駐車場のライブカメラ増設へ!

Park二輪用駐車場の設置費用の助成や、
駐車場検索サイト「S-PARK」
運営などを行っている、
東京都道路保全公社が、
二輪駐車場へのライブカメラ
導入を進めています。

リアルタイムで混雑状況が見られたり、
駐車中の自分のバイクの様子が分かったりと、
利用者には好評とのことで、
これまでの3カ所に加えて、
7月1日から6カ所を追加設置
することに決めたそうです。

6月13日のこのブログで、
駐車場の利用促進について書きましたが、
ライブカメラが設置されると
それが駐車場の付加価値となって
利用者が増えるかもしれませんね。

こういう試みは
どんどん行って欲しいものです。

2010年6月13日 (日)

駐車中のバイクにこんなカードが!

P1 先日、御茶ノ水の裏道を歩いていたら、
駐車しているバイクのハンドルに
左のようなカードが
ブラ下がっていました。

そこは駐車禁止なのでしょうが、
バイクがズラーっと停まっていて、
「駐車禁止」を告げるステッカーも
同時にバイクに貼られていました。

駐車場不足の解消のため、
2年前からMCJCというグループ
P2 いろいろな活動をしていますが、
最近、会合でいつも話題になるのが
どうすればライダーに駐車場を
もっと使ってもらえるかです。

いままで、目的地のすぐ前に
バイクを停めていたライダーにとって、
離れたところにある駐車場は
理想的な駐車スペースではない
ということも理解できます。
とはいえ、せっかく出来た駐車場も
誰も使わなければ
いつかなくなってしまうでしょう。

じゃあ、どうしたらいいんだろう、
という堂々巡りの議論になります。

とはいえ、駐車禁止が
全面的に解除されない限り
(それはきっと不可能でしょう)、
あるいはヨーロッパや台湾のように、
路上に駐車スペースが
設置されない限りは、
四輪と同じく駐車場に停めるのに
慣れるしかないんですよね。
もちろん、より便利なところに
二輪用の駐車場を設置してくれるよう
求めることも必要です。

それにはやはり、
いまある二輪用駐車場を
多くのライダーが活用することが
もっとも必要なことだと思います。

2010年4月 5日 (月)

やっぱり「停める場所がない!」んですね……

先日、小田原駅から
電車に乗る用事があり、
駅まではバイクで行きました。

駅について停めるところを探したら、
クルマの駐車場はあるけれど、
バイク用がどこにもない!

Kanban_2 グルグル回りながら、
やっと見つけたのが
西口にある駐輪場。

自転車とバイクの月極めで、
時間貸し(1回200円)も
受け付けていました。

Space 停めたところは
写真のようにデッドスペースを
活用(?)した場所でしたが、
ないよりはずっとマシ。
なにより、受け入れようという
気持ちが感じられましたからね。

とはいえ、
二輪駐車場の整備状況の悪さを
久しぶりに実感しました。

先日、警察庁から各県警・警視庁に対し、
二輪駐車違反取締りの緩和と、
二輪用駐車場の整備に向けた
働きかけの促進、
路上有料パーキングの設置の検討などが
通達されましたが、
行政側が積極的に動く以外に、
現在の状況の改善は期待薄です。
ですからこの通達が
効力を発揮してくれることを
大いに期待したいものです。

なぜ、小田原まで電車に乗りに行ったかは
また今度お伝えすることにします。

2007年12月13日 (木)

バイク駐輪場が会社横に建設中!

えい出版社の管理部門や販売部・営業部、そしてこのブログを含めたネット関連の事業を統括している関連会社のサイドリバーが入っているビルは、田園都市線用賀駅のまん前にあります(ボクたち編集部門は、環状8号線の東名・東京インター近くのビルです)。

そして、そのビルの道を挟んだ向かい側に、現在、大型バイク用駐輪場が建設されています。

Park写真のように、料金メーターを兼ねたポールが立っていて、そこにロックをつなげるような構造。

20台分のスペースが確保されています。

代金、完成日時などは不明ですが(スミマセン、調べてないだけです……)、すごく喜ばしいことだと思いますね。

Kanban_2施主は世田谷区ということですから、公共施設ですね。

やはり、自治体が積極的にこういうことをしてくれないと、バイク乗りはお金を払って駐車したくても出来ないという状態がいつまでも改善されずに続くだけです。

機動力が高く、省エネ、省スペースと過密都市には非常に有用なバイクが、駐車場がないために都心に入って行きにくい乗り物になってしまっています。

こんなにガソリンが高騰しているんだから、省エネのためにバイクに乗りましょう! って言いたいところなのに、駐車スペースがないことがちょっとネックになってしまいますよね。

Parkingということで、以前も書きましたが、 いまNMCA日本二輪車協会が募集しているバイク駐車場の確保と拡大を要望する署名にゼヒご協力をお願いします。

ウェブサイトhttps://www.nmca.gr.jp/voice/signature_200710.phpにアクセスして名前と住所を書くだけととっても簡単ですから。

2007年11月15日 (木)

駐車場増設の署名にご協力を!

Parking いま、NMCA日本二輪車協会がバイク駐車場の確保と拡大を要望する署名を募っています。

下記のウェブサイト

(https://www.nmca.gr.jp/voice/signature_200710.php)

にアクセスして名前と住所を書くだけととっても簡単ですから、ぜひ署名をお願いしたいと思います。

昨年6月からバイクの路上駐車も厳しく取り締まられるようになり、バイクの駐車違反の取り締まり件数は1年間で40万件に激増しました(それまでは年間10万件未満)。

実際、身近にも駐車違反のキップを切られたライダーは結構います。

でも、それも当然といえば当然。

だって、バイクを停められる駐車場って本当に少ないんですから。

ボクも、駐禁が厳しくなってから、特に都心に行く際はバイクを使わなくなりました。

渋滞にハマってもいいから、駐車場を何とか見つけられるクルマにしちゃいます。

たまに、「こんなところにバイク駐車場ができたんだ」と思うこともありますが、絶対数でいえばまったく足りていないのは明白です。

また、この駐禁強化の影響か、軽二輪の登録が前年比25%も減少し、あんなに街中でいっぱい走っていたビッグスクーターの数も減っているように感じます。

渋滞緩和にもなるし、省エネにも貢献するバイクが結果的に都心から締め出されることになるなんてまったくおかしな話です。

少しでもこの状況が改善されるよう、ライダーが一致団結して行動しないといけないようです。

まずは、署名からスタートしませんか?

2006年4月 3日 (月)

バイクの駐車場は?

趣味のポータルサイト「サイドリバー」がオープンしました。えい出版社発行の各バイク誌の編集部ブログなどもご用意しましたので、ぜひちょくちょく、いやいや1日に1回は訪れてくださいね。

今朝の朝日新聞の一面のトップ記事は「短時間でも駐車違反」。6月からの道路交通法改正で駐車違反の取り締まりが民間に委託されると、ごく短時間でも駐車違反のキップが切られることになるという内容でした。

特に繁華街などでは、今までのようにちょっと停めて用事を足してなんてケースでも駐車違反となってしまうのですが、公営・民間の駐車場が用意されているクルマは並んで待っても駐車場に入れるようにすればいいわけです。ところがバイクは、駐車場そのものがほとんど用意されていません。ということは、休日に繁華街にバイクで出かけて行くということが、場所によっては事実上不可能になるケースがでてくるでしょう。

停めるにもたいしてスペースが要らず、クルマに比べれば渋滞の原因などにもなりにくいバイクですが、道交法の改正により途端にとっても不便なものになってしまいそうです。

そもそもバイクは、駐車施設を整えることで都市における道路交通の円滑化を図ると定めた「駐車場法」(http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32HO106.html )の対象外で(四輪と原付バイクが対象)、6月の道路交通法改正を受けて先頃バイクも対象にしようという意見が出てきたところです。言ってみれば、バイクには駐車場に関する法律がなく、その存在を無視されていたようなものです。

しかし、ご存知の方も多いと思いますが、昨今は繁華街でバイクが駐車違反を適用され、ワッカをはめられるケースが相次いでいます。おそらく、6月からはうっかり停めようものならあっという間にキップを切られる事態が続出するでしょう。でも、駐車場は(ほとんど)ありません……。

改正道交法試行まであと2カ月。「取り締まりを強化するなら駐車場を作れ!」と声を上げてみませんか。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR