RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

その他の雑誌

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2006年12月 | メイン | 2007年2月 »

2007年1月25日 (木)

モトラッド鈴鹿オープン!

24日の早朝6時、培倶人3月号(2月1日発売)が無事校了。

急いで家に帰り、ちょっとだけ仮眠してから家を出て、新幹線と
近鉄線を乗り継いで鈴鹿へ。
午後3時から開かれる、鈴鹿サーキット近くのBMWディーラー・
佐々木スポーツクラブのリニューアルパーティーに出席する
ためでした。
BMWを扱ってもう30年以上になるという同社は、最近は
高性能なBMW用マフラーの販売元としても有名です。

今回、25年ぶりにショールームをリニューアルして、
新たに「モトラッド鈴鹿」として生まれ変わりました。

Shop
サーキット道路沿いにあるショップは、
前面のほとんどがガラス張りで
とっても開放的な雰囲気。

中の様子が一目で分かり、初めての人でも
とっても入りやすいお店です。
BMWの新車を展示している1階ショールームのほか、
2階と3階には純正&カスタムパーツや純正のウエアを展示。
BMWを買って・楽しむすべてが用意されています。
Shop_1Inside1Inside2   
Sasaki


 


社長の佐々木さんは元レーシングライダーだけあり、Sasaki_1
走ることについては一家言あるお方。お客さんが
気持ちよく乗ってくれることを一番に考えて
いらっしゃいます。


だから、たとえば「BMWに乗りたいけど足着きが不安」
という人には、ローダウン仕様を用意したり、乗りやすく
するためのカスタムパーツを開発・販売したりと細やかな
気配りをしてくれます。
そして、奥さんがまたスゴイ! いや、素晴らしい!!

このお方、日本全国、BMWに乗ってどこにでも行ってしまうのです。

2年前に北海道で開催された第1回のBMWバイカーズミーティングも
F650GSで参加。そして、いまはF800STを次期愛車にしようと
計画中だそうです。
そのバイタリティには、正直頭が下がります。
こんな素敵なご夫婦が待っているモトラッド鈴鹿に、ぜひ一度
足を運んでみてください。
2月1日~2月末日まで、リニューアル記念のお得なキャンペーンも
開催中ですよ!

●Motoradd Suzuka 
〒510-0204 三重県鈴鹿市稲生西3-9-35
℡059-386-5600
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

2007年1月20日 (土)

修善寺ホテルの岩窟風呂

12月の仕事納め直前、「日本一を探す旅」のロケに同行しました。

同行、というより、参加といったほうがいいのかな。

そう、2月1日発売の3月号の取材で、末飛登さんと一緒に旅をしたのはボクだったのです。

そのとき泊まった修善寺ホテルが、今日TV朝日系で放映された土曜ワイド劇場「混浴露風呂連続殺人――」で、メインの撮影場所になっていました。

Gankutuburo 先代のオーナーがひとりで作ったという岩窟風呂も登場。なかなか風情のあるいい湯だったな~と、懐かしく(まだ1カ月も経っていないけど)思いました。

いまは夜の間混浴になっている岩窟風呂ですが、ボクが入ったときはほかには誰一人入っていませんでした。ま、年末年始のお休みの直前の平日ですからしょうがないよね。

TVでは、若い女の子が4人も入っていたんだけど……。

ああやって、自分が行ったことがある場所がTVで取り上げられりするとやっぱりうれしいですよね。

もちろん、雑誌に取り上げたときなども一緒だと思いますが。

で、何を書きたいのかというと、

①行ったことがある場所が映っていてうれしかった

②みなさんも、行ってみてというところをゼヒ教えてください

③それが誌面に載ると、きっとうれしいですよ!

④そして、多くの読者もきっと「行ってみたい」と思うはずです

ということでした。

次号、日本一もご期待ください。

連載開始以来イチバンのサプライズも待っています!

2007年1月13日 (土)

フォルツァのコンセプトモデル登場

12日金曜日に幕張メッセで開幕した「東京オートサロン2007」に行ってきました。

Forza お目当ては、当然コンパニオン、ではなく、ホンダアクセスが出品したフォルツァの「スマート2シーターコンセプト」。

四輪と相互通信できるAVN(オーディオ・ビジュアル・ナビゲーション)を備え、快適性の高いシート、LEDのヘッドライト&フォグライト、フロントとリヤの内蔵スピーカーなどを装備して、大人がタンデムを快適に楽しむことをコンセプトにまとめられています。

次号ホンダバイクスでも紹介しますが、できればツーリングテストでもしたいところです。ただあくまでもコンセプトモデルなので、公道走行は難しいようで……。

でも、フォグランプや安定性の高さそうなバックレストは市販化してもいいんじゃないかな?

Yoshigi 会場をフラフラしていたら、培倶人ドゥカティマガジンに登場してもらっているモデル兼ライターの吉儀ちさとさん(写真左)を発見!

デントジャパンという、クルマのへこみを直す技術を教えるスクールを行っている会社のMCの仕事をしていました。

ということで、フォルツァと吉儀さんを見たい方は幕張メッセへ。

14日までやってますよ。

もちろん、コンパニオンのお姉さん方も大量にお待ちしているようです。

2007年1月10日 (水)

騒音規制強化の新聞記事について

Shinbun 昨日の朝日新聞朝刊の一面に「マフラー規制強化」の記事が載っていました。

←2007年1月8日の朝日新聞朝刊

以前から各媒体やこのブログでも取り上げてきた「新騒音規制」の件なのですが、非常に気になったのがその書き方。

「自動車、バイクのマフラー騒音の苦情が相次いでいることから、国土交通省は交換用マフラーの騒音規制を強めることを決めた」とありますが、現状はあくまでも予定案の段階で、現在、パブリックコメントを受け付けていて、その意見を反映させるということではないのでしょうか。

まるで、既成事実のような書き方は、「そう決まったんだ」と誤解を受ける人もいそうです。

さらに、現状は近接排気騒音をクリアしていれば「適法」となっているのに、「適法マフラーをうたっていても、走行中・加速中は基準を超えているケースも見受けられる」と書いています。

これだって、走行騒音、加速騒音の規制は測定が困難なこともあって市販マフラーには課されていないことを知らない人が読めば、あたかも違法マフラーが跋扈しているように取られる恐れがあると思います。

正直言って、今回の規制強化は、違法マフラーで爆音を撒き散らしている一部の心無いライダー(ドライバー)よりも、法を守ってカスタムを楽しんでいるライダー(ドライバー)がどれだけ多いかをまったく知らない人たちには、社会の騒音を低減する極めて真っ当なものとしか思われないでしょう。

そして、この騒音規制強化の原因になっているのは、そういう「適法マフラー」でも、(法改正で販売が難しくなりそうな)外車や逆輸入車でもないということも、そういう方々は一切知らないのです。

今回の改正案は、あまりにも包括的で拙速な部分もあるというライダー(ドライバー)側の主張がなかなか広く届かない中で、こういう記事が全国紙の一面に出てしまうことはあまりにもインパクトが強すぎます。

非常に厳しい状況になってしまいましたが、ぼくらができることは法案の内容を再検討してもらうよう訴えることだけです。

何度も言い(書き)ますが、現在、国土交通省のウェブサイトで募集している「パブリックコメント」にぜひライダーサイドからの意見を伝えていただきたいと思います。

このままでは、バイクと長く付き合っていく中での大きな楽しみのひとつであるマフラーのカスタムがほとんど不可能になり、さらには少量生産の外車、欧米向けの輸出仕様車(逆輸入車)は国内で販売されなくなってしまいます。

2007年1月 8日 (月)

絶好のバイク日和

一昨日の冷たい雨、そしてきのうの強風とは打って変わって穏やかな晴天の空が広がっています。絶好のバイク日和ですね!

Chichibuうちのベランダからは、秩父の山々の姿も見えます。

朝起きて、思わず走りに出かけた人も多いんじゃないでしょうかね。

今年も楽しく、そして安全にバイクを楽しみましょう。

それにしても、きのうの強風は凄まじいものでした。

駐輪場に停めてあるフォルツァは風にあおられて起き上がってしまい、右横にあるガードレールに寄り掛かった格好になっていました。もしガードレールがなかったら、あのまま右側に倒れていたかも……。

ムルティも強風にあおられて盗難防止アラームが鳴りっ放し。ボクが付けているメタシステムは、振動センサーじゃなく傾斜センサーを採用しているので、つまりはこちらも瞬間的に車体が浮き上がってしまってるんですね。

ボディカバーをかけているので表面積が増え、風の影響を受けやすくなっているとはいえ、風の威力に驚いてしまいました。

さらに、ちょっと用事があり、フォルツァで出かけた際、突風にあおられ制御不能状態になり、どんどん左側の路肩に向かって走り始めました!

必死で持ち直して事なきを得ましたが、ヒヤヒヤものでした。

気象条件の影響をダイレクトに受けるバイクですから、どんな局面でもあせらず、的確な対応ができるよう、どんなときでも集中してライディングしなければと改めて思った次第です。

2007年1月 1日 (月)

今年もよろしくお願いします!

新年明けましておめでとうざいます。

2007年も培倶人ホンダバイクスドゥカティマガジンBMWボクサージャーナルはじめ、弊社発行の各バイク誌のご愛読を何卒よろしくお願いいたします。

新騒音規制の動きや非常に厳しい排気ガス規制の施行など、今年はバイク界を取り巻く難しい問題に直面する年になりますが、ライダーみんなで一丸となり、バイクライフをより楽しめる環境つくりをしていきたいものです。

みなさんの声は、きっと思っているよりもずっとっずっと大きく、社会に多大な影響を与えることができるものです。

人生をこんなに楽しく豊かなものにしてくれるバイクのある生活を、これからも十分謳歌するためにも、納得のいかないこと、自分たちの不利益になることには大きな声で「NO!」と言いましょう。

もちろん、賛同すべきことには同様に「YES!」と声をあげましょうね。

去年、このブログに書こう書こうと思いながらそのままになっていた大事件がひとつありました。

9月23日にツインリンクもてぎで開催された「ホンダレーシング・サンクス・デイ」のことはご紹介しましたが、開催日から1週間ほど経ったある日、ホンダ広報のIさんからビックリするような電話をもらいました。

サンクスデイに来日して、多くのファン(と多くの関係者)を狂喜させたフレディ・スペンサーさんが、インタビューのお礼にと彼のサイン入りTシャツをわざわざボク宛に送ってくれたというのです。

Freddie1写真のフレディ・スペンサー・ライディングスクールのロゴ入りTシャツがそれで、彼の直筆サインがしっかり入っています!
Freddie2
編集部のスタッフやライター陣がこのTシャツと、それをもらったボクに注ぐ羨望のまなざしが、喜びを2倍にも3倍にもしてくれました。

やっぱりフレディって偉大です!

さて、今年はどんな出来事が待っているのでしょうか。

何はともあれ、亥年らしく「猪突猛進」で1年間全力疾走していこうと思います。

改めまして、今年もよろしくお願い申し上げます。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR