RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« ムルティくん、放っといてゴメンね! | メイン | FORZA当選おめでとうございます! »

2006年10月12日 (木)

身近で発見した「日和」候補!

いま、いつもはフォルツァを置いているところにちょっとした事情があってムルティを停めています。

9日の朝(「ムルティくん、放っといてゴメンね」参照)、久し振りに乗ろうと思いボディカバーを外していると、隣の隣にヤマハ・ビラーゴ250を停めているおじさんがたまたま出かけようとやってきて、「あれ、バイク換えたの?」と聞いてきました。

以前、フォルツァで出かけようとしたときに出くわして、「最近のスクーターはなんだかスゴイねー」と言われ、そのおじさんにあれこれとご説明を差し上げたことがありました。

まあ、普通、前に見たスクーターがなんだか見たこともないようなでかいバイクになっていたら「ど、どうしたんだ?」って思いますよね。

そこで、自分はこういう職業に就いていて、スクーターとこのバイクの2台を所有しているのです、と説明しました。

すると、おじさんは「そうかい、バイク雑誌に関わってるんじゃでかいバイクにも乗んなきゃないけねーよな~。いや、おれも昔からハーレーが乗りたくてさ、この間、近くの店で見てきたんだよ」と、かなりノリノリに。

なんでも、還暦を機にビラーゴを購入し(しかも、家族の大反対を押し切って、だそうです)、便利な足として重宝しているそうです。

でも、ホンネはもっとでかいバイク=ハーレーを買って、ツーリングなんかにも行きたそうな感じ。

もちろんボクは、2007年モデルのビッグツインとスポーツスターがどれほどよくなったか、少ない負担で購入できる120回クレジットがあることなどしっかり説明して差し上げました。

「乗ったらきっと買っちまうと思ってさ、この間は乗らないで帰ってきたんだよ。でも、今度は乗ってみようかな」

そのうち、培倶人の「バイク日和」で「還暦を期にバイクに乗り始め、いまはハーレーで旅を楽しむ○○さん」なんて紹介できそうですね!

(2回連続で写真なしなのをご容赦ください)

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR