RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2016年9月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月 1日 (水)

バイクの盗難対策

Photo BikeJIN3月号の第二特集は
「盗難対策」です。

思い返せば、まだバイクの盗難が
それほど問題になっていない頃、
あるイベントを企画していたところ
参加予定者から愛車が盗難に遭ったので
参加できないというメールを
複数もらったことがありました。

その時初めて、ビッグバイクの盗難が
驚くほど増えていることに気づき、
すぐさま当時、編集長をしていたバイク誌で
盗難対策の特集を組みました。

2000年の年末のことです。

調べれば調べるほど、
当時、バイク、特にビッグバイクの
盗難が激増していて、
プロの窃盗団があの手この手で
高価なビッグバイクを盗んでいる事実が
判明してきました。

当時はまだ、いまほどバイクメーカーも
盗難防止に力を入れていなくて、
いまでは標準装備が当り前のイモビライザーも
ほとんど採用されていませんでした。

その特集では、
当時の窃盗団の手口を徹底的に取材して、
とても具体的にその手段を公開、
それを防ぐための手段を掲載しました。

取材を進め、内情が分かってくるにつれ、
こんな特集を世に出したら
窃盗団に報復されるのではと
心配もしたりもしました……。

まあ、自画自賛というか、
身びいきというか、
その特集はものすごく話題になり、
バイクの盗難対策に一石を投じることに
なったと思っています。

だって、当時はリターンライダーが増え始めたころで、
ハンドルロックすらしないで
路上に駐車するライダーがイッパイいたんですから。

現在は、バイク自体も盗まれにくい
装備を採用していますし、
BikeJINで紹介しているような
より効果的な対策グッズや方法が
たくさん用意されています。

とはいえ、やはり愛車を守るのは
オーナー自身なんです。

もしも、万が一を考えて、
盗難対策だけは万全に。

し過ぎ、なんてことはありませんよ!


バイクお勧め案内

  • 初夏!キャンプツーリングだ!BikeJINで行き先を決めよう! NAVITIME ツーリングサポーター RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット 2017 ESS CROSSBOW GASKET ONE BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー ショット・オンライン

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR