RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 「おうちで作る郷土ごはん」明日発売です! | メイン | DAYTONA 森町 静岡茶ミーティング with BikeJIN 開催します! »

2009年9月30日 (水)

ホンダの「U3-X」に乗りました!

U3x1 TVのニュースなどでも
ずいぶん取り上げられていた
ホンダの未来のパーソナルモビリティ
「U3‐X」に体験試乗しました!

実は以前から噂で
「ホンダがスゴイものを発表する」
という話を耳にしていました。

そして、発表の日が近づくにつれ、
「二輪でも四輪でもないそうだよ……」
「もちろん三輪でもない……」
なんて話が聞こえてきて、
「じゃあ、一輪? ホント?」
なんて感じになっていたのですが、
実際に目にした「U3‐X」は
まさしく「一輪車」(?)でした。

人型ロボットである
ASIMOの技術を使い、
一輪なのに自立する「U3‐X」。
あまりにも普通に自立しているので
それほどスゴイものに見えませんが、
実際に乗ったらそのスゴさが
実感できました!

U3x2 だって、シートに座って
行きたい方向に体重をかけるだけで
自由自在に動いてくれる、
こんな乗り物は現在、
この地球上に他に存在しません!

アクセルもブレーキもないのに、
自由に動いて、自由に止まれる。
それって、スゴいでしょう!?

そして、試乗した人たちほぼ全員が、
乗っている間中、満面笑顔だった、
その事実が「U3-X」の大いなる可能性を
物語るものだと思います。

とりあえず外部に発表できる
レベルに仕上げることができたので、
お披露目してみようということなので、
販売予定などはまだ白紙のようですが、
10月23日から開催される
東京モーターショーでは
一般公開するとのこと。

残念ながら試乗はできないようですが、
動いているところを見るだけでも
非常に感動することは間違いなしです!

出展者が激減して
寂しくなりそうな
今年のモーターショーですが、
ホンダのこの「U3‐X」を
見るだけでも行く価値があると
ボクは思います。

そして、「U3‐X」に使用されている
自立させるための制御技術は
発進や停止時に不安定になる
バイクにも流用できるはずだと
思っています。

バイクもクルマも売れない時代ですが、
こんな「画期的技術」があるモノなら
だれもが欲しがるに違いありません。

メーカーが頑張って、
買わずにはいられなくなるような
新たな価値を創造してくれることに
大いに期待したいですね!!

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR