RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« ナップス前橋、明日オープンです! | メイン | いま、トップケースがキテます! »

2010年10月10日 (日)

鈴鹿サーキットのコントロールタワー

今日、鈴鹿サーキットで開催された
F1グランプリを見ていて思い出しました。

昨年、改修されて最新鋭のコースに
生まれ変った鈴鹿サーキットですが、
ボクが初めて訪れたのは今年の鈴鹿8耐。

改修後にプレス向けの閲覧会があったり、
その後もさまざまなレースが開催されたのですが、
都合が合わずに1年以上
行っていませんでした。

で、8耐のときにその旨を話すと
モビリティランドの方が
いろいろ案内してくれて、
レースを司るコントロールタワーにも
連れて行ってくださいました。

Camera いやー、ビックリしました!
このカメラの数は驚きでした!!
しかも、すべてハイビジョン録画が可能だそうです。
つまり、いつでもハイビジョンの
レースDVDが制作できちゃうんです。

もちろん、主目的は安全性と
円滑なレース運営のためで、
これだけカメラの数が多ければ
コース上で起こったことは
ほぼすべて瞬時に把握できることでしょう。

なかなかこういうことは
一般のお客様には伝わりませんが、
レースを楽しんでいただくために
運営サイドはさまざまな努力と工夫を
日夜考え、実行しているんですね。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR