RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月29日 (金)

MV AGUSTAジャパンのウェブサイトがオープン!

Mvagusta MV AGUSTAジャパンのウェブサイトが
リニューアル・オープンしました。

http://www.mv-agusta.jp/

先日、発表されたばかりの
F4RRやF3Serie Oroの詳細な写真と
解説などもいち早く掲載されている
フルラインナップ紹介に加えて、
カスタムパーツやオフィシャルウエアの
カタログがダウンロードできたり、
MV AGUSTAの栄光の歴史が分かる
ヒストリーページがあったりと
MV AGUSTAファンならずとも
楽しめる内容になっています。

また、MV AGUSTAジャパンの
イベントやキャンペーンなどの
最新情報もリアルタイムで
更新されるということ。

さらに、サイトの内容自体も
随時アップデートしていくというので
ぜひ「お気に入り」に登録して
楽しんでくださいね!

2011年7月28日 (木)

「ワケあり盲腸線探訪」が楽天ブックスで1位に!

Mocho BikeJIN編集部が制作した
「ワケあり盲腸線探訪」という
7月22日に発売になった鉄道書籍が、
現在、楽天ブックスの鉄道書籍ジャンル
「一番売れている本」になっています!

Mochohyou1 「盲腸線」なんて聞きなれない言葉ですが、
簡単に言うと、メイン路線から派生して
数駅で終わってしまうような
非常に短い路線のこと。

ただ、それが計画どおり途切れたのではなく、
本当はもっとずっと長い路線に
なる予定だったのが、
なんらかの「ワケ」で
極短路線になってしまっていたり……。

この本は、そんなワケありの盲腸線を訪ね、
その路線の様子を詳しく紹介し、
盲腸線の不思議な魅力を
読者に伝える内容となっています。

鉄道ファンはもちろんのこと、
そうじゃない方も楽しめる内容ですし、
ひょっとしたらアナタのおうちのすぐ近くの
あの路線が「ワケあり盲腸線」として
掲載されているかもしれませんよ!

2011年7月26日 (火)

ライダースクラブ9月号、明日発売です!

1 明日27日はライダースクラブの発売日。

6月6日に起こったアクシデントのあと、
ほぼ休まず編集作業に没頭していた
編集スタッフたちも
いまはちょっと一段落の感じです。

そして、この号から新たなパワーとして
元HRCワークスライダーで、MotoGP解説でおなじみの
宮城光さんが登場してくれることに。
さらに、一昨年のマン島TTレースに出場した
伊丹孝裕さんもほぼ常駐スタッフとして
編集作業に加わってくれています。

4 新たな体制でリスタートした最新号は、
最近、注目を集めている
スポーツツーリングタイヤに着目。
とにかくハイグリップタイヤ一辺倒だった
スーパースポーツモデルですが、
最新スポーツツーリングタイヤは
ライフやウエット性能に加えて、
グリップ性能が大幅に向上し、
スーパースポーツモデルへの装着率も
急上昇中とのこと。

そこで、実際に最新の5モデルを
CBR600RRに装着してテストしました。

2 この特集に加えて、
宮城さんが今もっとも気になると言う
ドゥカティ・ディアベルに試乗してのレポート、
タマ不足になるほどの人気を集めている
カワサキ・Ninja1000の最新情報、
5 さらにライダースクラブらしい
深い内容が注目を集めている
「R/Cインプレッション・スペシャル」は
スズキ・GSX-R600/750をピックアップ。

まあ、とにかくライダースクラブは
元気イッパイに楽しい内容で
これからもお届けしていきますので、
まずは最新号の9月号を
ぜひご一読くださいね!

最後になりましたが、この9月号から
ライダースクラブの編集長を
務めることになりました。
これまでどおり、いや以上に、
よろしくお願いいたします!

2011年7月21日 (木)

tucicaの会員が5000人に!

Tucica 既にご存知の方も多いと思いますが、
BikeJINがサポートするSNSの「tucica」。

いま確認したら、会員数がちょうど
5000人になっていました!

基本的に完全登録制で、
会員以外はアクセスできず、
開設初期などの特別なとき以外は
フリー登録は滅多に行っていないので
登録には会員の招待状が必要と、
結構ハードルを高くしているのですが、
毎日のように編集部のアドレスには
「会員登録希望」のメールが届きます。

そうやってて、コツコツ積み上げて
スタートから1年半で5000人になりました。

こんなにたくさんの方が会員になるなんて、
正直思いもよりませんでした。

なかなか締め切り作業が進まなくて
グタっとしていたのですが、
いまとっても元気をもらいました!

BikeJIN読者を中心とした
バイク乗りだけで構成される
バイク乗りのためのコミュニティサイトが
tucicaです。

ご興味を持たれて
会員登録を希望される方は
bikejin@ei-publishing.co.jpまで
件名に「tucica会員登録希望」と書いて
メールをお送りください。
編集部から招待メールをお送りします。

ただし、今週末はBikeJINも締め切りなので、
レスポンスが悪いかもしれませんので、
その点はあらかじめご了承くださいね。

2011年7月15日 (金)

MVアグスタ・F3セリエオロの価格発表!

F3serieoro1 昨日、発表された
MVアグスタのF3セリエオロ。

たったいま日本での価格が
発表になりました!

F32 来春登場予定で
セリエオロが315万円(税込み)!

そして、STDのF3が
149万円(税込み)です!

まだ資料をちゃんと読んでいませんが、
セリエオロは200台限定生産。
欲しい方は急いで
お近くのMVアグスタ・ディーラー
予約したほうがいいですよ!

磐梯吾妻スカイラインが明日から無料開放!!

Banndaiazuma たったいま知ったのですが、
明日16日土曜日から、
福島県の絶好のワインディングロードである
「磐梯吾妻スカイライン」、
「磐梯山ゴールドライン」、
「磐梯吾妻レークライン」の観光有料道路が、
11月15日(火)まで(冬期閉鎖前まで)、
無料開放されるそうです

さらに、磐梯吾妻スカイラインの
「浄土平駐車場」も無料開放!

これは福島県への観光客増加を狙ったもので、
このほか会津若松の鶴ヶ城など
109の施設で割引なども
行われるそうです。

4月の末に浄土平駐車場の休憩所で
「東京からですか。ありがとうございます!」
と、何度も何度も言っていただいたのを
思い出しますが、
やはり今年は観光客が少ないんですね。

実は、そのとき感じたのは
この3つの観光有料道路は
結構料金が高いなぁということ。
3つ全部走るとバイクだと2310円、
クルマだと3230円もかかります。
まあ、あの絶景を楽しみながら
走れるなら納得もしますが……。

Bandaiazuma1 せっかくの無料化、
いわゆる大盤振る舞いですから
この機会にぜひ走りに行きましょう!
本当に素晴らしい道ですから、
「来てよかったぁ!」と
絶対に思うはずです!

この夏は、福島・磐梯吾妻に!

この際、東北方面の有料道路の無料化も
とっとと実現して欲しいですが、
いまの政治状況じゃね……。
嘆かわしいことです。

2011年7月12日 (火)

モンスター1100EVO、日本仕様も100馬力のまま登場!

001 いま発売中のドゥカティマガジン(Vol.60)で、
アラン・カスカートさんが
「モンスターは20年でついにここまできた!」と
その確実な進化を高評価した
モンスター1100EVOが発表されました。

P2 空冷Lツイン史上、最強の100hpエンジンと
ディアベルと同様の右2本出しマフラー、
そしてABSとトラクションコントロールのDTCの
両方を同時に装備する始めてのモデル等々、
話題満載の1100EVO。

気になる馬力は
イタリア仕様と同じ100hpのままで、
価格はなんと139万円と
かなりお買い得になっています。

発売日は9月17日ですが、
7月18日にツインリンクもてぎで開催される
ライディングパーティ
展示されることになっています。

1100EVO見たさに、
ライパにお申し込みなんか
いかがですか?(笑)

2011年7月 9日 (土)

スマホ用グローブがまたまた登場しました!

6月22日のBLOGで、
指先に電導糸で刺繍を入れて
スマートフォンの操作が可能な
シンイチロウアラカワの
グローブ
をご紹介しました。

Photo_7 その1週間くらいあとに
Nプロジェクトさんに行ったとき、
「こんなのできたんですよ」と
教えていただいたのが
coocase タッチスリットシステム
・メッシュグローブ
です。

Photo_8 これ、つまりは親指と人差し指に
スリットが設けられていて、
指先だけツルっと露出できます。
で、2本の指先で
スマートフォンのタッチ操作が可能という
Photo_9 アイデア商品なのです。

前にも書きましたが、
グローブをしたままでは
スマートフォンのタッチ操作ができず、
グローブをいちいち外す煩わしさがあります。

特に、ナビやインカムと
スマートフォンをペアリングする場合、
グローブをはめたあとに
ペアリング作業がまだだったことに気付くと、
猛烈な後悔をすることもしばしば。

そんな事を解消してくれて、
しかも5040円というリーズナブルプライス!

ツーリングに使うなら
甲部分のプロテクターなどが欲しい気もしますが、
(プロテクター付きも考えているそうです)
通勤や街乗りならコレで十分でしょう。

新しいモノができると
バイクギアもどんどん
新しくなってくるモンですね!

KTMが作った「ミネラルウォーター」

Ktm1 先日、打ち合わせで
KTMジャパンさんに行ったら
「新商品があるんですよ!」
と言いながら出してくれたのがコレ。

商品名は、何なんだろう……?
「KTMミネラルウォーター」かなぁ、
とにかく「水」の500mlボトルでした。

Ktm2 ちゃんと南アルプスの伏流水を使用していて、
販売者も「KTMジャパン株式会社」と
ラベルに入っています。

とはいえ、販売するというよりも
イベントなどの際に
お客さんにお配りするためのもの
なんだそうです。

確かに、夏場のアウトドアのイベントには
飲料水は欠かせませんからね。

「BikeJIN水」とか
「ライダースクラブ・ウォーター」
なんていうのもいいかもと思ったけど、
ロット数が半端じゃなく多かったので
断念しました……。

KTMさんのイベントに行った際に
アナタもぜひ1本!

こんなものを作っちゃうなんて、
ノリのいい会社ですね~。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR