RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年2月25日 (日)

三宅島の公道レースについて

今年の11月9日から3日間の日程で、東京都が開催を予定している三宅島の公道レースについての報道が新聞や雑誌をにぎわせています。

東京都の要請で三宅島の視察に同行し、現地でテスト走行もしてきた宮城光さんが「公道レースは危険。中止すべきだ」と主張しているといった内容が報道の中心です。

この件については、東京都が昨年末に公道レース開催を発表して以来、三宅島復興のためにバイクを利用してくれるのは大いにありがたいことだけれど「公道レースは反対」という立場をボクもとっています。

ホンダも広報部のコメントで「安全確保が極めて難しい公道レースは賛同しかねる」という態度を表明しています。

昨年末、東京都が三宅島で公道レースをやると正式に発表するらしいという話を聞いたとき、視察に行った宮城さんに島の道路状況(つまり、コース状況ですね)などについて質問しました。

彼の答えは「道路状況や安全性確保の面から、公道レースは危険。でも、素晴らしく美しくて、自然も豊富なところだから、島内にバイクで楽しめる施設を作って、『バイクアイランド』のようなものにしたらいいと思う」

さらに、「バイク業界に携わるものとして、東京都が三宅島の復興策の手段としてバイクに注目してくれたのはとてもありがたいこと。公道レースではない、何らかの違う形で三宅島でバイクのイベントを開催して欲しい」と続けました。

ボクも彼の意見に賛成で、培倶人にも彼のコメントを引用した記事を掲載しました。

そして、宮城さんはその後、東京都に対して公道レースの代わりに、サーキットを作ってそこでレースを開催してはどうかという提案をしていました(東京都からは梨の礫だったそうです)。

ただ、最近のさまざまな新聞・雑誌の報道を読むにつれ、問題がどんどん擦り返られて、三宅島の公道レース開催の問題が石原都政を問うものになってきているところに大きな不安を感じています。

都知事選を間近に控え、石原都知事の周辺に注目が集まっている今、知事の「失政」を見つけてやろうとさまざまな陣営が蠢いています。

この三宅島の件も、プロライダーが危険だといって反対しているにもかかわらず、東京都(=石原知事)は公道レースを開催しようとしている、という論調で報道されています。

それらの記事のタイトルやキャッチも「慎太郎にダメ出し」とか「石原都知事の『命取り』になるか」といったものです。

事の詳細を知らない方々(ほとんどの人がそうでしょう)がこれらの記事を読んだら、「宮城光は反石原の急先鋒」といった印象を受けてしまうかも、と心配しています。

さらに、三宅島の復興策を台無しにしようとしている、と曲解する人もいるかもしれません。

宮城さんは、そして宮城さんの意見を正しいと思っているボクも、三宅島の復興手段にバイクを利用してくれることは本当にありがたいことだと思い、東京都に感謝しています。

ただ、その方法が公道レースであるのは絶対反対、と言っているだけなのです。

公道レースとして世界的に有名なイギリスのマン島TTレースですが、100周年を迎える今年限りで公道レースは中止しようという動きが出ています。

理由は「危険だから」です。

1週間以上の期間にさまざまなレースが行われるマン島TTレースでは、毎年命を落とすライダーがいます。

昨年は、長い間参戦を続けていた前田淳選手が不幸な事故で亡くなってしまいました。

彼が10代で、まだノービスライダーだった頃からよく知っている一人として、あまりにも早すぎる死が残念でなりません。

100年にも及ぶ歴史があり、数多くの経験豊富なボランティアスタッフによって運営され安全面にも最大限の努力が払われているマン島TTレースでさえ、ライダーの死亡事故は決して防げないものなのです。

ましてや、経験も設備も不十分な場所で、最新の高性能バイク(ミニバイクでも危険性は同じ)でレースをしたら……。

万が一、公道レースの最中に不幸な事故が起きてライダーが死亡するようなことがあれば、各マスコミはさまざまな角度から厳しく批判することは確実です。

そしてその中にはきっと「やっぱりバイクは危険な乗り物」という意見が含まれるのは、火を見るよりも明らかです。

そして、そのインパクトはあまりにも強烈で、せっかく大人の趣味として温かい目で見られるようになってきたバイクが、再び危険で反社会的なモノとして扱われるようになる恐れが非常に高いと思います。

そんな不幸な事態を招かないようにという思いを込め、レース経験も豊富で、バイクを心から愛している宮城さんは警告してくれているに違いありません。

みなさんにも、今一度三宅島の件をじっくりと考えてみていただけると幸いです。

2007年2月18日 (日)

思いがけないアクシデント

思いがけないことって、結構起こるものですよね。

この間、ムルティストラーダに乗って東名高速道路を走っていました。

ボクは、ヘルメットはクリアシールドで、日中はサングラスをかけて走っています。

年を重ねるごとに、暗くなると見えない――つまり、鳥目になってきたんです。

眩しい日中はサングラスで陽射しを和らげ、暗くなったら外すというスタイルです。

愛用しているサングラスは、デイトナが取り扱うイタリアンブランド・ベルトーニのD700A

ブラウンと黒、薄いグレーの3種類のレンズが付属して、シチュエーションに合わせて簡単にレンズの取替えが出来るスグレものです。

ボクはだいたいブラウンをメインに使っていて、あまりに眩しいときは黒、薄曇りのときなどは薄いグレーと使い分けています。

あの日は朝からいい天気で、いつものようにブラウンのレンズを付けていました。

テンプルの掛かり方がよくなかったのか、走行中、サングラスがちょっとズレてきました。

シールドを上げ、サングラスをちょっと上に持ち上げようとしたときです。

「カチャン」という音がしました。

? 何の音か瞬時には分かりませんでした。でも、何かが落ちた感じ。

前方を見ると、左目だけやけに明るい……。

そう、左のレンズが外れて落ちてしまったのでした。

ちゃんとロック機構があって、カチっと音がするところまで入れれば外れないのですが、しかりはまっていなかったようです。単純なボクのミス……。

せっかく、久しぶりにムルティで遠出ができて(東京から小田原までですが)弾んでいた気持ちが、しぼんでしまいました……。

何事も、しっかり確認しなくちゃ、ですよね。ホントに……。Grass_1

左のブラウンのレンズが行方不明に……。まあ、黒があるからいいですけどね

2007年2月11日 (日)

鈴鹿交通教育センターがない!?

先日、鈴鹿に行ったとき、鈴鹿サーキットにある交通教育センターの前を通りかかった際、目の前の光景を見てビックリ。

「あれ、センターがない!」

そう、いま鈴鹿交通教育センター(STEC)は8月のリニューアルオープンに向け全面改修工事中(バイクとクルマのスクールは、サーキットホテルメインゲート左側にある第2コースで開講中)。

Suzuka_1 センターの社屋は取り壊され、コースも掘り起こされと、大掛かりな工事が行われています。

リニューアルすることは聞いていたのですが、まさかこんなに大掛かりだとは思っていなかったので驚きました。

全国に8カ所あるホンダの交通教育センター中、もっとも古くからあるSTECは1964年にオープン。改修中の施設は1979年11月27日から稼動したものです。

ひとつ間違えれば凶器にもなりうる自動車・バイクを製造・販売する企業として、安全運転教育をすることも責務であると考えるホンダの考えに基づいた交通教育センターの存在は、お世辞抜きに素晴らしいものです。

そして、楽しみながらライディングテクニックを学べるホンダ・モーターサイクリスト・スクール(HMS)は、センターによっては大入り満員が出るほどの人気を博しています。

新しくなるSTECでも、今後たくさんのライダー(そしてドライバー)がライディングテクニックと安全に対する考え方を学んでいくことになるでしょう。

ホンダ関係者によると、「鈴鹿8時間耐久レース(7月29日が決勝)あたりにオープンさせたい」とのこと。

どんな素晴らしい施設ができるのか、いまからとっても楽しみです。

2007年2月 7日 (水)

培倶人の表紙オブジェ大公開中!

次号3月1日発売号で培倶人が創刊50号(この間、ある人に『創刊50周年』と言っちゃってみんなに大笑いされてしまいましたが……)を迎えるため、「記念特大号」とすべくアレコレやっている今日この頃。

そんな折、培倶人のVol.12からVol.31までの表紙を飾ったバイク(と人)のオブジェが東京・ 銀座の伊東屋本館9Fギャラリーにズラーっと展示されています。

W1_1

Tenji

←左が最初の作品であるカワサキ・W1。そのW1を筆頭に、全20体のバイク+ライダーがズラーっと並んでいます

というのは、作者の友枝康二郎さんが今日7日~14日(水)までの1週間、「はりこのオブジェと絵画」という個展を開かれていて、その展示作品に選んでくださったのです。

昨晩、オープニングパーティに出席させてもらいましたが、会場の1角を占めているバイクのオブジェに感無量でした。

ひとつひとつにいろいろな思い出があって、この号のときはこんなことがあった・あんなことで悩んだ・喜んだなんて感じで、時間を忘れて見入ってしまいました。

その素晴らしい出来栄えにも改めて関心しました。

最初はシンプルな「はりこ」でいきましょう、ということだったのですが、友枝さんの作家魂が爆発してどんどん精密なものにと進化していきました。

その過程も一目で分かります。

車種も、Vol.12のカワサキ・W1から最後の作品となったヤマハ・SR400まで、国内外メーカーの数々の名車が並んでいます。

培倶人愛読者の方はもちろん、バイク好きなら絶対に感動します!

見逃すと一生後悔しちゃいますよ。いや、ホント。

Obje1  Obje2

会場にはさまざまな作品が展示されていて、はりこのオブジェを用いたジオラマや、友枝さんが現在お住まいになっている八ヶ岳・原村の自然の風景写真とオブジェを組み合わせたデジタル版画(販売もあり)などが楽しめます

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR