RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« こうなったら、思い切って二輪の高速料金を全線無料化に! | メイン | 軽二輪の自賠責保険切れにご注意を! »

2010年4月29日 (木)

ETC装着はいまがチャンス!?

民主党の高速料金政策が
二転三転していることもあり、
現在、二輪用ETC機器の需要が
激減しています。

確かに、現在検討されている
全日一律上限料金制になると
マイレージサービスも廃止されて、
四輪に比べて割高な
二輪用ETC機器を装着するコストは
ユーザーにとって
かなりの負担になることは確かです。

とはいえ、ETCシステム自体は
バイクにとっては非常に有益で、
この上なく安全・快適であることは
間違いないでしょう。

料金所で一旦停止の必要がないETCシステムは、
バイクにとって数多くのメリットがあります。

まず、停止する必要がないので
停止・発進という
バイクに乗車中、もっともリスクの高い
緊張する瞬間を回避できます。

また、雨の日に濡れたグローブを外して
高速券を取り出して
さらにお金を支払ってという
ものすごく面倒な行為も
必要なくなります。
そして、そんなときに、
高速券が折れていたり濡れていたら
読み取りに手間がかかって
大きな時間ロスをすることも。

可能性は少ないですが
ETC/一般ゲートであれば、
ETCを装着した後続の四輪に
追突される危険性もはらんでいます。

上記のメリットと、
装着に必要なコストを天秤にかけて
どっちを取るかということですが、
ボクは迷わずETC装着をお勧めします。

装着するETC機器や車種にもよりますが
費用は3万円~5万円程度。
確かに結構な金額ですが、
ライディングを快適にする
カスタムパーツと考えたら
納得できる金額ではないでしょうか。

Product_fig_153 この春には、
いままで日本無線しか参入していなかった
二輪用ETC機器マーケットに
ミツバサンコーワというメーカーも
一体式で加わっていますし、
先日、担当者にお会いした際には
セパレートタイプも検討中とのこと。
「独占」ではなくなったことで
二輪用ETC機器自体の
価格の引き下げも期待できるかもしれません。

いまはどのバイク用品店でも
在庫がたっぷりあるようですから、
装着するならいまがチャンス
かもしれません。
セールの目玉にしている
お店もあるようですよ!

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR