RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

« 2007年8月 | メイン | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

中野選手のトークショー

コニカミノルタホンダチームからモトGPクラスに参戦中の、中野真矢選手のトークショーに行って来ました。

場所は新宿にあるコニカミノルタプラザで、ここでは10月1日月曜日まで中野選手の写真展が開催されています。

Talkshowその写真展の会場で行われたトークショーには、抽選で選ばれた90人(応募者は270人!)の中野ファンが来場。

ホンダバイクスでもお馴染みの宮城光さんの司会で、日本GPの話や
ホンダSuit_2バイクス最新号の企画でホンダの市販バイクに試乗した感想、中野選手のプライベート写真の解説などで盛り上がりました。

もちろん、お約束のプレゼントもあり、実際に使用したレーシングスーツをゲットした幸運な方も!

さらに、中野選手にとってうれしいハプニングもありました。

BirthdayCake来月の10日に30歳の誕生日を迎える中野選手に、コニカミノルタプラザがある高野ビルのテナントであるタカノフルーツパーラー特製のバースデイケーキがプレゼントされ、一足早く、たくさんのファンの方々が中野選手の誕生日を祝ってくれました。
(このケーキ、中野選手のゼッケン56はもちろん、愛用のヘルメットまで入る力作! トークショーの後、ボクもご相伴にあずかりました。おいしかった!)

その中野選手、ホンダに移籍した今シーズンはなかなか波に乗れないレースが続いていますが、14日のオーストラリア・フィリップアイランドを含め残り3戦。

せひ表彰台に上がる活躍を見せて欲しいものですし、それを成し遂げる実力を持つライダーだと信じています。

なんと言っても、彼は世界に二十数人しかいない二輪レースの最高峰クラスに参戦するライダーですから、まさに日本の誇りですよね。

みんなで中野選手の健闘を期待し、応援しましょう!

さて、明日は富士スピードウェイで30年振りに開催されるF1日本GPに行ってきます。

交通の大混乱が予想されているようですが、果たして実際はどんな状況になるのか?

そんな野次馬根性込みで観戦してきま~す。

2007年9月28日 (金)

総理大臣替わったんすか?

Minimoto 締切日を1日オーバーした現在(9月28日午前7時21分)、ようやく「Mini Moto完全ファイル」の編集作業が終わろうとしています。

いや~、久しぶりの難産でしたね……。

とはいえ、いまミニモトに個人的にもハマっている中村を中心に作った今回のミニモト完全ファイルは、手前味噌ながらかなりの力作ですよ!

皆様におかれましては、ぜひ書店でお手にとって、そのままレジに持っていっていただいてご自宅でじっくりご賞味いただければと思っています。

「Mini Moto完全ファイル」は10月6日発売です!!

ホンダバイクス11月号→ミニモト完全ファイルと締め切りが連続したホンダバイクス編集部スタッフは、会社で徹夜の日々を数日間過ごしていました。

そのため以下のような会話が。

小川「総理大臣替わったの知らなかったな~」

中村「え、替わったんすか?」

埜邑「誰になったと思う?」

中村「確か、候補が2人いて、そのうちのどっちかだと……」

埜邑「だから誰だよ」

中村「…………」

にわかには信じられないと思いますが、中村は現時点でもいまの日本の総理大臣が誰か知りません。

かくいうボクも、自民党の総裁選挙がいつで、首相指名がいつだったかはっきりと答えられませんでしたが……。

ヤバイ、ヤバイ、そろそろ社会復帰しなくちゃ。

200709280714000

最後の2ページの入稿作業をする中村。何日、家に帰っていないか分からなくなっているそうです。中村の後ろにある「ナカムラ」という怪しい文字は、8日土曜日にツインリンクもてぎで開催される「KAZE スーパーバイカーズミニ」に参戦するチーム・ナカムラのロゴマークらしいです。ヨ×ムラによく似てますね~。それはそうと、今晩からもてぎ遠征の用意をするらしいけど、いったん家に帰った中村が今晩ちゃんと会社に来られるのかどうか……。土曜日、中村が無事もてぎにいたらぜひ激励してあげてくださいね!

2007年9月23日 (日)

おめでとうケーシー! ありがとうロリス!!

Champion もうみなさんご存知でしょうけど、マールボロ・ドゥカティチームのケーシー・ストーナー選手が、モトGPのワールドチャンピオンとなりました!

おまけに、決勝レースはチームメイトのロリス・カピロッシ選手がぶっちぎりで優勝!

もてぎ3連覇という偉大な仕事を成し遂げました!

ランキング1位のケーシーが、ランキング2位のヤマハのヴァレンティーノ・ロッシの前でゴールすれば、残り3戦を残してワールドチャンピオンが決定するという状況で迎えた日本GP。

今日は、午前中から降り続いていた雨がモトGPクラスの決勝レースの前に上がり、路面も乾き始めて、レース途中で各ライダーがピットインしてタイヤをスリックに履きかえるという難しい状況。

そのタフなレースを、ロリスはいち早くピットインしてタイヤを履き替え、その後すさまじい速さを発揮することでレースを見事に制し、ケーシーは落ち着いて淡々と走り抜き、ロッシがマシントラブルで後退したこともあってチャンピオン獲得となりました。

ドゥカティにとって、今日は記念すべき日となりました。

なにせ、世界GPの最高峰クラスで日本メーカー以外のマシンがチャンピオンシップを獲得したのは33年ぶりなのですから。

そして、ロリスも今シーズンを最後にドゥカティを離れスズキに移籍することが決まっています。

まさしく、有終の美を飾ってくれました。

おめでとうケーシー、ありがとうロリス!!

チームだけでなく、全世界のドゥカティに乗るライダーにとって(ボクも含む!)今日は最良の1日になったに違いありません。

そんな中、1人だけちょっと辛い目に(?)遭った人がいます。

それは、ドゥカティジャパン広報担当のデミさんです。

Demi ご覧のように、彼の頭は決勝終了後に見事な丸ボーズになっていました。

なんでも、チームのメカ達とこの日本GPでケーシーがチャンピオンを獲得するかどうか賭けていたんだそうです。

「まさかバリカンを持ってきているとは思わなかった……」というデミさんですが、そう言っている顔も嬉しさを隠しきれない感じ。

髪の毛はすぐに生えるけど、世界チャンピオンは一朝一夕では手に入りませんからね!

2007年9月22日 (土)

モトーリモーダOPEN!

明日はいよいよ日本GPの決勝です!

注目のモトGPクラスの予選順位は、ホンダのダニ、ヤマハのロッシ、ホンダのニッキー、そして年間チャンピオンに王手をかけているドゥカティのケーシーという順番でした。

どうやら、ホンダ+ミシュランタイヤが調子いいようですねぇ。

とはいえ、地元レースで燃えるブリヂストンも、明日の決勝では「この世で1番」くらいのイキオイのタイヤを用意してくるでしょうから、激しいバトルが期待できますね!

こんな結果を見て、もてぎに行けばよかったな~、とちょっと後悔しているのですが、予定通り、ボクは明日の朝もてぎ入りです。

東京は夜遅くから雨という天気予報が気になりますが、ムルティで行きます!

さて、今日はGPに行く代わりに、今日オープンのモトーリモーダ」(東京都中央区銀座8-11-13 エリザベスビル1F TEL03-5537ー8567)に行って来ました。

Shop 以前は、「MOMOデザイNaikanン銀座店」だったこのショップは、従来からのMOMO製品(ヘルメットでおなじみです)のほかに、新たにイギリスの伝統的ブランドの「クロムウェル」、イタリアのタイヤメーカーであるピレリのアパレル ライン「ピレリP-0」なども取り扱っています。

10月1日発売の培倶人11月号でも詳しく紹介していますが、クロムウェルはヘルメットとグローブの展開なのですが、そこはMOMOを取り扱っていたショップですから、そんじゃそこらにあるモノとは違います。

C2

C1_2  特にグローブは、いままでありそうでなかったテイストのものです。

街乗りにピッタリで、バイクを乗らないとき、例えばビジネスシーンで使っても何も違和感がないものです。

バイク=ツーリングではなく、街ではオシャレに乗りたい人、そんなに長い距離は走らないけど乗るときは気持ちいい格好で乗りたい、そんな人にピッタリのグローブです。もちろん、ヘルメットも。

F1クロムウェルだけでなく、置いてあるアイテムがすべてそういうテイストのものばかりの「モトーリモーダ」。

バイクに乗るときもお洒落心を忘れたくない、そんな方はぜひ一度訪ねていただきたいお店です!

←なんと、フェラーリのヘルメットも! もうすぐ発売です!

Hana Omiyage 

←このお店のコンセプトがよーく分かるのが左の写真。普通、新店オープンの際などはお祝いの「お花」が定番。ところが、モトーリモーダは、オリジナルラベルのシャンパンをお花代わりにディスプレイ! しかも、このシャンパンのメーカー名は「フェラーリ」(スペルは違うけど)。ボクもお土産に1本もらっちゃいました!

2007年9月17日 (月)

いよいよ日本GPです!

9月16日に、ポルトガルのエストリルサーキット(新車の発表試乗会もよく開催されるサーキットです)で行われたモトGP第14戦ポルトガルGP

Podium ヤマハのヴァレンチーノ・ロッシがホンダのダニ・ペドロサとの激戦を制して今シーズン4回目の優勝を飾りました。

Burnout 表彰台のロッシ(左:ダニ・ペドロサ、右:ケーシー・ストーナー)。嬉しさのあまりが、なんだかおマヌケな顔。クールダウンラップではとにかく大ハシャギでした!


ご存知の方も多いと思いますが、今シーズンのモトGPクラスは昨年までの上限排気量990ccが800ccに変更され、各メーカーともニューマシンで参戦。

その中で、ドゥカティのデスモセディチGP7とブリヂストンタイヤ、そして今年からドゥカティ・マールボロチームに加入したケーシー・ストーナーのパッケージングが思い切りハマり、第13戦までに8勝をゲット!

もし、ポルトガルGPでケーシーが優勝して、ロッシが6位以下だとケーシーの今シーズンのワールドチャンピオンが決定! という局面を迎えていました。

しかし、今季はマシントラブルなどもありいまひとつ波に乗れないロッシでしたが、そこはかつての最強王者。

そう簡単にはケーシーをチャンピオンにさせない! という強い意志のこもった走りを見せてくれました。

そして、レース終了後のクールダウンラップでのロッシの喜びようは印象的でした。

ヤマハに移籍した2004年のオープニングレースで、誰も予想しなかった勝利を挙げたとき、全身で喜びを表していましたが、ロッシが感情を剥き出しにしたのはあのとき以来かも。

それほど、今回の勝利は嬉しかったんでしょうね。

さてチャンピオン争いですが、第14戦終了時点で1位ケーシーと2位ロッシのポイント差は76。

もし、23日に決勝が行われる日本GP終了時点でケーシーがロッシに75ポイント差をつけることができれば、そこでケーシーのチャンピオンが決定します。

もてぎで決まらなければ、その次はケーシーの母国であるオーストラリアでのGP開催(10月16日・フィリップアイランド)。

ケーシーとしては、一刻も早く決めて楽になりたいと思う半面、母国GPで、という思いもチラチラと頭を掠めているんじゃないでしょうか。

ともあれ、9月23日決勝の「2007 MotoGP World Championship Round15 A-STYLE Grand Prix of Japan」は必見です!

ぜひ観戦&ご贔屓ライダーの応援に行きましょう!!

2007年9月10日 (月)

8日土曜日、埼玉県の大宮ソニックシティで開催された「ドゥカティ大商談会」に行ってきました。

特別金利のローンが適用されるニューモデルや、特別値引きのある型落ちのモデル、そして程度のいい中古車などがたくさん展示されていました。

なんたって、いまドゥカティは「旬」ですよね。

だって、モトGPでケーシー・ストーナーがポイント争いでダントツのトップを快走しています。

このまま波乱なくワールドチャンピオンを彼が獲得すれば、1974年にMVアグスタでフィル・リードがGP500ccクラスのチャンピオンになって以来、日本メーカー以外のマシンに乗るライダーが最高峰クラスのチャンピオンに輝くという快挙を成し遂げることになります。

早ければ、16日のポルトガルGPでもその歴史的な瞬間を迎えそうな状況。

ということで、いま世界的にドゥカティは「アゲアゲ」!なのですね。

M で、その商談会で印象的だったのが、イベントスペースに用意されていた「電動モンスター試乗会」(?)。

モンスターのスタイルをした電動バイクの体験試乗ができるコースがイベント広場に設けられていて、たくさんの子供たちが電動モンスターを楽しんでいました。

その姿を見ていて、「そういえばウチの娘も……」と思い出しました。

確か娘が幼稚園のとき、某所で電動バイクに目を輝かせながら乗っていました。

そのとき、デフォルトで人はみんなバイクを含めた乗り物が好きなんだな~と強く感じたのを覚えています。

でも、環境やさまざまな要因でバイクに乗る人と乗らない人に分かれていく。

それは仕方ないことですが、ここ日本では「3ナイ運動」なんて馬げたことをするから楽しさをしらないまま乗らない人のほうが多くなっちゃうんですよね。

あの日の娘のように、目を輝かせながら電動モンスターに乗る女の子を見ながらそんなことを考えました。

ひょっとしたら電動モンスターに乗ったのがきっかけでバイクのすばらしさ、面白さ、楽しさを覚えた子供がある日、ケーシーのように彗星のようにGPシーンに躍り出る。

そんなこともありえるんじゃないかな~、なんて考えたりして。

結局、ボクが言いたいことはふたつ。

日本メーカー以外のバイクメーカーが、世界グランプリの最高峰クラスのチャンピオンを獲得するという歴史的な快挙がもうすぐ訪れそうなこと。

子供はみんなバイクを含めた乗り物が好き、ということです。

なんだか取り止めがないな~。

2007年9月 6日 (木)

今週末はバイクイベントてんこ盛りです!

夏休みも終わり、秋のバイクシーズンが本格的にスタート!

今週末は各地でイベントが多数行われ、我々バイクチームの編集&営業スタッフは文字通り東奔西走です。

まず土曜日、岡山の岡山国際サーキットでおなじみの「ライディングパーティ」が開催されます。

ここにはボス根本をはじめ、ライダースクラブ一同、ホンダバイクス・小川、培倶人・田中が参加。

200人近いお客様の参加と、多数のショップさんの出展が予定されています。

また、浜松では「スズキミーティングin浜名湖2007」が開催されます。

こちらには、取材とブース出展のため培倶人・藤田/梅沢/渡邊が行きます。

培倶人、ライダースクラブのバックナンバーの販売(購入者にはステッカープレゼント)、「培倶人宣言」の撮影などを予定していますので、培倶人ブースへぜひお立ち寄りください。

そして、埼玉県の大宮ソニックシティでは土日の両日、ドゥカティの新車・中古車の大商談会「Ducati Fair in Saitama 2007」が開催されます。

両日とも、ドカマガスタッフが入れ代わり立ち代わり、取材に行く予定です。

ドカマガブースも出展しますので(担当はサイドリバーの鈴木くん)、こちらもぜひお立ち寄りください。

そのほか、草津温泉では国内4メーカーがバックアップするイベント「2007モトパラダイス関東」が開催され、日曜日には培倶人でお馴染みの平忠彦さんのトークショーがあります。

宮城県のスポーツランドSUGOでは、土曜日と日曜日に「SUGO6時間&3時間耐久レース」が開催され、日曜日にホンダバイクス・小川、ライダースクラブ・高田、さらに営業・疋田、高橋等々が参戦するようです。

ということで、みなさんも今週末はお好みのイベントに参加してみてはいかがですか?

そして、どこかで我々スタッフを見かけたら、ぜひお声かけくださいね。

ボクは土曜日に大宮ソニックシティに行き、可能なら日曜日に草津に行こうかな、と思っています。

2007年9月 1日 (土)

ヤマハ・ドラッグスターミーティングに行きます!

今日の夕方(つまりさっき)、ヤマハ発動機販売のTさんから携帯に電話がかかってきました。

「埜邑さん、今日こちらに入られるってMに聞いたんですが、何時頃になります?」

そう言えば、先日、同じくヤマハ発動機販売のMさんと会ったときに、「みなさんとゆっくり話もしたいし、今度のドラッグスターミーティングは前日から入ろうかな」と話をしていました。

でも、今週の予定が素晴らしくタイトだったんで、前泊するなら改めて電話しますねと言ったつもりだったのです。

わー、悪いことしちゃったと思いながら「ゴメンなさい。あまりにもヘロヘロなんで、明日行くことにしちゃいました」と弁解。

「そうでしたか、いいっすよ!」と明るく許してくれたけど、ホント済みませんでした……。

Ds ということで、明日、信州八ヶ岳・富士見高原スキー場で開催される「Drag Star Meeting」に行きます。

ドラッグッスターのオーナーじゃなくても、ヤマハ車のオーナーの方は大歓迎のイベントですから、明日はツーリングに行こう! と思っていた方、特に予定がない方はぜひ参加しましょう。

天気も大丈夫そうですし、気温も低めで高原の爽やかな空気が楽しめそうですよ!

今年で第2回目を迎えるドラッグスターミーティングですが、昨年の第1回は(何台集まったかは忘れちゃったけど)満員御礼の大成功!

失礼ですが、こんなにドラッグスターユーザーって多かったんだと驚くほどの盛況ぶりだったそうです。

そうです、と書いたのは、昨年は都合が悪くて残念ながら参加できなかったから。

「誕生10周年なんで、ドラッグスターのミーティングをやろうと思うんだよね」とヤマハの方から昨年の春に話を聞き、すごく楽しみにしていたのでとても残念な思いをしました。

という経緯もあり、今年は絶対行こう! と決めていました。

そういえば、先日、白馬で開催されたBMWバイカーズミーティングのキャンプ場で、サドルシートにリヤリジッド風のメーカー不明のクルーザーを発見。

しかもオーナーが女性だったので興味を引かれ「これ何?」と聞くと、「初期型のドラッグスター1100です」という返事が返ってきました。

ドラッグスターは最初に発売された400が大ベストセラーモデルになったのは多くの人がご存知だと思いますが、1100も毎年1000台を超えるセールスを記録するロングセラーモデルなのです。

だから、オーナーの方もたくさんいて、思い思いのカスタムを楽しんでいらっしゃいます。

明日は、そんな数々のオリジナリティ溢れるカスタムDSを見るのも楽しみです。

サドルシートのDS1100に乗る女性もドラッグスターミーティングのことはご存知で、できれば行きたいとおっしゃっていました。

明日、会えるといいな!

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR