RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 待ち人(じゃなくモノ)来る! | メイン | バイカーミーティング① »

2006年7月30日 (日)

鈴鹿8耐その①

鈴鹿8時間耐久レースの取材に来ています。

今回は、HONDA Bikes VOL.10で読者プレゼントにご用意した、「ペアで鈴鹿8耐観戦会」の当選者である2組のご夫婦、千葉の鷲尾さんと大阪の渡辺さんのアテンドという大切な任務があります。

土曜日の朝、ホテルのロビーで集合して、ホンダ広報の中島さんのクルマで鈴鹿サーキットへ。

サーキットに着いてからは、中島さんの案内でホンダ系ライダーが休息を取るスイート(休憩室ですね)を訪問してサイン&握手をしてもらったり、ピットの中でフリー走行を見学したりと、なかなか一般のお客さんでは体験できないことのオンパレード。

そして、夕方の6時過ぎから、鈴鹿市内をスタートして鈴鹿サーキットを1周するという、鈴鹿商工会議所青年部が主催する「バイクであいたいパレード」に参加。

バイクは、鷲尾夫妻がCBR1000RR、渡辺夫妻がVFR(ともにタンデム)、そしてボクはCB1300スーパーボルドールでした。

全国各地から来たさまざまな人が参加していて、HRC社長兼本田技術研究所副社長(ホンダのバイクの開発部門のトップですね)の金澤さんの姿もありました。

集合場所の駐車場を出発して、百数十台のバイクが鈴鹿サーキットに向けてパレードするのですが、沿道に本当にたくさんの人(老若男女問わず)が並んでパレード参加者に向けて手を振ってくれるのです。

バイクに乗っていて、あんなに温かい声援(?)を受けたのは初めて。鷲尾さん、渡辺さん夫婦も一生懸命手を振り返していました。もちろん、ぼくも。

そして、西コースから鈴鹿サーキットにコースイン。なんと、ボクらがパレードの先頭になっていました(鈴鹿交通教育センターのインストラクターが先導していましたが)。

前に誰もいない、広々としたサーキットを観客の声援を受けて手を振りながら1周! おそらく、この先望んでも実現するのは不可能だろう体験をすることができました。

鷲尾さん・渡辺さん両ご夫妻もいたく感激したとのこと。ただ、「もう少しアクセルを開けたかった!」(時速30kmくらいでしたからね)というホンネも……。

たくさんの人にご応募いただいた「ペアで鈴鹿8耐観戦会」ですが、どんな高価なものより貴重なものだったに違いないと思っています(自画自賛?)。

これからもHONDA Bikesはじめエイ出版社が発行する雑誌では、普通はなかなか体験できないようなことをどんどん企画していきたいと思っています。

楽しみにお待ち願います。

さて鈴鹿8耐ですが、本番は今日、日曜日。予選ではトップ4までをホンダが独占しました。

とにかく、観客を熱くさせる闘いを期待しています!

(写真も付けたかったんですが、まだカメラマンからもらえていません。そのうちアップしますね)

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR