RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月29日 (木)

ETC装着はいまがチャンス!?

民主党の高速料金政策が
二転三転していることもあり、
現在、二輪用ETC機器の需要が
激減しています。

確かに、現在検討されている
全日一律上限料金制になると
マイレージサービスも廃止されて、
四輪に比べて割高な
二輪用ETC機器を装着するコストは
ユーザーにとって
かなりの負担になることは確かです。

とはいえ、ETCシステム自体は
バイクにとっては非常に有益で、
この上なく安全・快適であることは
間違いないでしょう。

料金所で一旦停止の必要がないETCシステムは、
バイクにとって数多くのメリットがあります。

まず、停止する必要がないので
停止・発進という
バイクに乗車中、もっともリスクの高い
緊張する瞬間を回避できます。

また、雨の日に濡れたグローブを外して
高速券を取り出して
さらにお金を支払ってという
ものすごく面倒な行為も
必要なくなります。
そして、そんなときに、
高速券が折れていたり濡れていたら
読み取りに手間がかかって
大きな時間ロスをすることも。

可能性は少ないですが
ETC/一般ゲートであれば、
ETCを装着した後続の四輪に
追突される危険性もはらんでいます。

上記のメリットと、
装着に必要なコストを天秤にかけて
どっちを取るかということですが、
ボクは迷わずETC装着をお勧めします。

装着するETC機器や車種にもよりますが
費用は3万円~5万円程度。
確かに結構な金額ですが、
ライディングを快適にする
カスタムパーツと考えたら
納得できる金額ではないでしょうか。

Product_fig_153 この春には、
いままで日本無線しか参入していなかった
二輪用ETC機器マーケットに
ミツバサンコーワというメーカーも
一体式で加わっていますし、
先日、担当者にお会いした際には
セパレートタイプも検討中とのこと。
「独占」ではなくなったことで
二輪用ETC機器自体の
価格の引き下げも期待できるかもしれません。

いまはどのバイク用品店でも
在庫がたっぷりあるようですから、
装着するならいまがチャンス
かもしれません。
セールの目玉にしている
お店もあるようですよ!

2010年4月22日 (木)

こうなったら、思い切って二輪の高速料金を全線無料化に!

高速道路料金の上限料金制、
昨日、見直すことになったのに、
一夜明けたら見直さないことに……。

この迷走ぶりはなんなんでしょうね。
あきれるのを通り越して、
悲しくなってきました。
こんな政治が平気で行われている国に
暮らしているなんて……。

担当の大臣が見直さないと
公言したのですから、
きっと上限2000円案で決まるのでしょうね。
結局、総合的には
実質値上げのイメージで
新料金制度が始まると。

こうなったら、
先日、全国オートバイ共同組合連合会
通称AJが民主党幹事長に陳情した
高速道路無料化の社会実験として、
ETC装着二輪車の高速道路料金を
全線無料化にするという要望を
受け入れたらどうでしょう。

クルマに比べて
使用者数が圧倒的に少ないバイクですが、
全線無料化はそれなりの
インパクトがあるはずです。
財源もそれほど必要ないでしょうし。

さらに、この国には
1000万人強の二輪車保有者がいます。
その大部分は有権者ですから、
民主党支持者が増えるかもしれません。

思い切ってやってくれないかなぁ。
マニュフェストも一部実行
っていう事実もできるしね。

2010年4月19日 (月)

「鉄道ひとり旅 ふたり旅」 From BikeJIN編集部

Testudo BikeJIN編集部が制作にかかわった
まったく新しいスタイルの鉄道旅の本
「鉄道ひとり旅 ふたり旅」
20日火曜日に発売されます。

鉄道マニア対象というよりも、
鉄道を使って旅する人のための本で、
もちろん鉄道そのものの紹介も
しっかりと載っていますが、
旅をより楽しむための
駅周辺の食・宿・お土産情報や、
車窓から見える景色の詳細な解説、
その土地ならではの特色といった
ものも
たっぷりと盛り込んでいます。

そう、「鉄道」を「バイク」に置き換えると
BikeJINの誌面構成とほぼ同じなんですね。

制作母体は、数多くの鉄道本を手がける
天夢人というプロの編集集団で、
そこにBikeJINのスタッフも加わって
これまでの鉄道の本にはなかった
テイストをたっぷりと盛り込みました。

鉄男に鉄子、そして子鉄・ママ鉄、
撮り鉄に乗り鉄など
鉄道人気は高まっていますが、
既存の本はどうしても専門性が強く、
なかなかその世界に入りにくい人もいます。
このあたりもバイク専門誌に似ていますね。

誰もが気軽に読めて、楽しめて、
そして鉄道旅の思いを馳せ、
行ってみたくなる……。

巻頭特集は、「箱根登山鉄道」で
わずか37分でたっぷり旅情緒が味わえる
日本屈指の山岳鉄道を完全ガイド。

サティとシゲコ(隠れ鉄子らしい)が訪ねる
「鉄道博物館」のレポートもあります。

書店でサイドリバーでぜひぜひチェックしてみてください。

ご家族で鉄道旅を、
なんて思っている方は
必見ですよ!

2010年4月18日 (日)

速報! もてぎ日本GPが延期になりました

4月25日に決勝レースが
開催される予定だった
ツインリンクもてぎで開催される
日本GPが延期になりました。

理由は、いま欧州中を
大慌てにさせている
アイスランド火山の噴火です。

今週前半には
バイクを含む機材をエアで
日本に送り込まなければいけないのに、
ご存知のように欧州各国の
エアポートは閉鎖中。

実質的に開催は不可能と判断したIRTAが
決定を先ほど下したそうです。

中止ではなく延期ということで、
10月3日に開催することも
同時に決定されたようですが、
その詳細はまだ未確認です。

楽しみにしていた方は残念ですが、
自然現象ですからいた仕方ありませんね。

ということで、
週末の予定がポッカリ空いてしまいました……。

2010年4月15日 (木)

CB1100が大人気ですね

Cb11003月はじめに発売された
ホンダのCB1100のセールスが
絶好調のようです。

3月だけでも300台くらいの登録があったとか、
すでに2000台以上の受注があったとか、
いま注文しても納車は6月だとか
巷間いろいろ言われています。

先週の土曜日のこと、
平さんのイベントを終えて
東名高速で東京に戻ってきて、
東京インターから環8に出るところで
東名方面に向かう白いCB1100を目撃。
そして、会社から帰宅する際、
気づいたらボクの前を
CB1100が走っていました。
それも色は白。
結構、若い感じの方でした。

やっぱり売れてるんだな~と
実感した次第ですが、
この間の袖ヶ浦ライパに
先導車として持って行ったら
そこでも大注目だったし、
いろんなタイプのライダーが
気にしているんですね。

バイクらしいスタイル、
速く走らなくても気持ちよさそうなところ、
ゆったりしたポジション、
そして空冷エンジンの美しさなど、
今の時代に求められるキーワードが
タップリ詰まった一台ですもんね。

6月4日には、
ちょっとハンドルが低めにセットされた
タイプⅡもリリースされるし、
大ヒットモデルになってくれそうです。

いま発売中のBikeJIN5月号では、
表紙のバイクがCB1100、
「旅ヂカラ拝見」でも
CB1100の魅力に迫っていますよ!

2010年4月11日 (日)

平さんトークイベント

昨日、ヤマハコミュニケーションプラザ
開催させていただいた、
平忠彦さんのトークイベント
「双天の路 BikeJIN読者ミーティング」は
たくさんの方にご参加いただきました。

時間の許す限り
質問でもなんでもOKですよと、
平さんがおっしゃってくださって、
予定の時間を大幅にオーバー。

しかも、
85年の鈴鹿8時間耐久レースで
ポールポジションから出遅れた一件は、
「さすがのケニーさんも緊張していたようで、
セルボタンじゃないところを
一生懸命押していた」
なんて秘話まで飛び出しました。

トークショー終了後は
平さんにサインを求める
長蛇の列がいつまでも途切れず……。

参加してくださったみなさん、
そして平さん、
ご協力いただいたヤマハさん、
コミュニケーションプラザさん、
本当にありがとうございました!
(イベントの模様は次号BikeJINで)

2010年4月 9日 (金)

キャンプイベント、参加者募集中です!

Moto_pu_coleman2010_01 現在、ウェブ限定で販売している
コールマンジャパンさんと
BikeJINがコラボして企画した、
バイクに積載しやすい
コンパクトなテントやシュラフ、
調理用グリルや収納用バッグが
一式セットになっていて、
これさえあれば誰でも手軽に
キャンプツーリングに出かけられる
「キャンプスターティングセット2010」。

キャンプ用品店で
山ほどあるキャンプグッズを前に、
どれにしようか……なんて迷わずに済み、
しかも非常にお買い得な価格で
購入することができるという
人気商品なのです。

販売3年目となる今年、
せっかくキャンプセットを
みなさんに購入していただいているので、
実際にその道具を使ってみることのできる
キャンプイベントを計画しました。

「キャンプファーストチャレンジ2010」
というこのイベントは、
コールマンジャパンさんのご協力をいただき
6月5、6日の1泊2日で
PICA富士西湖で開催されます。

定員は50名で、今日から
コールマンジャパンさんのウェブサイト
応募が始まっています。

応募方法や開催内容の詳細も掲載されていますので、
まずは下記サイトをチェックしてください!

http://www.coleman.co.jp/event/etc/first_2010.html

ご応募お待ちしています。

2010年4月 5日 (月)

やっぱり「停める場所がない!」んですね……

先日、小田原駅から
電車に乗る用事があり、
駅まではバイクで行きました。

駅について停めるところを探したら、
クルマの駐車場はあるけれど、
バイク用がどこにもない!

Kanban_2 グルグル回りながら、
やっと見つけたのが
西口にある駐輪場。

自転車とバイクの月極めで、
時間貸し(1回200円)も
受け付けていました。

Space 停めたところは
写真のようにデッドスペースを
活用(?)した場所でしたが、
ないよりはずっとマシ。
なにより、受け入れようという
気持ちが感じられましたからね。

とはいえ、
二輪駐車場の整備状況の悪さを
久しぶりに実感しました。

先日、警察庁から各県警・警視庁に対し、
二輪駐車違反取締りの緩和と、
二輪用駐車場の整備に向けた
働きかけの促進、
路上有料パーキングの設置の検討などが
通達されましたが、
行政側が積極的に動く以外に、
現在の状況の改善は期待薄です。
ですからこの通達が
効力を発揮してくれることを
大いに期待したいものです。

なぜ、小田原まで電車に乗りに行ったかは
また今度お伝えすることにします。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR