RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« クラシック・ドゥカティ カレンダーが堂々の1位! | メイン | レザージャケット+チェストプロテクター »

2008年11月 9日 (日)

スプロケのボルトが脱落!

ドキっとすることがありました。

Sprocket実は、知らない間に
(点検しないのが悪いのですが)、
ムルティストラーダのリヤスプロケットを
留めている5本のボルトのうち
1本(左上)が脱落していました!

エライこっちゃと、
早速ムルティの主治医である
モトギャルソンで確認してもらうと、
他の4本のボルトも少し緩んでいたそうです。

脱落したボルトの代わりに
径と長さが合うボルトを入れ、
他の4本もネジロックを塗って
増し締めしてもらいました。

構造的に、もし5本全部が脱落しても
すぐにスプロケットが外れることは
ないだろうとのことでしたが、
もし高速走行中に脱落していたら……
と、ちょっと背筋が冷たくなりました。

思い起こせば、最近(も)、
モトギャルソンで診てもらうこともなく、
ほぼノーメンテで乗り続けていました。

ドカの場合は、どうしても振動が多いので
カウルを外したらボルトがポロリ……
なんてことも多々ある話ですから、
スプロケのボルトが緩む可能性も十分にあり。

ドカじゃなくても、
ボルト類は時間の経過とともに
どうしても緩んだりしますから、
気をつけてメンテしなくちゃいけないのに
忙しさにかまけてウッカリしていました。

医者の不養生じゃありませんが、
人には「日頃のチェックをお忘れなく」
なんて言ったり書いたりしているのにね。

猛反省! しなくちゃ。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR