RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 久々に行ったTEC-Rで悲願の休憩施設を発見! | メイン | 二輪ETCがいよいよスタートです! »

2006年9月28日 (木)

TISSOTとモトGPの関係

スイスの伝統ある時計メーカー「TISSOT」は、モータースポーツの世界でも大活躍していて、先日、もてぎで開催されたモトGPのオフィシャル・タイムキーパーも務めています。

また、モータースポーツのアスリート達ともコラボレートしていて、今年からレプソル・ホンダチームのニッキー・ヘイデン選手とイメージキャラクター契約を交わしました。

Nicky_hayden_limited_editio_1そして、それを記念して「ニッキー・ヘイデン・リミテッドエディション」(限定4999本・日本発売200本・価格8万1900円)が先ごろ発売され、HONDA Bikes11月号でその詳細を紹介しています。
←T-Race Nicky Hayden Limited Edition。カーボンファイバーの文字盤にはヘイデンのラッキーナンバー「69」とサイン、限定番号が刻まれています
 

そんな経緯があって、ツインリンクもてぎで開催された日本GPの決勝当日、「TISSOT」ブランドを扱う「スウォッチ・グループ・ジャパン」の方々とお会いしました。

スウォッチ(swatch)はみなさんもよくご存知だと思いますが(実はボクも以前からファンで、現在4本持っています)、スウォッチグループは、スウォッチのほかに前述の「TISSOT」や「OMEGA」、「RADO」、「LONGINS」、「HAMILTON」などなどの有名時計ブランドを扱うコングロマリット(ボクも初めて知りました)。

で、今回お会いしたのは、ティソ事業部の方々でした。

まずご挨拶したのは、事業部長のキャサリンさん(エネルギッシュで、しかKyasarinnもとっても上品な方でした)。事前にお名前を聞いていたので、英語表記の名刺を渡して(つたない)英語で挨拶をしたら「よろしくお願いします」と流暢な日本語が返ってくるじゃないですか。

↑キャサリンさん。手にしているのは、後述の「T-Touch」

キャサリンさんは、日本に留学経験もあるということで日本語がとってもお上手。それもあって現在のポジションに就かれているとのこと。

そして、「お国はどちらですか?」との質問に返ってきた答えは「私はヨーロッパ人です」

ヨーロッパ人?????

ボクの聞き方が悪かったのかと思って、「マザーカントリーはどちら?」と聞き返すと、「ヨーロッパです。というのは、私の父はノルウェーとイギリスのハーフ、母はイタリアとフランスのハーフ。だからヨーロッパ人なんです。そして、アメリカ人の主人と結婚して、いまはアメリカ国籍です」

なんだかスケールが大きすぎて面食らってしまいましたが、いるんですよね、こういう人って。もうこうなると、「何人」っていう枠では収まりきれない「世界人」(地球人じゃ広すぎるし……)なんですよね。

こんなとき、日本で生まれて、日本で育ち、日本で働いている自分がなんだけとっても狭い世界にいる気がしてしまいます……。

話は「TISSOT」に戻りますが、「ニッキー・ヘイデン・リミテッドエディション」のほかに、「モトMotogp_limited_s_1Motogp_unlimited__sGPリミテッドエディション」や「モトGPアンリミテッドエディション」などのバイク好きならグッとくるモデルも発売中ですが、もうひとつライダーがとっても重宝しそうな機能を備えたモデルをキャサリンさんが紹介してくれました。

↑型押し模様をほどこした明るいイエローのラバーブレス、チェッカー模様のカーボンファイバーの文字盤、ブレーキディスクをかたどったベゼル。6002個限定バージョンのMotoGPLimited Edition2006(12万6000円・在庫僅少)。カーボンファイバー製の文字盤と、黒いラバーベルトの組み合わせのUnlimited (6万1950円)もあり
 

Ttouchそのモデルは、ボタンを押してガラスに触れるだけで6種類の計測機能(コンパス・高度計・気圧計・温度計・アラーム・クロノグラフ)を自在に呼び出すことができる「T-TOUCH」(6万8250円~)。

例えばコンパスのモードにすると、ガラスに触るだけで時計の針がクルクルっと回って北を指してくれます。旅先で方向が分からなくなったとき、方向音痴の人には役立つこと間違いなし。

それと、最近のバイクはフューエルインジェクション(FI)採用車が多いので、高度がエンジンの調子に影響を及ぼすなんてことはあまりないですが、キャブレター採用モデルは多少なりとも影響を受けるもので、ツーリング途中で急に吹けが悪くなったときなどは、高度が影響しているときが多々あります。

つまり、空気が薄くなって燃調が微妙に狂ってしまうんです。そんなとき、自分が今いる場所の高度が分かれば原因もわかって安心しますよね。

ほとんどの人がつけている腕時計に、旅を快適にしてくれる機能がついているなんて、これは注目せざるを得ませんね。

ちなみに、最初に紹介した「ニッキー・ヘイデン・リミテッドエディション」ですが、GPが開催されたツインリンクもてぎに持って行った分は大人気で早々と売り切れてしまったそうです。

とりあえず、「そんなに人気があるなら、リミテッドⅡをぜひだしましょう!」と提案してみましたが……。

ところで、「TISSOT」は現在「ティソ」と呼ぶようですが、ボクはずっと「チソット」だと思ってました。一体、いつ変わったの?

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR