RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

« 2006年11月 | メイン | 2007年1月 »

2006年12月28日 (木)

新騒音規制の「パブコメ」にぜひご意見を!

培倶人などでお伝えした、国土交通省が検討している新たな騒音規制について、国民の意見を聞く「パブリックコメント」の募集が12月27日からスタートしました(2008年1月31日・水曜日まで)。

一部の不法改造マフラー装着車(250ccスクーターやモタードが主だと言われています)による騒音に端を発したこの新騒音規制は、直接の原因となっていない(車検制度があるため、取締りがしやすい)251cc以上の自動二輪車をターゲットとしたものになっています。

この新規制が施行されるとどうなるか。

市販マフラーには、ノーマルのマフラーと同じ基準の騒音規制(排気音がほとんどしないに等しいほど静かです)が適用されるようになり、公的機関で騒音試験を受けて、基準をクリアしたマフラーのみが適法マフラー(新規制では認証マフラーと呼ばれます)ということになります。

こう書くと、新しい規制をクリアするマフラーを作ればいいだけじゃないか、と思われる方もいるかもしれません。

しかし、現状に即していないこと、納得がいかないことが実は山積しているのです。

まず、新規制を適用しようとしている自動二輪車用の市販マフラーの騒音は、現在とりたてて問題にはなってはいません。これは、JMCAをはじめとした業界団体やマフラーメーカーの努力で、市場で流通している市販マフラーの大半が現在の騒音規制をパスした適法マフラーだからです。

問題になっている軽二輪は野放しにしたまま、とりたてて問題視されていない自動二輪から新規制を適用しようとする点が腑に落ちません。

ノーマルのマフラーと同じ騒音基準というのも納得できない点です。

まったくの新車状態のバイクと、走行を重ねたバイクに同じ規制値をあてはめようとしている点も納得がいきません。

機械は使っていれば必ず劣化して、多少のノイズを発生するようになるものです。バイクの走行騒音は、マフラーからの排気騒音だけではなく、エンジンの音、チェーンの音、タイヤの音などがすべてミックスされたものです。ですから、すべてが新品の新車と使用中のバイクの騒音レベルは必然的に異なります。

それなのに、同じ騒音規制値を適用しようとするのはあまりにも非現実的と言わざるを得ません。

さらに、市販マフラーに認証制度を導入するとなっていますが、そのための試験ができる施設は現状では国内に1カ所しかありません。そこ以外でも試験が受けられるような暫定処置も講じるようですが、インフラが整っていないのに法だけ先行するというのもおかしな話です。

もうひとつの大きな問題は、ヨーロッパやアメリカでは法に則って販売されている輸入車や逆輸入車までが違法となり、日本では購入できなくなる可能性もあることです。

日本と欧米の騒音基準は現状でもかなり異なっていて(日本は世界一騒音規制の厳しい国です)、現行の規制なら販売できる輸入車でも、新規制が導入された途端に違法になってしまいます。

世界中のモノがなんでも買える時代になっているのに、バイクだけ時代に逆行することになりかねません。

深夜にとんでもない爆音とともに走りぬけていくバイクは、確かに社会生活の敵だと思います。でも、そういうバイク(やスクーター)が装着している市販マフラーは、社会状況に適合しようとか、人に迷惑をかけるのはまずいとか、一切思っていないメーカーが作り、そう思っていない人が使っているモノなのです。

それらの違法マフラーと、騒音規制をクリアしながら性能向上に励んでいる適法マフラー(さらに、輸入車・逆輸入車)を同じ俎上に置き、すべてに網をかけようとしている。あまりにも拙速で、その規制による効果を熟考したものとは思えない内容なのです。

事細かに説明すると、いくらスペースがあっても足りないくらいなのでこのくらいにさせていただきますが、この新騒音規制は正直言って「行き過ぎた規制」以外の何モノでもないと思っています。

誰も不快に思わない範囲で楽しんでいるマフラーのカスタムや、外車の国内販売をシャットアウトしてしまいそうな新規制の導入をよしとしない方には、ぜひ声を上げていただきたいと思っています。

国土交通省のパブリックコメント募集ページ(http://www.mlit.go.jp/pubcom/06/pubcomt155_.html)をご覧いただき、PDFで用意されている改正素案を読み、その上でみなさんのご意見を投稿していただきたいと思います。

とにかく、この新規制がこのまま可決・施行されることになれば、二輪マーケットは急激にシュリンクしていきそうな感じがしてなりません。

自分たちの楽しみは自分たちで守ろうじゃありませんか。

(ボクが担当する各媒体のブログに、同じ文章を掲載させていただいています)

2006年12月23日 (土)

エー、99円だって~!?

今日、姪っ子たちのクリスマスプレゼントを買うため、近所のショッピングセンターの文房具売り場に出かけました。

Pencil そこで見つけたのが、写真の「電池式鉛筆削り」。

なかなかオシャレなスケルトンボディで、しかもお値段は、ナント「99円」!!!!!!

もう数年前になるけど、子供用に買った鉛筆削り器は1000円近くしていたと記憶しています。それが、機能はほぼ一緒で99円ですよ!

特に必要もなかったんだけど、オフィスのデスクに置いておこうと速攻でレジへ。

単三電池を2本入れ、鉛筆をさすと見事に削れます(当然だけど)。

いや~、モノの値段がどんどん下がっているのは分かっていますが、ちょっとビックリ。と同時に、ちょっとうれしくもあり……。

この鉛筆削り器、スーパーマーケット「西友」のオリジナル商品のようです。

気になった方は、ぜひご近所の西友で。

2006年12月21日 (木)

年末は忙しい……

今週月曜日の夕方、培倶人2月号(12月27日発売です!)の編集作業が終了し、今年発行する本の仕事はつつがなく終了。

レギュラー4誌に加え、ムックなどを入れると2006年に作った本の数は31冊。

よく作ったな~、と思うと同時に、みなさんのご支援にこころから感謝いたします。

今年の発売誌については一段落しましたが、1月はドカマガホンダバイクス、そして培倶人が待ち構えています。

特に、ドカマガとホンダバイクスは年末・年始の休みをはさむこともあり、いまが結構かきいれどき。スタッフは大忙しです。

かくいうボクも、打ち合わせと称した飲み会や正真正銘の忘年会などが立て込んでいて、忙しいやら嬉しいやら(お酒の席はキライじゃないので……)。

今年1年御世話になった方々に改めてお会いして、お礼をお伝えするとともに、来年のご協力をお願いしています。

その間にも、打ち合わせや取材にはできる限り同席しようと思っています。だって、取材現場がなんといっても一番面白いんですから。

Mugen今日21日は、ホンダバイクスの取材で無限ブランドの製品を製作する「M-TEC」の取材に同行しました。

埼玉県朝霞にあるM-TEC本社。この社屋の奥に、レーシングマシンのメンテナンスファクトリーや製造工場が広がっている

四輪のモータースポーツの世界では超メジャーブランドの無限。最近は、ホンダドリーム店に専用コーナーなどができ、バイク用カスタマイズブランドとしても認知度がメキメキ向上しています。

ですが、残念ながらそのブランドバリューをあまりよく知らないライダーの方々もまだまだいらっしゃいます。それがちょっと歯がゆい気持ちがあって、ホンダバイクスでアピールさせていただこうというのが取材趣旨でした。

お話を聞かせていただいたら、バイク乗り・バイク好きなら身も心も捧げます、なんて思ってしまうほどのこだわりで数々の製品を作られていることがより明確に理解できました。

だって、四輪のF1やF3000のエンジンパーツを製作している加工機械で、一般ユーザーが購入できるCB1300やCBR1000RRのパーツが作られているんですよ! 世界中でこんなことができるのは、M-TECだけだと思います(詳しくは1月26日発売のホンダバイクスをご覧願います!)。

こんな感じで、今まで知らなかったことや、新たな真実に出会えることが雑誌編集者の最大の幸せなのです。これがなければ、正直言って年間30何冊なんて本を作っていられませんよ……。

2006年12月14日 (木)

粋な白バイ隊員

ついさっき、粋な白バイ隊員に出会い、朝からいい気分です。

ぼくの通勤ルートである環八は、日中は常に大渋滞。そして、井荻トンネルという、ボトルネック以外の何モノでもないような超渋滞ポイントもあります。

その井荻トンネルですが、常に混んでいて、あまりにも空気が悪いので、日中はトンネルには入らず側道を使っています。ですが、なぜか今日はそこに至るまでの道がとても空いていたので、迷わずトンネルを利用することに。

ところが……。

半分ほど過ぎたところで渋滞していました。それも、ほとんどクルマが動いていません。

ノロノロと2車線の中央を走っていると、前方でバイクが数台停まっています。よく見ると、その前に白バイが1台。

白バイを見つけたため、すり抜けするのを躊躇しているのでした。

しばらくボクもそのバイクの後ろで停まって待っていましたが、前方のクルマはピクリとも動きません。

ちょっと尋常じゃないと思い、白バイの横に進んで、エンジンを止め(ムルティのエンジンがかかっていると会話はできません……)、「どうしたんですか?」と白バイ隊員に聞いてみました。

「いや~、わからないですね」と白バイ隊員。

続けて、「あまりいいことじゃないですけど、気を付けて真ん中を走って行っていいですよ」と言うじゃないですか。

白バイ隊員も、やはりバイク乗りでバイク好き。バイクの機動性というものをよーくご存知なワケです。

機動性の高いバイクが、クルマと一緒にわざわざ渋滞にハマっている必要はない、そんなことじゃバイクに乗っている意味はない、彼はそう思ってくれたのでしょう。

ボクはお礼を言って、堂々と真ん中を走って行きました。

すると、トンネル出口で工事規制、1ブロック先で事故のために1車線規制。

あのままクルマの後ろで待っていたら、トンネルを出るのに何分かかったか分かりません。

あの白バイ隊員の「粋」な一言で、時間をムダにせずに済みました。

そしてそれ以上に、白バイ隊員にも流れるバイク乗りの気持ちが嬉しかったな~。

さて、いま出版業界は年末進行でてんやわんやの時期です。

Buellボクも、今週初めまで12月21日発売のムック「BUELL Magazine VOL.8」の締め切りでバタバタ。

 ←新登場のXB12STTの独占試乗レポートや、アメリカ本社&総帥エリック・ビューエル直撃取材など、話題満載・情報てんこ盛りのビューエルマガジン。価格は1500円+税

そして今週末は、毎月1日の発売日が、お正月ということで12月27日に繰り上がる培倶人2月号の締め切りと、超のつく慌しさ(まあ、いつものこと、でもありますが……)。

そういえば、培倶人1月号のFROM Nomでもちょっと触れましたが、培倶人で紹介した「革ジャン」がネットで購入できるという新しい試みがスタートしています。

サイズ・色なども選べますから、忙しくてショップに行く時間のない方、近くに取り扱いショップがない方などはぜひご利用いただければと思います。

いまなら、お買い上げの方に培倶人ロゴ入りの特製キーホルダー(非売品)を差し上げていますよ!

まずは一度、弊社サイト「サイドリバー」「革ジャン特集」ページをご覧下さい。

今後もこのような誌面とウェブの連動企画を積極的に展開していく予定です。

ちなみに、2月号では定番人気企画「こだわりの逸品」を特集していますが、発売日以降にそこで紹介した「逸品」(全部ではありませんが)が購入できるページをサイドリバーでご用意する予定です。お楽しみに。

2006年12月 5日 (火)

あのフレディに独占インタビュー!!!

Honda Racing THANKS DAYが開催された11月23日のツインリンクもてぎ

ホンダのライダー、ドライバーが一堂に会するとあって、朝早くから開場ゲートには渋滞の列。それどころか、水戸インター出口から一般道に入る道も渋滞するほどの混雑ぶり。

その一因になったと思われる今回のスペシャルゲストはフレディ・スペンサー。

いまさらなんの説明もいらないレース界・バイク界の大ヒーローです。

そして今回、そのフレディにHONDA Bikesが「独占インタビュー」!

おまけにボクは、HONDA Bikes最新号を手にしたフレディと記念撮影までしてしまいました!

インタビュー内容については、次号HONDA Bikes3月号(2007年1月26日発売)をお待ちいただきたいのですが、舞台裏をちょっとお話しましょう。

フレディが「サンクスデイ」に来ると聞いたとき、ボクはホンダ広報部にさまざまな提案(お願いかな)をしました。

「独占インタビューさせて」、「CBRに乗ってもらえないか」、「表紙用写真を撮影させて」などなど……。

しかし、超多忙なフレディのスケジュールを空けることは不可能ということで、唯一インタビューのみ可能になりました。

とはいっても、レース専門誌2誌との共同取材、しかもわずか30分ということに。

でも、あのフレディにインタビューする機会などそうそうないので、久しぶりにワクワクしながらインタビュー会場のコレクションホールに到着。

イベント会場にHONDA BikesのPRブースを設営していたフタッフも開始10分前くらいにやってきて、スタンバイOK。

ところが、他の2誌がやってきません。

そうこうするうちに、フレディが会場に入ってきました。

Photo_683まず挨拶をして、HONDA Bikes最新号を見せて我々の本のことを説明。パッセージが企画・製作したフレディ監修のFS-01の広告ページなどを見ながらしばし雑談&記念撮影。

スタート時間の9時半になっても、他誌が来ません。

超過密スケジュールが組まれているフレディですから、待っているのは時間のムダとの判断でインタビューがスタート。

図らずも、「本誌独占!」となったわけです。

それにしても、その日のフレディは終始ごきげんで、レース生活の晩年についてしまった「気まぐれフレディ」のイメージはまったくナシ。

サービス精神旺盛で、こちらの意図を汲み取った発言やカメラを向けたときの満面の笑顔がとっても印象的でした。

インタビュー後も、彼がアメリカで開催しているライディングスクールの話で止まらなくなり、ホンダ広報の担当者が困ってしまうほどのノリノリぶり。

フレディは、「ぜひ、日本でもライディングスクールを開催した。できれば、鈴鹿ともてぎで2回やりたい」と言っていました。なんとか実現して欲しいものです。

Photo_684 さて、パドックに出展させていただいたHONDA BikesのPRブースですが、26日発売の最新号(おまけに特大ポスター付き)のおかげで大盛況! 持って行った75冊は午前中で売り切れてしまいました。

購入できなかったみなさん、大変失礼いたしました。

そして、ブースに来てくださったみなさん、本当にありがとうございました。

来年の「サンクスデイ」も必ず出展しますので、ぜひご来場くださいね。

Cb 最後にサービスカット! デイトナの200マイルレースに出場した

CB750Fデイトナレーサーを駆るフレディの勇姿です!

2006年12月 4日 (月)

久しぶりの完全ダウン!

いやいや、すっかりごぶさたしてしまいました。

実は、鬼の霍乱か、はたまた日ごろの不摂生が祟ったのか、本当に久々に完全ダウンしてしまいました。

それも、足掛け2週間というかなりの長期間に及んでしまい、やりたいこと、やらなければいけないことが山積み。なんとか通常の状態に近づいた今、さて何から片付けようかと思い、そうだ、まずはブログだということになった次第です。

11月23日、ツインリンクもてぎで開催された「Honda Racing THNAKS DAY」までは元気でした。

当日、フレディに独占インタビューができ(のちほどブログにもアップします!)、持って行ったホンダバイクス最新号もあっという間の完売とゴキゲンでした。

その夜、そのゴキゲン気分のままスタッフたちと遅くまで水戸の町で酒を飲み(これもいけなかったのか!?)、翌日は培倶人の会議に間に合わせるためにホンダワークスマシン試乗会を途中で切り上げ、夕方前に帰社。

しかし、会議が終わるころからどうもダルくなってきました。

そのときは、単にちょっと疲れが溜まっているだけだろうと軽く考えていました。だって、11月は担当している4誌(BMWボクサージャーナル、ドゥカティマガジン、ホンダバイクス、培倶人)がすべて発売という、年に2回の「惑星大直列」の月でしたから。

なので、その週末はそれほど大事は取らずフツーに過ごし、明けて月曜日。

どうも朝から体がだるくて、熱っぽい。いつもはバイク通勤ですが、どうしてもバイクに乗る気力が沸かず、クルマで会社へ。

会社に行って、いつものように絶え間の無い打ち合わせを続けているうちにドンドン体調が悪くなってきました。ダルさは朝より5割増し、熱も相当でて来たような感じでした。

6時前に予定の打ち合わせがとりあえずすべて終了。まだ気になっていることは山ほどありましたが、早々に退社することに。

そして、家に帰ってすぐに体温を測ると38度5分! 「あーあ、やっちまったー!」でした。

どんなに忙しくても、倒れる寸前で回避することを心がけていたのに。

火曜日、起きてすぐに病院に行って薬をもらって飲んだらかなり落ち着いたので、打ち合わせのために夕方会社に。しかし、打ち合わせが終わるころにはかなりフラフラに……。

またまた早々に退社して、今度はそのままベッドにダウン。明け方にのどが渇いて目が覚めると、激しい悪寒が。体温を測ると「38度8分」! 上がってるじゃん!

水曜日。再び病院へ。すると、「ウイルス性胃腸炎」からくる風邪の症状(?)と言われました。実は、ぼくと同時期に培倶人の和田もダウンしていて、彼は「上から下から」タイヘンだったそうです(ボクはあまりお腹にはきませんでしたが……)。

なんか、このウイルス性の胃腸炎がはやっているそうですが、水曜日もひたすらベッドに臥せって、エネルギーの充填を図っていました、だって、翌木曜日は、早朝からビューエルマガジン(12月21日発売です!)の伊豆方面へのロケが入っていたのですから。

いやしかし、もちろん何とかしようという気力はあるにしろ、見えざるものの力が及ぶというか、木曜日の早朝4時。昨晩まであんなに「ヒーヒー」熱にうなされていたというのに、なんとも爽快な気分で目覚めました。

Sx そして、無事ロケは終了。翌金曜日も、夕方まで通常の業務をこなし、夕Grass 方からホンダ安全運転普及本部の毎年恒例の「ご挨拶会」に出席し、そのあと知り合いと飲み屋に流れ、深夜に帰宅するというごくごくフツーの日常に回復していました。

●ビューエルのすべてを収めたビューエルマガジン最新号(Vol.8)は、注目のモタードモデル情報から、エリック・ビューエルの独占インタビューに成功したアメリカ取材、そして初公開の「ビューエル全バラ!」まで、この本でしか見られないビューエルのすべてが載っています! 12月21日発売ですよ!)

しかし!

2日土曜日。7時に出かける娘の朝のバタバタで一度目を覚ましたのですが、昨晩の酒が残っていて再びベッドへ。次に起こされたのは、娘がとうに学校から帰ってきた午後1時。ところが、体がちゃんと動きません。しかも、なにやらつい先日感じたような悪寒までするではないですか!

すっかり恒例となった体温測定。すると「38度2分」……。

自分の愚かさに腹が立つやら、情けないやら、無言でベッドに向かいました……。

しかし、明けて3日日曜日。どうやら今度は大丈夫そうです。

Hikaru熱はすっかり下がり、ダルさもなくなっています。先週1週間一度も触れなかったムルティのエンジンも一発でかかり(ついでにNAPS練馬店に買い物に行ってしまいました)、娘の15歳の誕生日会もつつがなく終えることができました。

さあ、明日から山積した仕事をとにかくやっつけないといけないのですが、何からはじめたらいいか……。

ブログに書きたいこともイッパイあるんですよね~。

最後に、この時期、みなさんもいろいろお忙しいこととお察しいたしますが、ボクのこの体たらくを反面教師にご自愛くださいますようお願いいたします。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR