RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

« スリッパークラッチのメンテナンス② | メイン | 駅弁好きならずとも楽しめる「駅弁読本」明日発売です! »

2011年8月 9日 (火)

スリッパークラッチのメンテナンス③

クラッチプレートとバスケットを
交換した効果はすぐに体感できました。

まず、スタート時のクラッチをつなぐときから
明らかに違いました。

そういえば、いままでは結構気を使って
丁寧にクラッチをつないでいたかも。
交換したら、スルっとイージーに
スタート→加速してくれます。

さらに、クラッチ周りからの音が
格段に静かになりました。
これは48Teethになって動きが緻密になったのと同時に、
バスケット自体のガタがなくなったのも
大きいのだと思います。

シフトアップ・ダウンの際も
非常にスムーズでショックもなく、
いままでより気持ちよく走れます。

特に別状はないなんて思っていましたが、
交換前・後での違いの大きさに
正直ちょっと愕然。

メンテを怠っていたツケが
いっぱい溜まっちゃっていましたね。

モトコルセさんでは
スリッパークラッチのメンテは
3~6カ月スパンで行うことを
推奨しているとのことですので、
装着している方はちゃんとやりましょうね。
ボクも今後は心を入れ替えて
ちゃんと3カ月ごとにやるつもり。

それと、Economy Kitを装着している方、
耐用距離が経過したら
ぜひ48Teethタイプにしてみてください。
さらに使用感がアップして、
より気持ちよく走れますよ!

ちなみに耐用距離ですが、
コレは非常に個人差(使い方による差)が大きく、
7、8000km~2万kmくらいとのこと。

ボクはスリッパークラッチを装着後も、
癖でシフトダウンの際に
スロットルをあおって回転を合わせていたので、
通常よりももちがよかったようです
(ちょっとウレシイ)。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR