RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

その他の雑誌

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

COOLROBOの取付け方法が変更に!

今年の売れ筋商品のひとつが
ワイヤレスで会話や音楽が楽しめ、
ナビの音声案内や無線を聞くことが出来る
Bluetooth(ブルートゥース)インカムです。

Headsetボクが愛用しているのは
デイトナが発売している
「COOLROBO(クールロボ」で、
タンデム時のインカムとしてよりも
ひとりで走るときに音楽を聞いたり、
ナビの音声案内を聞いたり、
携帯電話で通話したりという使い方のほうが
圧倒的に多いですね。

ブルートゥースを搭載している機器なら
3系統まで接続が可能で、
非搭載機器もトランスミッターに
有線接続すればOKという使い勝手のよさも
大きなメリットになっています。

ただし、ヘルメットへの装着が
ちょっぴり面倒くさい……。

装着用のネジも小さくてすぐになくしそうだし
(実際、いくつかなくしました……)、
ヘルメットのタイプによっては
付けるのに相当苦労したことも……。

「なんとかしようよ~」と
発売直後からデイトナの担当者の方に
お願いをしていたのですが、
8月出荷分から装着方法が変更されました。

1ヘルメットに取付けるクランプが
スプリングフック式となり、
面倒なネジ止めが不要になったのです。
(*ヘッドセットと取付けクランプはネジ留めです)


2しかも、ヘルメットの帽体と内装の間に
フックを挟み込む方法なので、
大概のヘルメットに問題なく装着できそう。

早速、J-FORCEⅡ&Ⅲ、MULTITECHの
3個のヘルメットに装着しましたが、
どれも簡単・ピッタリ取付けられました。

5そして、とってもうれしいことに、
クールロボをすでに使用しているユーザーさんに、
このスプリングフック式クランプを
無償提供するキャンペーンを実施中!

デイトナの「クールロボ専用サイト」
申し込み方法が掲載されていますので、
ユーザーの方はぜひゲットしてください!

発売後にこういうユーザーサポートを
無償で行う姿勢ってとっても大事ですよね。

デイトナファンがきっと
増えるんじゃないでしょうか。

2008年8月24日 (日)

コインパーキングに停めさせて!

Park1またまた、駐車場のことですが、
先日、朝日新聞の夕刊に、
ガソリン価格の高騰で
コインパーキングを利用する人が
非常に減っているという記事がありました。

パーキング側は料金の引き下げなどの
様々な手段を講じることで、
利用者の減少を防ごうとしているとのこと。

だったら、バイクを停められるように
してくれればいいじゃん! って思いました。

都心にあるコインパーキングは、
恐らくほとんどが二輪はお断りでしょう。

空いていて困っているなら、
停めたくても停める場所がないバイクを
停めさせてくれればいいじゃないですか!

コインパーキングの経営者の方、
ぜひご一考いただけませんでしょうか。

Parking そういえば、通勤路で写真のような
バイク駐車場を見つけました。

四輪用駐車スペースを2つ使用し、
計5台のバイク用コンテナを設置。

ガソリン価格高騰による
クルマ離れが進んでいくようなら、
こういうスタイルでのバイク駐車場が
増えるかもしれませんね。

2008年8月23日 (土)

駐車場問題の二輪誌統一キャンペーン

二輪専門誌の編集長に呼びかけて、
バイクの駐輪スペース不足の問題を
みんなで考えようという意見交換会を
開催したのは7月8日のこと。

ボクもメンバーのひとりである
「二輪車に係わるジャーナリスト有志一同」
の6人が世話役となって開催し、
そこでキャンペーンとして統一ロゴマークを
各誌の表紙に入れることが決定しました。

Campaign_up BikeJINも9月1日発行の10月号から
表紙に左のロゴマークを入れています。

本にも書きましたが、本来は競合誌である
二輪専門誌が共同で行動するというのは、
にわかには信じられないことです。

しかし、それが現実になったということは、
バイクの駐車スペース不足と駐禁取締りの激増が
二輪業界に与えている影響の大きさが
分かるというものです。

このままでは、バイクはなくなってしまうかも、
みんなそんな思いを心のどこかで思っている。
それほど、大都市周辺の状況は悲惨なのです。

だって、都心ではほとんどバイクを見ません!
見てもそれはたまたま通過するだけのバイク、
都心にバイクで出かけても、停める場所がなく
駐車違反の切符を貼られるのがオチなのです……。

機動性が高く、省スペース・省エネルギー、
混雑した都会でも有用な乗り物なはずなのに、
いまや「もれなく不便が付いてくる」、
そんなおかしな話になっているのです。

まずは小さな動きかもしれませんが、
二輪専門誌を見た全国のライダーが
「駐車スペースを作れ!」と
大きな声を上げてくれるのを
心から願っています!

2008年8月22日 (金)

蝉の抜け殻

会社に行こうとして
バイクを停めている駐車場に。

Semi1 ムルティストラーダとFORZAの2台を、
ボディカバーをかけて並べて保管しているのですが、
ムルティのカバーになにやら怪しい物体が……。

そうです、セミの抜け殻です……。

どうやら、ボディカバーは掴まりやすいらしく
この夏も数匹(?)の抜け殻が付いていました。

実は、こういうのあんまり
得意じゃないんです……。
虫系は、どちらかというと苦手。

Semi2 写真を撮って、それをアップで見たら……。

やっぱり苦手でした……。

2008年8月20日 (水)

「HMS体験スペシャル」参加者募集開始しましたよ!

Hms 昨年に引き続き、
今年も「HMS体験スペシャル」
10月12日(日)に開催します!

今年の開催場所は、広大な敷地を誇る
交通教育センター レインボー浜名湖です。

このコースはボクも大好きで、
敷地の外周をグルっと回る周回路があり、
走っていると浜名湖の水面が進行方向に見え、
とっても気分のいいところです。

さて、この「HMS体験スペシャル」ですが、
BikeJINHONDA Bikes、そしてホンダ
コラボレーションで実現したもので、
HMS(ホンダ・モーターサイクリスト・スクール)
は知っているけど、なかなか参加する機会がない、
参加したいけどちょっと躊躇しちゃうなんて人に最適!!

「体験スペシャル」というくらいですから、
HMSとはどんなものかを体験していただくのが目的。

参加してみて気に入ったら、
今度は全国の交通教育センター
開催されているHMSを受講していただきたい、
そんな思いから企画したものです。

とはいえ、1日たっぷり講義を受けられ、
しかもスペシャルプライス&イベントも予定。
オマケに、2誌の誌面にも登場できますよ!!

10月12日当日は、ボクももちろん、
スタッフ総出で参加者の皆さんを
お出迎えする予定です!

誌面で告知したとおり、
20日の午前0時に募集を開始したところ、
すでに結構な数の応募メールが届いています!

うれしいな~、とスタッフは喜んでますが、
参加希望の方は、ゼヒともお早めに
ご応募くださいね!!

2008年8月13日 (水)

イエローデスモがお出迎えのBambino

DUCATI札幌での取材が終了し、
カメラマンのKさんと食事をすることに。

「古いドカがお店の前に置いてある
イタリアンレストランに行ってみませんか?」
とKカメラマン。

ドカのシングルとMHRのオーナーが
経営なさっているんだそうです。

Banbino1そのお店「Ristorante Bambino」の前に着くと、
お~、450イエローデスモとノンデスモ、
MH900Rが確かにガレージに置いてあります。

しかも、その後ろには古いアルファロメオも……。

オーナーの帆足さんは古いイタ車が大好きで、
いつの間にかこの3台が集まっていたとのこと。

ただ、最近はKカメラマンと一緒に
もっぱらモトクロスを楽しんでいて
ドカに乗る時間がなかなかとれないんだそうです。

美味しいパスタをいただき、
バイクやバイク乗りの話で盛り上がり、
とっても楽しいひと時を過ごしました。

この日はすごく涼しくて、
開けっ放しの窓から入る風が心地よく、
このまま札幌にいようかしらん……
なんて気持ちになってしまいました。

札幌に行かれた際、お時間があれば
Bambinoへお立ち寄りになってみてください。

Bambino2■Ristorante Bambino
札幌市中央区北6条西19丁目22番地
℡011-614-3377

2008年8月11日 (月)

どデカイ! DUCATI札幌

行ってきました、DUCATI札幌

ここは2005年4月にオープンした
北海道で唯一のDUCATIストア。

新札幌駅からタクシーに乗り、
国道38号線沿いにあるショップの前に着いて
思わず「デカイ!」と驚いてしまいました!

Gaikan店舗の前に広~い駐車場があり、
その奥にこれまた巨大な社屋が。

総面積は500坪、建坪は250坪という、
間違いなく日本屈指の大きさを誇る
Tennai1ビッグなDUCATIストアです。

11月くらいからマシンの冬季保管がはじまり、
その年の走り初めはゴールデンウイークという
北海道ならではの事情もあって、
Tennai2ショールームの後ろの倉庫はとにかく広い!
200台は収納可能なんだそうです。

店長の砂田さんは、北斗市にお店を構える
老舗・スナダオートのご長男で、
生まれたときからバイクが傍らにある生活をしてきた
筋金入りのBikeJIN。

今回の取材のためにヘアサロンに行って
パーマをかけたとかいう噂(byお客さん)のある、
なかなかキュートな店長さんです。

砂田店長からいろいろお話を聞いたのですが、
北海道唯一のDUCATIストアだけに、
道内をツーリング中のドカ乗りがトラブルに遭うと、
修理や引き上げの依頼がお店に入るんだそうです。

ただ、「釧路にいるんで、すぐに引取りに来てください!」
なんて依頼もごく普通に入るらしい……。

お店のある札幌から釧路までは8~9時間の距離。
いくらなんでも「すぐ」には行けませんよね~。

とはいえ、ストアの責任と使命感で、
トラブルが発生した最寄のショップと連携して
解決策を講じるなどの努力をしているそうです。

北海道をツーリングするドカ乗りの
駆け込み寺的役割も担ってるんですね。

今回の取材では、店長のインタビューに加えて、
カスタム自慢のお客さんにも集まってもらい
「OWNER'S CUSTOM」の撮影も行いました。

お客さんはみんな素敵な方ばかりで
とっても楽しく仕事ができました。

Fumika特に、1098乗りのナース・文華さんの
ドカへの愛情の深さには頭が下がりました。

店長へのインタビュー記事「ドカプロ」は
9月24日発行のDUCATI Magazine11月号に掲載。

カスタムマシンの紹介記事も
11月号から順次掲載していきます!

2008年8月10日 (日)

なぜ、ソフトクリーム?

ライダーって、なんでツーリング途中に
ソフトクリームを食べるんでしょうね?

ここのところ、いろいろなところで
ツーリングの話をしていると、
必ずソフトクリームの話題になります。

ボクはあまり甘いものが好きじゃないんで
積極的には食べないんですけど、
誘われれば付き合っちゃいますね。

普段はまったく食べないのに……。

ちなみに、下の写真は8月のはじめの
BMWバイカーズミーティングに行く途中の
ソフトクリームシーンです。

Softボクのお隣でソフトクリームを食べているのは
某国産メーカー開発セクションの重鎮のお方。

しかし、50オトコが2人して……。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR