RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« モトーリモーダOPEN! | メイン | 総理大臣替わったんすか? »

2007年9月23日 (日)

おめでとうケーシー! ありがとうロリス!!

Champion もうみなさんご存知でしょうけど、マールボロ・ドゥカティチームのケーシー・ストーナー選手が、モトGPのワールドチャンピオンとなりました!

おまけに、決勝レースはチームメイトのロリス・カピロッシ選手がぶっちぎりで優勝!

もてぎ3連覇という偉大な仕事を成し遂げました!

ランキング1位のケーシーが、ランキング2位のヤマハのヴァレンティーノ・ロッシの前でゴールすれば、残り3戦を残してワールドチャンピオンが決定するという状況で迎えた日本GP。

今日は、午前中から降り続いていた雨がモトGPクラスの決勝レースの前に上がり、路面も乾き始めて、レース途中で各ライダーがピットインしてタイヤをスリックに履きかえるという難しい状況。

そのタフなレースを、ロリスはいち早くピットインしてタイヤを履き替え、その後すさまじい速さを発揮することでレースを見事に制し、ケーシーは落ち着いて淡々と走り抜き、ロッシがマシントラブルで後退したこともあってチャンピオン獲得となりました。

ドゥカティにとって、今日は記念すべき日となりました。

なにせ、世界GPの最高峰クラスで日本メーカー以外のマシンがチャンピオンシップを獲得したのは33年ぶりなのですから。

そして、ロリスも今シーズンを最後にドゥカティを離れスズキに移籍することが決まっています。

まさしく、有終の美を飾ってくれました。

おめでとうケーシー、ありがとうロリス!!

チームだけでなく、全世界のドゥカティに乗るライダーにとって(ボクも含む!)今日は最良の1日になったに違いありません。

そんな中、1人だけちょっと辛い目に(?)遭った人がいます。

それは、ドゥカティジャパン広報担当のデミさんです。

Demi ご覧のように、彼の頭は決勝終了後に見事な丸ボーズになっていました。

なんでも、チームのメカ達とこの日本GPでケーシーがチャンピオンを獲得するかどうか賭けていたんだそうです。

「まさかバリカンを持ってきているとは思わなかった……」というデミさんですが、そう言っている顔も嬉しさを隠しきれない感じ。

髪の毛はすぐに生えるけど、世界チャンピオンは一朝一夕では手に入りませんからね!

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR