RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

超お得なBikeJIN4月号は今日発売です!!

Hyoushi BikeJIN4月号
発売日が1日繰り上がって
今日、2月28日発売です!

その4月号は絶対に見逃せない特大号!

昨年の4月号の別冊付録にした
新製品とベストセラー商品を
多数収録した「銘品大図鑑」の
2009年版が付いているのです!

Meihin 今回は、54アイテムを収録した
オールカラー64ページのボリュームで
お届けいたします!

さらに、女性ライダーに大人気の
シンプソンレディス「Angel Hearts」の
春夏ウエアの綴じ込みピンナップも
付いています!

もちろん、本誌の特集も
絶対に見逃せない内容です。

読者1000人のアンケートをもとにした
「一度は走りたい絶景ロード」のBest10を
美しい写真と詳細な解説で紹介した
読み応えタップリの巻頭特集に加え、
その1000人のアンケートで質問した
さまざまな項目の回答から浮き彫りになった
今ドキのライダー像をご紹介する
「トナリのバイク人1000人調査」は
誰もが興味津々なはず!

内容も付録もこんなに盛りだくさんで
価格はなんと定価の730円!

ホントは特別定価にして
ちょっぴり値上げしたかったんですが、
この不況の折ですから
少しでもたくさんの方が買ってくれるようにと
涙をのんで価格据え置きを決断しました!

BikeJIN本体からはみ出すほどのボリュームの
「銘品大図鑑」が目印の4月号、
ぜひぜひ書店でお買い求めくださいね!!

2009年2月25日 (水)

バイクライフ応援マガジン、取り揃えました!

まだまだ寒い日が続いていますが、
バイクはもうオン・シーズン!

だって、ワールドスーパーバイクは
今週から開幕戦がスタートして(決勝は3月1日)、
ニューモデルの試乗会や発表会の予定も
ガンガン入っています。

となると、ボクらバイク専門誌も
当然、そういうモードに入るわけで、
BikeJINやライダースクラブ編集部も
月刊の定期誌に加えてムックや単行本など
バイクシーズンに合わせた単発の本を
発行するというわけです。

ということで、
我が社のバイクチームはいま
てんてこ舞いです。

通常号にプラスして、
2月は24日に「DUCATI完全ファイル2009」と
「IMPORT BIKE CATALOGUE」を発行しました。

Kanzen 「DUCATI完全ファイル2009」は、
毎年恒例のドゥカティの今年のラインナップに加え、
ドゥカティの世界が全て分かる
いわゆる「年鑑本」です。

今年は、稀に見るニューモデルラッシュを迎えた
ドゥカティのフルラインナップの紹介に加え、
歴代の名車からドカ初心者のためのQ&Aまで、
とにかくドカの世界で迷子にならないように
ありとあらゆる情報を盛り込んでいます。

ドカに興味がある人はもちろん、
ドカユーザーのためのカスタムパーツの最新情報なども
完全収録しています!

ぜひぜひ「完全ファイル」を
お楽しみくださいね!

Import そして、ライダースクラブ編集部が制作した
「IMPORT BIKE CATALOGUE」も見逃せません。

最近、バイク初心者の方も興味津々な
日本で買える外車(輸入車)を完全収録。

しかも、単なるカタログではなく
ライダースクラブらしい
詳細なテストレポートも掲載しています。

外車に興味のある方、
そろそろ外車にしようかなと思っている方、
大型免許を取ったけど何を買おうか迷っている方。

そんな方々に、ぜひ読んで欲しい一冊です!

Rider そして、26日に発売される
趣味の教科書シリーズの最新の一冊が
「ライダーになるときに読む本」です。

この本は、タイトルどおり
いままさにライダーになろうとしている人のための本。

といっても、これから二輪普通免許を取得して
文字通り「ライダー」になろうとしている
正真正銘のビギナーライダーだけではなく、
昔(たとえば、バイクブームの80年代とか……)
バイクに乗っていて、再びバイクに乗ろうとしている方、
結婚や仕事の都合でしばらくバイクから離れていた方、
通勤・通学など実用でバイクを使用していて、
これからは趣味としてバイクを楽しもうと
思っている方々にお薦めの一冊です。

制作したのはBikeJIN編集部。

オトナのためのバイクライフマガジンである
BikeJINが提唱している
一生の趣味としてバイクを楽しむための
さまざまなノウハウが詰まっています。

実はこの本、ボクがどうしても作りたかった一冊です。

いままでまったくバイクと無縁だったけど、
ある日突然バイクに乗りたいと思い、
教習所に通い出す30~40代の人たちが
余計な回り道をせずにバイクライフを
十分に楽しむためのノウハウ本って
恐らくいままで存在していませんでした。

そういう人たちは、バイク選びはもとより、
ショップ選び、ウエア選び、楽しみ方まで、
それまでの人生で培った価値観で判断するはずだし、
生半可なモノでは容赦してくれないんだと思っています。

そんな方々の価値観に合うバイクライフを過ごすための
羅針盤になるような本に仕上がっています。

長くなっちゃたのでこの辺でお終いにしますが、
1人でも多くの方が幸せなバイクライフを過ごしてくださるよう、
ウチのバイクチームの面々は頑張ってくれています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

2009年2月11日 (水)

有馬行夫さんが急逝されました……

Arima長年にわたって
バイクの使用環境改善をメインテーマに
積極的な活動を行っていらっしゃった
フリーライターの有馬行夫さんが、
2月6日金曜日に急逝されました。

二輪業界と行政の橋渡し役として、
また安全運転活動の担い手の一人として
有馬さんは二輪業界の第一人者でした。

ボクも名前とお顔は
もうずいぶん前から存じていましたが、
近しい間になったのは
一昨年のことでした。

BikeJINに有馬さんに連載コラムを
書いていただくことになってからのことでした。

その後、二輪の駐車場不足の問題を
改善しよう考えた業界の面々が集まった
MC-JCという活動もご一緒させていただき、
さまざまなことを教えていただきました。

そのMC-JCの今年初のミーティングが
1月25日に行われて、
終わった後に(珍しく)昼食を
ご一緒したばかりでした。

そのときはとってもお元気な様子で、
新宿西口にできたという
二輪専用駐車場を見に行くねと
おっしゃっていました。

訃報を聞いたのは
6日の午前中。

驚き以外の何物でもありませんでした。

今日、告別式から帰ってきても
実はまだ実感は沸いていません……。

とはいえ、次のMC-JCのミーティングには
有馬さんがいないのが現実です……。

享年63歳。早すぎますね。

有馬さん、
われわれライダーのために
ご尽力ありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

2009年2月 5日 (木)

ナックルバイザーを装着しました!

今年の冬は極端に寒い日があり、
深夜になった帰宅時などは、
気温が0度とか1度なんてことも
たびたびありました。

そういうときに、辛いのは
やはり指先です。

ムルティにもFORZAにも
グリップヒーターが付いていますが、
温まる前に指先が冷えるような
寒い日を何度か経験しました。

そこで、FORZAに新兵器投入!

実に原始的かもしれませんが、
ナックルガードを装着しました。

HMJら発売されているナックルバイザー
品番は0SK-ZX-KSV81、価格は9975円。

Forza1_2Forza2_2Forza3

半透明のスモークタイプの
ポリカーボネイト製で
なかなかスタイリッシュです。

以前から存在は知っていて、
いつか付けよう付けようと思いつつ、
なんとなくそのままになっていました。

しかし、今年の寒さに重い腰を上げ、
ついに装着を敢行(大袈裟!)したのです。

装着はとっても簡単で、
あっという間に作業は完了。

そして、効果はというと、
これが予想以上でした!

なんでもっと早く付けなかったのかと
激しく後悔するほどです。

よほど寒い場合以外は、
グリップヒーターがいらなくなりました!

オジサンくさいとか言う方もいるかもしれませんが、
いいんです、ボク、もうおじさんだから(爆)。

寒くても快適にバイクに
乗れるのが一番ですね!

ムルティにも付けたくなりました(笑)。

2009年2月 4日 (水)

BMWのビッグスクーター!?

いま、ネットにBMWマークをつけた
ビッグスクーターのSCOOP写真らしきものが
ガンガン出回っています。

写真を見ると、なるほど顔はBMWで、
足まわりもBMWのパーツを流用した感じ。

でも、どこかのスクーターに
BMWらしいパーツをくっつけて
合成した雰囲気もあり……。

とはいえ、モデルレンジの拡大を図っているBMWは
オフロード、スーパースポーツに続いて
コミューターも視野に入れているのは
間違いないはず。

本日、校了予定(予定ですよ……)の
BMWボクサージャーナルVol.34に
BMWモトラッド(BMWのモーターサイクル部門)の
新社長・クエンハイムさんのインタビュー記事を
掲載しているのですが、
この中で今後の戦略をかなり突っ込んで
語ってくれています。

そこで、「コミューターも……」
という発言もあるのです。

正直言って、最近のBMWは
何をしてくるか分からないほど
チャレンジングで攻撃的ですから、
このスクーター話も意外や意外……。

ちなみに、ボクはこのスクーターの写真を
モーターサイクルニュース
ウェブサイトで発見しました。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR