RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« HALF CENTURY | メイン | 日曜日は味の素スタジアムへ! »

2008年6月11日 (水)

ボディプロテクター普及活動⑧

胸部のプロテクターを採用する
ウエアメーカーがどんどん増加中です。

Hyod1 まず左は、レーシングスーツで有名なHYOD製の
レーシングスーツ用チェストプロテクターです。

Hyod2 近日発売予定とのことですが、
お願いしてご用意していただきました。

素材はソフトな感じですが、
面積が広くて脇までしっかりカバーしてくれます。

スーツにベルクロで留めるタイプですが、
タイトなスーツに装着するので
ズレることはありません。

レーシングスーツの中にも
ボディプロテクターがトレンドですよ!

Ys1 そして、ついにワイズギアから
ボディプロテクタージャケットが登場!

←前合わせをダブルにして、右側部分にプロテクターを装着。なので、ファスナーを開けても、プロテクターが片側にぶら下がることがありません。価格は2万9400円・S~BL・色は黒のみです

Ys2 以前、このブログでもお伝えしましたが
HMJのボディプロテクターを採用した、
OEM商品第一号となります。

ホンダ製のプロテクターを
ヤマハが採用する……。

まさに「呉越同舟」(?)ですが、
安全性向上のための大英断だと思います。

春夏物はこの1着だけですが、
今後は幅広く展開する予定とのことなので、
ヤマハファンは期待大! ですね。

Maxfritz そして、街着のようなライディングウエアで
オシャレなライダーたちに絶大な人気を誇る
マックスフリッツから登場したのが
MFT-1532 ジップアッププロテクトシャツ。

←価格:1万2600円、色:BLACK、サイズ:レディス S/M 、メンズ M/L/LL

安全に対する意識は高いけど、
いかつい感じはNGの人たちのため、
肩・肘・胸・背中にパッドを内蔵した
オシャレかつ安全性を両立した
インナーウエアです。

こうしたウエアメーカーの努力と工夫が
ボディプロテクターの必要性と認知度を
どんどんアップしてくれるはず。

今後もさまざまな情報を
いち早くお伝えします!

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR