RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

その他の雑誌

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 埼玉県の小鹿野町を知っていますか? ⑥ | メイン | 2009年もよろしくお願いいたします!! »

2008年12月27日 (土)

安心してマフラーカスタムを楽しみましょう!

以前から検討されていた
「マフラーの騒音規制」改正内容が
今日、正式に発表されました

6月28日のこのブログ
今回決定された内容を
「案」として紹介していますが、
その「案」のまま、
来年から施行されることになりました。

改正案では、2010年4月以降に生産されるバイクが
市販(カスタム)マフラーを交換する際、
従来までの近接排気騒音に加え、
加速走行騒音もクリアした製品を
装着しなければいけなくなります。

それに伴い、カスタムマフラーは
「登録性能等確認機関」の試験を受けて
加速走行騒音が82dB以下と認定された
「性能等確認済表示」のあるもののみが
適法マフラーと認められることになります。

つまり、これまでは静止状態で排気騒音を計測して
基準値(排気量や製造年式によって異なります)
を下回っていればOKだった市販マフラーが、
「性能等確認済表示」表示のあるもの以外は
違法となることになったわけです。

確かに、これまでよりは法の縛りが厳しくなりますが、
ある意味、爆音を撒き散らす違法マフラーが排除され、
「バイクはうるさい」という概念が
減少することにつながるかもしれませんね。

ライダーのみなさんに覚えておいてほしいことは、
これでカスタムマフラーが
今後もしっかり遵法パーツとして
存続していくということと、
2010年4月生産以前のバイク、
つまりいまみなさんが乗っているバイクは
年式・排気量ごとに定められている
近接排気騒音をクリアしていれば
なんのお咎めもなく装着できるということ。

この「騒音規制改正」の話題が出て以来、
カスタムマフラーへの交換を
敬遠する風潮が蔓延しているようですが、
もういらぬ心配は無用です。

堂々と胸を張って
現状の規制をクリアした
適法マフラーを装着すればいいのです。

適法マフラーか否かは、
バイク用品店で聞けばすぐ分かりますし、
「JMCA」認定品であれば確実に適法です。

いままでマフラー交換を我慢していたライダーの方、
安心してマフラーカスタムを楽しみましょう!

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR