RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

ヘルメットの技術基準が改正されました

前にこのブログで
「ヘルメットのデザインが変わる?」
というタイトルで書いたのですが、
(http://blog.sideriver.com/nomurasblog/2010/02/post-7403.html)
ヘルメットの技術基準が5月に改正され、
従来は日本国内では認可されなかった
帽体に段差(凸凹)のあるヘルメットも
新たに設定された試験に合格すれば
国内販売が可能になりました。

この法改正でどうなるかというと、
これまで欧米で販売されていながら、
日本では認可が受けられなかったモデルも
新しい検査に通りさえすれば
販売ができるということ。
そして、今回の法規制は
欧州の基準に合わせる方向なので、
ヨーロッパで認可されているモデルは
大概は試験に合格する
→国内販売可能、ということです。

ひとつの例ですが、
日本のヘルメットメーカーであるSHOEIには
欧米向け専用モデルがあるのですが、
それらのモデルも販売可能になります。
また、ヨーロッパメーカー製の
帽体に凸凹がある=デザイン性が高いモデルも
輸入・販売されることになりそうです。

Xr1100 ちなみにそのSHOEIはこの改定を受けて、
左の欧米向けモデルの国内仕様を
7月下旬から発売すると
早々と発表しました。
上のフルフェイスはXR-1100、
下のオフロードモデルはVFX-Wで、
どちらもデザイン性に優れていて
Vfxw 欧米で人気の高いモデルだそうです。

今年の秋口くらいから、
これまで雑誌やネットでしか
見たことのなかったヘルメットが
用品店に並びそうです。

2010年5月25日 (火)

天皇・皇后両陛下が箱根登山鉄道に!

昨日の朝日新聞夕刊に、
天皇・皇后両陛下が
初めて箱根登山鉄道に乗車された
という記事が掲載されていました。

Testudo 箱根登山鉄道といえば、
4月20日に発売した
「鉄道ひとり旅 ふたり旅」

両陛下がお乗りになった
箱根登山鉄道を巻頭特集で
徹底的に紹介しています。

改めて箱根登山鉄道に
興味をもたれた方に絶対のオススメです!

両陛下はお乗りになる前に
お読みいただけたかなぁ。

2010年5月24日 (月)

30日日曜日は浜名湖のワイズギアクラブミーティング!!

Shugo1 一昨日、デイトナテストコースで開催された、
「DAYTONA 森町・静岡茶ミーティング」は
絶好の天気もあって、
大勢の方が来場されました。

前回はデイトナとBikeJIN
コラボイベントでしたが、
今回は閣外協力(?)ということで、
モンちゃん(多聞恵美さん)が総合MC、
ボクはそのモンちゃんと一緒に
ボディプロテクターの紹介と
お決まりのじゃんけん大会!

Shugoそして、たくさん来てくださった
会員制コミュニティサイト・tucicaの
メンバーの方々との記念撮影などなど、
主催者じゃなかった分、
参加者の方々とのコミュニケーションを
図ることができました。

また、用品のアウトレットセールや
JMCA認定マフラー装着車両の試乗会など、
多くのお客様がイベントを楽しんでいました。

そして、次は30日日曜日に浜名湖で開催される
「ワイズギアクラブミーティング」
「tucica会員限定ミーティング」を
開催いたします!

ミーティングといっても、
ただ会場内のどこか(まだ未定)に
tucica会員だけで集まって、
携帯ログイン画面提示の方には
ステッカーをプレゼントして、
そして記念撮影を行う
(BikeJIN8月号に掲載します)
っていうだけですが、
いつもはウェブ上で交流している
会員同士が実際に出会えるという
またとない機会です(これで3回目)。

一昨日のデイトナイベントでも、
お客さんの10分の1くらいは
tuccicaメンバーと思われるほど、
たくさんの人が集まって
尽きることのない会話を楽しんでいました。

肝心の集合場所ですが、
9時40分から開催される
じゃんけん大会の際に、
MCのモンちゃんがステージで
「tucica会員の方は、
じゃんけん大会終了後にココに
集合してください!」と
呼びかけることになっています。
なので、9時40分には会場に
必ずいてくださいね!

イベントの詳細は下記リンクをご参照。
http://www.ysgear.co.jp/mc/event/clubmeeting/index.html
平忠彦さんと一緒に走れる
パレードもありますから(要エントリー)、
tucica会員の方、会員以外の方も
ぜひぜひお出でください。
もちろん、ヤマハ車以外での
参加もOKですよ!

当日までにtucica会員になりたい! という方は、
現在、発売中のBikeJIN6月号、
P132をご参照ください。

2010年5月18日 (火)

D-Store YOKOHAMAがいま狙い目ですよ!

Gaikan 今日、打ち合わせで
初めてD-Store YOKOHAMA
行ってまいりました。

数多くの有名テナントが入っている
みなとみらいにある
横浜ワールドポーターズの1階で、
お店から赤レンガ倉庫が見えるという
絶好の立地。

Tennai_2 店内も広々としていて、
レーシングスーツから
レザージャケット&パンツ、
ファブリックのジャケットに
ブーツやシューズ、
各種プロテクターまで
あらゆるダイネーゼアイテム
たーっぷり揃っていました。

Discount_2 しかも、現在は店内奥のスペースが
ディスカウント品の
特設コーナーになっていて、
昨年モデルのメッシュジャケットから
レーシングスーツなどまでが
30~50%オフで販売されていました。

期間限定で、売切れ次第終了とのことなので、
今この機会にD-Store YOKOHAMAを
訪ねてみてはいかがですか?

2010年5月 7日 (金)

デイトナの「イージートーク」その②

Easytalk2 「イージートーク」
タンデムで使ってみました。

お互いのボディの
スイッチを入れるだけで、
すぐに会話が可能になるのは
本当に便利でした。
従来のクールロボだと、
いつもはソロユースばかりなので
久しぶりにタンデムやペアで使うとき、
どうやってペアリングするんだっけ、
なんて迷うことがしばしば。

その点、これは単機能なので
迷いようがありません。

音声も雑音が少なくクリアで、
高速走行中も法定速度内なら
ライダーの声がパッセンジャーに
ちゃんと聞こえたとのこと。

ただ、スピーカーがひとつだけなので、
スピーカーの位置を
ちゃんと耳の位置に合わせないと
聞き取りにくいことがありました。
位置合わせは丁寧に
行ったほうがいいです。

それと、電池の持ちですが、
通常のアルカリ電池だと
3~5時間ということで、
終日のツーリングなら、
新品の電池+予備を持ちたいですね。
ボクは、行きに1本、
帰りに1本、
計2本(×2)のアルカリ電池を
使用しました。

ただ、使用する電池によって
使用可能時間はかなり異なるようで、
オススメはエネループなどの
充電式ニッケル水素電池とのこと。
これだと6~7時間が目安だそうです。

とはいえ、バッテリー切れになっても
すぐに交換・購入できる
乾電池式だから安心です。

2台でのツーリングの際などは
通信範囲が100mということですが、
こちらはまだ試せていません。
BikeJINで、近々テストを
してもらおうと思っています。

ブルートゥースインカムが欲しいけど、
2個セットで買うとなると
かなりの出費で……、
と迷っていた方々には
2個セットで2万4150円という価格が
かなり買う気になるのでは。
タンデムでも、2台のツーリングでも、
インターコムがあると
楽しく、そしてとっても便利。
これも、一度使ったら……、
の類のアイテムです!

2010年5月 6日 (木)

デイトナの「イージートーク」その①

Easytalk1 デイトナから新しく発売された
無線方式のインターコムが
「クールロボ・イージートーク」

現在、無線方式のスタンダードである
ブルートゥース方式ではなく、
ZigBeeという通信方式を採用しています。

というのも、
乾電池で使用できることに
プライオリティをおいたからだそうです。

実際、デイトナが発売していた
ブルートゥースインカムのCOOLROBOは、
単4電池1本で使用でき、
ボクはそこが一番気に入っていました。

だって、もしツーリング途中で
バッテリー切れになっても
コンビニなどがあれば
そこで電池を買えばOK。
そんなフレキシブルな性能が
非常に便利でした。

単4電池1本で使用できることに加え、
イージートークの大きな特長は、
ペアリング済みの2台1セットで
販売しているということ。
ユーザーにとって
結構面倒なペアリング作業が
一切不要なのがいいですね。

ただ、このイージートークは、
ナビや携帯電話などと
通信することはできません。
つまり、純粋に1対1で会話をする
インターコム機能のみ。
用途を絞り込むことで、
1セット2万4150円という
リーズナブルな価格を実現しています。

つまり、会話のほかに
音楽を聴いたり、
ナビの音声案内を聞いたりなど
複合的に使う人向けではなく、
タンデムや2台でのツーリングなどで
使用するのに最適なのです。

実際、箱から出して
2つのヘルメットに装着して、
電池を入れてスイッチをONにしたら
もう会話が可能です。
これは簡単!

いままで、なんとなく
無線インカムは設定が面倒そうだと
敬遠していた方などには
もってこいの商品です。

(この項続く)

2010年5月 5日 (水)

こんな写真が……

Hikaru 昨日、ベランダに置いてある
物入れを掃除していたら、
こんな写真が出てきました。
いやー、懐かしい!

20数年前の写真ですが、
これ、誰か分かりますか?

当時の超人気ライダーです。

解答は数日後に……。

2010年5月 4日 (火)

SP忠男のPURE SPORT ctをFORZAに装着

BBikeJIN読者のような人に
ピッタリのデザインにしたよ!」
SP忠男のOさんがそう言っていた
FORZA用のカスタムマフラーが
PURE SPORT ctです。

A 低回転から非常にトルクフルで、
ドライブモードでスポーツモード並みの
力強い加速力を発揮するのに加え、
サイレンサーエンドに
丁寧な切削加工が美しい
アルミビレットのキャップを組み込んだ
大人っぽいデザインが特徴。

話を聞いてすぐに手に入れて、
付けよう付けようと思っている間に
あっという間に1年以上が経過。
先日、久しぶりにメンテナンスした際、
やっと装着しました。

これまでもSP忠男の
タイプ・サイレント・バージョン
装着していたのですが、
明らかに排気音が変わりました。
ctはより低く野太いサウンドで、
それでいてうるさくは感じません。
出力特性自体に大きな変化はありませんが、
単気筒エンジンにはつきものの
アフターファイアが幾分減ったような。
しかし、なによりトグロを巻いたエキパイ、
手の込んだエンドキャップがカッコいい!

このPURE SPORT ctは、
主要ビッグスクーターに用意されていて、
FORZA用は8万9250円。
もちろんJMCA認定品です。

そそう、マフラーといえば、
何度もここで書かせてもらった
新騒音規制が4月から施行されました。
政府認証のカスタムマフラー以外は
違法マフラーになるということが
新たに決められました。
ただ、今回、ボクが付けたマフラーは
JMCAの認定品ですが、
政府認証マフラーではありません。

そう、バイクの製造年月日によって
規制が適用されるか否か分かれていて、
2010年4月1日以降に生産されたバイクに
カスタムマフラーを装着する際は、
政府認証マフラーじゃないとダメですが、
ボクのFORZAのように
2010年4月1日以前の生産車は、
これまでどおり
近接排気音量が規制にパスしていれば
(FORZAは排ガス規制適用も必要)
安心して装着できるんです。
つまり、JMCA認定品なら大丈夫なんですね。

結構ややこしい新しい騒音規制ですが、
ただいま発売中のBikeJIN6月号
規制についてとっても詳しく
解説した記事を掲載しています。
気になる方は、
ぜひご一読ください!

2010年5月 3日 (月)

アライ・MZを試してみました

オープンフェイスヘルメットの
チーク部分の帽体を伸ばして、
フルフェイスと同等の
衝撃吸収能力を確保した
システムパッドを装備したのが
アライのMZです。

Mz 昨日、往復で約400kmの行程で
初めて使用してみたのですが、
わずか数cmほお~アゴ部分にかけて
帽体が伸びただけで
なんとも装着感が変わりました。
フルフェイス並み、とまでは言わないものの
従来のオープンフェイスとは
明らかに印象が異なります。
より「守られている」っていう
そんな感じでしょうか。

確かに保護面積が広がっていますから、
言ってみればそのまんまの感想なのですが、
明らかに「いい感じ」でした。

違和感も特になく、
視界が狭まるようなこともなく、
ちょっと新しいかぶり心地。

これからオープンフェイスを
購入しようとしている方は、
ぜひショップ等で
試着してみることをお勧めします。

2010年5月 1日 (土)

軽二輪の自賠責保険切れにご注意を!

ボクの乗っているホンダ・FORZAは、
オイル交換の時期がくると
ウォーニングランプが点灯して
知らせてくれます。
距離は1万kmです。

4月の半ば頃に点灯し、
ようやく29日に近所にある
ホンダドリーム練馬
オイル交換をお願いしました。

ついでに、久しぶりに
12カ月点検(全然12カ月じゃないけど)
もお願いして、
今日、作業が終了して
受け取りに行ってきました。

点検作業中に、パーツ交換が必要な箇所が
いろいろ見つかったのですが、
それよりも冷や汗が出たのは
自賠責保険が4月イッパイで
満期になっていたこと。

ショップのスタッフが
ナンバープレートのシールを見て
気が付いてくれたのですが、
もしこのタイミングで整備に出さなければ
絶対に自分では気づかなかったはず。

定期的な点検って
やっぱり絶対に必要ですね。
そう痛感しました。

バイクお勧め案内

  • BikeJIN × Coleman CAMP STARTINGSET 2018 バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット2018 ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR