RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

その他の雑誌

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

北温泉に行きました、が……

Bikejin明日発売のBikeJIN1月号の特集は
「冬の温泉 ふたり旅」。

12月号の「一軒宿の温泉」に続いて
2号連続で温泉特集をお届けします。

校了作業の間、温泉の記事を読んでいたら
無性に温泉に行きたくなってきました。

久しぶりの3連休だし、
温泉行こうかな~と思いはじめ、
そこで気になったのが「北温泉」

奥那須にある一軒宿の温泉で
BikeJINでも度々ご紹介しています。

那須でラズベリーファームという
ペンションをやっている友人にも
久しぶりに会うことにして、
週末、北温泉へと向かいました。

ところが……。

那須岳の麓の山岳道路、
那須高原有料道路の料金所で
「チェーン持ってますか?」
と聞かれました。

そういえば、11月には珍しく
その週の中ごろに雪が降ったと
友人が言っていたのを思い出しました。

よく見ると、料金所の先の道路の路肩に
ところどころ雪が残っています。

とりあえず行ってみようと思い
那須岳に向かって登り始めると、
道路にも雪が現れ始めました。

Kitaonsenそして、北温泉への分岐に到着。

温泉に向かう1本道の先は真っ白!

クルマだったし、
チェーンも持っていたのですが、
外気温計はマイナスを表示していて
日が落ちたら凍結しそうだったので
泣く泣く断念。

Iwaburo温泉は、ペンションの岩風呂で
我慢することにしました……。

通常なら12月末までは
チェーンなしでも行けるそうなので、
運が悪かったんでしょうね。

とはいえ、これからの季節、
高いところに行くときは
雪や凍結の有無を
必ず確認しなくちゃいけませんね。

特にバイクの場合は、
少しの雪でも危険ですから。

みなさんもお気をつけて。

2008年11月22日 (土)

中野選手の56design

来シーズンは、アプリリアから
ワールドスーパーバイク選手権に
挑戦することになった中野真矢選手。

Kanban_2その中野選手が今年秋にスタートさせた
ウエアブランド「56design」
来年春夏のコレクションが開催されました。

「Life with motorcycles」をコンセプトに
ライディングウエアからカジュアルアパレル、
そしてスニーカー、時計、ヘルメットなど
さまざまなアイテムが会場に並んでいました。

11月始めには千葉にショップもオープンし、
精力的に展開を見せる中野選手の
新たなチャレンジをぜひ応援してください!

 

Item3_2Item4_2Item2_3Item1_2

 

(上左から)日本製にこだわった 56designのオリジナルボディを使ったアイテムも中野選手のこだわり。リアルカーボンのボタンも使用。まさに「Life  with motorcycles」なのだ。中野選手が着るレーシングスーツのメーカー「SPIDI」とコラボしたライディングウエアもある。タグには 56designのロゴ入り。このオープンフェイスヘルメット(arai製)も56designオリジナル

その中野選手と、会場で少し話をしました。

自身のブランドのスタート、
アプリリア&SBKという新天地、
めまぐるしく環境が変わっている中でも、
彼はいつものように明るく元気でした。

Nakano1「ウエアを持ってるところを撮影させて」
と中野選手にお願いしたら、
「1着じゃなくてもいいですか?」
と言いながら、どれがいいか真剣に探し始め、
お気に入りの2着を持って
カメラに笑顔を向けてくれました。

このコレクションが終わってすぐに、
アプリリアでの初めてのテストのために
ヨーロッパへと向かうという、
相変わらず慌しい毎日を送っているようです。

中野選手がプロデュースする
56designのアイテムは、
千葉のショップと56designのウェブサイトで
購入が出来ます。

56designに興味を持たれた方、
そして中野選手のチャレンジを応援したい!
そう思った方は、
ショップに足を運ぶか、
ウェブサイトをご覧になってください。

Shop

56design
〒260-0042 千葉県千葉市中央区椿森3-3-4
TEL043-445-8856
営業時間 AM11:00~PM7:00(水曜日定休)

2008年11月21日 (金)

充電準備完了!

一昨年の冬のことでした。

ムルティストラーダに乗れない日が続き、
ある日、エンジンを始動しようとしたら
セルがまったく回りません。

結局、自動車のバッテリーとつないで
なんとかエンジンをかけて、
ドゥカティ練馬で充電してもらい
そのときはなんとかなったのですが、
その後、またまた乗れない日が続き、
再び上げてしまったのでした……。

今度は、かなり深刻な状況になっていて、
新品に換えたほうがいいということになり、
バッテリー交換をした経験があります。

しかし、今年は絶対に大丈夫です!

前から付けようと思っていた
デイトナの維持充電器用ソケット
ムルティに装着したのです!

オマケに、デイトナの方が
気を効かせて送ってくださった、
バッテリー容量が目視で判断できる
LEDバッテリーチェッカーも装着!

Checker_4 Conector_3

 

これで、バッテリーが弱ってきたら
トリクル充電器をサクっとつないで
しばらく放って置くだけで充電完了。

Juden_3 Charger_3                        

ただ問題は、自宅の駐輪場に
電源がないことなんですよね……。

どっか電源を探さなきゃ!

Cover ちなみに、11月22日土曜日発売
(発売日が2日早まります!)の
ドカマガ1月号では、
冬のバッテリー対策を掲載しています。

上手なバッテリーメンテの方法から、
便利な充電器のカタログ、
主要モデルのバッテリーの
アクセス方法&取り外し方などを
紹介しています。

そして、メイン特集は
日本初レポートとなる
モンスター1100Sの試乗記を掲載した
「モンスター15年史」です!

ぜひぜひ書店でご確認願います!

2008年11月18日 (火)

東北道と常磐道がつながります

来月の20日に、東北自動車道と常磐自動車道が
つながるって知ってました?

Kukan_map_2008dec この2本の高速道路をつなぐ
北関東自動車道というのがあって、
未開通区間だった
「真央IC]と「桜川築西IC」間が
12月20日土曜日の15時に開通するのです。

開通するとどう便利になるのか。

正直、東京方面に住んでいる人には
あまりメリットはないかもしれません。

でも、例えば、宇都宮に住んでいる人が
茨城方面に行きたいときや、
茨城地方の方が埼玉方面に行きたいときなど
きっと便利になるはずです。

いま、政府・与党が経済対策として
休日は1000円で高速道路乗り放題
なんて言いはじめていますが、
財源云々は置いておくとして、
実現したら素晴らしいですね~。

今後も、各高速道路をつなぐ
バイパス的な高速道路の建設が
たくさん予定されていますし、
渋滞が日常茶飯事の首都高を
通過しなくても地方から地方へと
いけるようになったら
物流がスムーズになって、
新たな経済効果が生まれるかもしれません。

そして、それよりなにより、
ツーリングの際に思う存分
高速道路を使えますよね!

2008年11月15日 (土)

防寒レッグカバーを装着しました!

ヨーロッパのスクーターライダーの間で
大人気なのが「防寒レッグカバー」

腰から足がすっぽり隠れ、
冬でもオーバーパンツいらずの暖かさで、
しかも防水だから雨でもOK、
そして駐車時には汚れ防止にもなる。

このいいことづくめのアイテムを、
今シーズンからデイトナが
取り扱いをスタートしました。

導入にあたってデイトナでは
モニターを募集しているのですが、
ボクもそのひとりに加えてもらいました。

Cover1そして、早速、FORZAに装着しました。

所要時間は約1時間くらい。
不器用なボクでも簡単に装着できました。


Cover2Cover3Cover4Cover5









(写真左から:こんな感じで、腰から足元までをすっぽりカバーします。車体への固定は、布製のベルトで。傷つきの心配はありません。バタつき防止のため、ナスカン付きのベルトをラジエターグリルに固定します。この取付けにちょっと苦労しました。イグニッション部分は、開閉式のフタが付いています)

ちょっと走ってみましたが、
確かに下半身はとってもあったか。

足が出しにくいんでは?
と心配していましたが、
そんなことはまったくありません。

走行中にバタつくこともないので、
高速道路もつけたまま走れそうです。

Cover6これで、オーバーパンツなしで
この冬を過ごせそうです。

←乗るとこんな感じです。
カバーをもっと胸元まで
上げたほうがいいですね。

2008年11月13日 (木)

SHOEIの展示会に行ってきました

日本を代表するヘルメットメーカー、
SHOEIの新製品展示会に行ってきました。

Tenjikai_2

今回の目玉モデルは、ニューモデルのZ-6。

軽量・コンパクトがウリのZ5の進化型で、
さらにコンパクトな帽体になって、
女性に大ウケしそうなモデルです。

さらにすごいのが、新設計のシールドシステム。

クイック・リリース・セルフ・アジャストメント
=「Q.R.S.A.システム」と名付けられたもので、
シールドベースがダブルアクションで動く、
つまり開け始めるとシールド全体が
わずかに前方に移動し、
閉じるときはしっかりヘルメットに密着します。

このシステムの採用により、
上下左右の視界がさらに広がった
新型のシールド「CW-1シールド」が
標準装備されるようになり、
シールドの曇りを防ぐ
ピンロックシートも
シールドの上下いっぱいまで
拡大された専用モデルを用意。

いまの季節には重宝する
ピンロックシートですが、
上の縁が視界に入ることがあり、
ちょっと気になったりするんですよね。

このZ-6からスタートする
「CW-1シールド」と
新型のピンロックシート、
ほかのモデルにもドンドン
採用して欲しいものです。

新型Z-6の発売は09年2月の予定で、
予価は4万2000円(税別)。

プレーンカラー6色から発売を開始し、
グラフィックモデル(予価5万円・税別)は
09年3月から順次発売予定とのこと。

Couture

もうひとつ、注目したいのが、
新たに加わったニューグラフィックの
COUTURE(クチュール)。

キレイなブルーとピンクがベースで、
女性ライダーにピッタリです。

これは、写真のJ-STREAMと
新型Z-6にも設定されています。

価格と発売時期は、
J-STREAMが5月発売予定で
予価4万3500円(税別)、
Z-6も同じく5月発売予定で
予価5万円(税別)です。

来春が楽しみですね!

2008年11月12日 (水)

ピロリ菌除去に大成功!!!!!

以前、このブログにも書いた
「ピロリ菌」除去治療の結果が
ついに出ました!

いや~、めでたい、
見事にピロリ菌を撲滅できました!!

Pirori

0.51という数値が除去できた証明だそうです。

1週間の禁酒・禁煙の甲斐がありました。

ネットなどで調べると、
除去できないケースもあるということで、
もしダメだったらどうしようと、
実は結構、心配していました。

だって、またまた禁酒・禁煙を
1週間以上(二度目は期間が延びるそう)
続けなきゃいけないなんて、
あまりにも辛すぎます……。

ピロリ菌が見事に除去できたことで、
胃潰瘍・十二指腸潰瘍に罹る確率が激減、
胃がんになる可能性も減っているはず
(断言しちゃいけないんだそうです)とのこと。

特に40代以上の方、
ピロリ菌の検査をしてみては
いかがですか?

2008年11月10日 (月)

レザージャケット+チェストプロテクター

最近、グッと寒くなったので
秋冬用のライディングジャケットも
あわてて引っ張り出した人も
多いのではないでしょうか。

ボクも久しぶりに
レザージャケットに袖を通しました。

そこでひとつ問題だったのが、
胸のプロテクターをどう装着するか。

ナイロンジャケットの場合は、
ホンダのボディプロテクター
ドットボタンで装着できるように
ジャケットに装着用テープを
縫い付けるのですが、

さすがに革だと縫い付けられない……。

Protector2そこで、RSタイチがレザースーツ用に
発売を開始したばかりの
「フレックス・チェスト・プロテクター」
(6000円・4mm厚と8mm厚があり)を
使用することにしました。

Protector1ボクが着ている
ZIM+BAのテイラードジャケットもそうですが、
レザージャケットの場合はタイトめに
着る場合が多いと思いますから、
ジャケットを着て、
胸にプロテクターを挟みこんで
ファスナーを上げるだけで
ライディング中にずれることもなし。

4mmタイプなら厚みもほどよく
動きにくいこともありません。

冬はレザーという方は、
ぜひお試しください。

2008年11月 9日 (日)

スプロケのボルトが脱落!

ドキっとすることがありました。

Sprocket実は、知らない間に
(点検しないのが悪いのですが)、
ムルティストラーダのリヤスプロケットを
留めている5本のボルトのうち
1本(左上)が脱落していました!

エライこっちゃと、
早速ムルティの主治医である
モトギャルソンで確認してもらうと、
他の4本のボルトも少し緩んでいたそうです。

脱落したボルトの代わりに
径と長さが合うボルトを入れ、
他の4本もネジロックを塗って
増し締めしてもらいました。

構造的に、もし5本全部が脱落しても
すぐにスプロケットが外れることは
ないだろうとのことでしたが、
もし高速走行中に脱落していたら……
と、ちょっと背筋が冷たくなりました。

思い起こせば、最近(も)、
モトギャルソンで診てもらうこともなく、
ほぼノーメンテで乗り続けていました。

ドカの場合は、どうしても振動が多いので
カウルを外したらボルトがポロリ……
なんてことも多々ある話ですから、
スプロケのボルトが緩む可能性も十分にあり。

ドカじゃなくても、
ボルト類は時間の経過とともに
どうしても緩んだりしますから、
気をつけてメンテしなくちゃいけないのに
忙しさにかまけてウッカリしていました。

医者の不養生じゃありませんが、
人には「日頃のチェックをお忘れなく」
なんて言ったり書いたりしているのにね。

猛反省! しなくちゃ。

2008年11月 6日 (木)

クラシック・ドゥカティ カレンダーが堂々の1位!

Photo_3 先日、このブログでお知らせした
ドカマガ編集部で制作した
2009年版のクラシック・ドゥカティカレンダーが
amazon.comのカレンダー・のりもの部門の
ランキング1位となっています!

順位はコロコロ変わるようですが、
「1位」は「1位」ですから、
素直に喜んどきます!

まだこのカレンダーをご覧になっていない方、
ぜひぜひamazon.comのこちらのページを
ご覧願います!

ついでにご購入いただけると
幸甚でございます(笑)。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR