RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月29日 (金)

千葉県の某倉庫に新型GSの大群が!

Gs 千葉県某所にある倉庫の中、
新型GSが写真のように
ズラリと並んでいます。

これから、一部パーツの装着と、
各部の点検を行って、
ディーラーへ出荷される車両です。

「あれ? 輸入車って、
箱詰めのままディーラーに
着くんじゃないの?」
そう思った方もいるでしょう。

そう、ほとんどの輸入車は
海外の工場で生産された後、
木枠+ダンボール製の箱に入れられ、
船に詰まれて日本の港に着き、
箱にはいったまま
全国各地のディーラーへ
出荷されるのが常識でした。

ところが……。

今年からBMWジャパンは、
すべての車両を専用の工場で
箱開け→組み立てを行い、
完成車の状態で
ディーラーに出荷しているのです。

今回、その現場を取材してきました。

詳しくは、2月15日発売の
BMWボクサージャーナル
レポートしますけれど、
実は、ただ完成車で
出荷するだけではなく、
もっとユーザーにメリットのある
さまざまな施策を
BMWジャパンは考えているのです。

2010年1月15日 (金)

ZIM+BAのジーンズにビックリ!

今週は寒いですね~。

昨晩、会社を26時、
つまり午前2時に出て
ムルティストラーダで
環八を自宅に向かっているとき、
四面堂交差点にある温度計の表示は
ナント「1度」! 

てことは、
体感温度は確実に
マイナスですね……。

Pants その極寒の中で、
驚くべき性能を発揮したのが
ZIM+BA「WIND STOP DENIM PANTS」。

出発前にオーバーパンツを履こうか
迷った挙句に履かずにいたのですが、
このジーンズは確実に
寒さと風を防いでくれました。

ゴアテックスの防寒グローブ+
グリップヒーターで武装した
指先はジワジワとかじかんできたのに。

もう1年以上履いていて、
防風・防寒効果の高さも知っていましたが
こんなに優れていたなんて、
ホントに驚いてしまいました。
(今までは、寒そうだと用心して
オーバーパンツを履いていた……)

冬のライディングに
1本持っていると
とっても重宝しますよ!

2010年1月 2日 (土)

ムルティのユーザー車検④

新年あけましておめでとうございます。

今年も弊社発行の雑誌や書籍のご愛読、
そして主催イベントの応援等々、
よろしくお願いいたします。

ムルティストラーダの
ユーザー車検レポートですが、
バタバタしているうちに、
なんと年越ししてしまいました……。

早速、締めのレポートに
入りたいと思います。

前回は、検査を済ませて、
車検場を出て、
バルブを交換しようと
しているところまででした。

バルブの色を統一すると言っても
(今回はハイで光軸検査を受けたので
ロー、つまりHID側をホワイトに
しなければいけない)、
HIDのホワイトバルブは手元にないし、
仕方ないのでディーラーに電話して、
通常のバルブを貸してもらい
それを装着してもらって
再び車検場に向かいました。

車検場に行ってラインに並ぶと、
先ほどの検査官は見当たりません。

とりあえず、近くにいた検査官に
事情を説明すると
ヘッドライトの色を確認して、
合格のハンコをくれました。
あまりに簡単だったので
ちょっと拍子抜け……。

しかし、午前中には
楽に終わるはずだったのに、
すでに時間は午後1時半を
過ぎていました……。

ここのところ、
不況の影響かユーザー車検が増えていて、
それに伴い、検査も厳しくなっている、
そんな話を聞きました。

バルブの件についても、
検査項目については
現場の検査官の判断に
委ねられることが多く、
「ダメ」と言われたら
絶対に変わらないんだよね、
なんて声が圧倒的でした。

しかし、なぜ2年前はよくて
今回はダメなのか……。
まあ、2年前も本当は
ダメだったのかもしれないけど。

そして、そういう判断が
検査ラインにいる検査官に
委ねられていて、
車検受付では判断できない現状が
問題なのではないでしょうか。

こういう現場判断で
合否が変わってくるような項目は
他にもあるんでしょうかね。
ちょっと調べてみようと思います。

最後に、
店内の模様替えの忙しいときに
ヘッドライト交換をしてくれた
モトギャルソンの坂本メカ、
ありがとうございました!

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR