RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2007年2月 | メイン | 2007年4月 »

2007年3月21日 (水)

ケミカル用品は偉大です!

編集部にこもって、来る日も来る日も校了作業に明け暮れていた間に、季節はちゃ~んと春になっていたんですね。

昨日、東京都心では全国で3番目の早さで桜が開花したそうです。

Sakuraボクの住む集合住宅の中庭の桜の枝も、ピンクの花をつけはじめていました。

いよいよ明日は培倶人の校了日。なのですが、台風の目状態なのか、忙中閑ありというか、デザインチェックも原稿チェックもないフリーな時間ができました。

だったらノンビリしていればいいのに、ずーっと気になっていたフォルツァの洗車なぞ始めてしまいました。

汚れもそうですが、スクリーンに傷が入ってしまい、早めに消しとかなきゃと思いつつ放ったらかしにしてしまっていたのです。

ボクのフォルツァはCR-1コーティングをしているので、汚れが付きにくく、付いた汚れも水洗いだけで簡単に落ちてくれます。でも、せっかくだからと、編集部から拝借してきた5月号別冊の「nolu」の洗車企画で使い、助っ人・三才が絶賛したデイトナの「シャンプーコート」を使ってみました。

Senshaシャンプー洗車と同時にワックスがけまで出来てしまうという便利ケミカルのシャンプーコートをスポンジにつけ、車体をゴシゴシ。

泡切れもよく、バケツ1杯の水できれいに洗えました。

次は懸念のスクリーンの傷落とし。

これも同じくデイトナの「スクリーンポリッシュ」を使用。

傷に触ると結構深かったので大丈夫かな~と心配したのですが、布につけてゴシゴシ擦ったら、あっという間にきれいに傷が消えました。
Mae_1Ato_1←左から使用前・使用後。写真がへたくそでよくわからないかもしれませんが、左の写真の真ん中やや左に入っていた白い線(傷)が右では見事に消えています

ケミカル用品って、ほんと偉大ですね!

いろいろな人が知恵を絞って、優れたものを世に出しているんだよな~と改めて思いましたね。

時間の節約のためにも、こういうスグレ物をどんどん活用しましょう。

担当する各媒体でお薦めケミカル用品を積極的に紹介していきたいと思います。
Kemikaru
←今回使用したデイトナのケミカル用品。左が、バイク専用洗車ケミカルシリーズ・アルティシャインのシャンプーコート(1575円)。右は透明なプラスチックの曇りを取り透明感を取り戻してくれるミラーグレーズ・スクリーンポリッシュ(2625円)

2007年3月19日 (月)

文庫・実用書もありますよ!

先週末に、ドゥカティマガジン5月号、ホンダバイクス5月号の校了がそれぞれ予定より1日遅れで無事(?)終わり、期末のバタバタも残すところ培倶人だけに。

Noluとはいえ、次号培倶人には、昨年11月号で大好評をいただいた別冊付録の女の子培倶人「nolu」のVol.2が付くとあって、2冊分とは言いませんが、1.5冊分くらいの大変さ。

←Nolu Vol.2の表紙。菜の花がキレイです

そこで、助っ人に来てくれた(呼びつけた!?)のが、前号で仙台分室設立を(勝手に)宣言してくれた編集・ライターの三才(さんざい)はるなさん。

Sannzai トライアンフのボンネビルT100が愛車の、ツーリング大好き培倶人です。

彼女は、まるでずーっと前から培倶人スタッフであったように、ドカマガ&ボクサージャーナル担当の編集部・佐Tと一緒にバリバリと仕事をこなしてくれています。

雑誌って、ほんとにたくさんの人の協力によって出来上がっているだ、そんなとっても基本的なことを再認識している次第です、ハイ。

ここらで本題。

なんて感じでドタバタと定期誌の制作をしつつ、ムックや文庫本なんかも手がけています。

先月発売になった、培倶人の連載記事をまとめた「ネモケンのうまいもんツーリング」はおかげさまで好調に売れています。

Hon そして今月の24日には、ビッグバイクに乗っているけれども、大きく・重いバイクを持て余していたり、たまにヒヤっとすることがある、久しぶりに乗るとドキドキする。そんな方々にピッタリな乗り方ガイド本が発売になります。

書名は「今日から”乗れる”ビッグバイク」。弊社が2月からスタートした実用書「趣味の教科書シリーズ」の中の1冊です。

ホンダバイクス編集部の中村が、ホンダバイクスの取材の合間を縫って制作した力作です。

Bike しかも、ページの欄外にはバイク名を当てる「シルエットクイズ」なんてマニアックなものまで付いています。

雑誌以外の、文庫・実用書もご愛読の程よろしくお願いします!

2007年3月11日 (日)

3月も全力疾走中!

週刊誌並みの校了スケジュールの間を縫って、3月に入ってからあちこち取材に駆け回っています。

1 0 まず、1日はホンダドリームふじみ野で、HONDA Bikes連載の取材。

デイトナがリリースしている、ブレーキングのウエーブディスクをFORZAに装着しました。

なんとなく、スポーツバイク用のブレーキディスクだと認識していたウエーブディスクですが、スクーターとの相性もバッチリ。

スポーツバイクを乗った経験がある人だと、ちょっと物足りなく感じる場合もあるスクーターのブレーキが超強力なものに変身します。

特に、高速からの急制動は凄い! 

よそ見をしていて前方の渋滞の列に気づくのが遅れ、その効果をしっかり体験しました……。

さらに詳しくは、3月26日月曜日発売のHONDA Bikes5月号をお読みください。

3日の土曜日は、今後はDUCATI Magazineで連載しているムルティストラーダのページ用の取材にモトギャルソンへ。

ハンドル交換と、ETCアンテナ&インジケーターの移設を行ってもらいました。

ムルティのハンドルは、スタイルのわりに低く、しかも大柄な欧州人に合わせてか幅広。

高さは慣れたのですが、幅の広さはどうもしっくりこなくて、以前から交換しようと思っていました。

今回取り付けたのは、九州・熊本でドゥカティディーラーを営むラ・ベレッツァ(ドカで鈴鹿8耐にも参戦)のSPEEDハンドルクランプキット

高さは変わらず幅だけ狭くしなっていて、若干ライダー側に絞ってあるという、ボクの希望にピッタリなもの。

3装着したら予想以上の効果で、ムルティが一回り小さくなったように感じるほど低速時のコントロール性が向上しました。

  2

上がノーマル状態で、下がラベレッツァのハンドル装着後。明らかに幅が狭い

ただ、ボクのムルティにはGPSナビ用の取付マウントがメーター下に付いていて、それがちょっと邪魔をして……。

この続きは、3月24日土曜日発売のDUCATI Magazine5月号で。

そして、3月15日発売の「バイクカタログ2007」の校了明けの7日には、千葉県にある「OXエンジニアリング」へ。

現在、スポーツ車椅子の世界で敵無しの強さを誇るOXエンジニアリングの前身は、80年代のレースの世界でヤマハ・RZやTZRでワークスチームを打ち破るほどの活躍をしていたスポーツショップ・イシイ(通称:SSイシイ)。

当時、駆け出しの新米編集者だったボクは、SSイシイに取材に行くたび、石井社長にさまざまなことを教えていただきました。

石井さんは、返しきれないほどのご指導・ご協力をいただいた大恩人なのです。

その方が、再びバイクの世界に戻ってきて、オリジナルマシンを製造・販売するというのですから、じっとしてはいられません。

十数年ぶりにお会いした石井さんは、記憶の中とまったく一緒。過ぎ去った年数が感じられないほど若々しくお元気で、席に着く間もなく今回のバイクの話になりました。

4 3月30日~4月1日に開催される東京モーターサイクルショーで初お披露目してから販売を開始するOX01Wは、石井さんとそのスタッフの新しい夢の第一歩。

その夢を達成するため、ボクもに出来る限りのご協力をさせていただくことをお約束しました。

石井さんとOXエンジニアリングの新しい挑戦の記事は、HONDA Bikes5月号と培倶人5月号(今回は日曜日の関係で3月31日土曜日に発売されます。ちなみに次号は、2号連続のロゴステッカー、女の子版培倶人の「Nolu Vol.2」、GPカンパニーのカタログの豪華付録3本付き特大号です!)に掲載します。

ということで、ドカマガ、ホンダバイクス、培倶人の次号をお楽しみに!(これが書きたかった)

バイクお勧め案内

  • BikeJIN × Coleman CAMP STARTINGSET 2018 バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット2018 ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR