RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

その他の雑誌

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« アールズギアの樋渡代表 | メイン | 中部圏でETC一般モニター募集開始! »

2006年6月14日 (水)

スズキの400ccニューモデル

浜名湖で行われたスズキの試乗会に行ってきました。

といっても、校了間際の本(ビッグスクーター・マガジン)があるため、夕方ホテルに入り懇親会~二次会に出席、翌朝の技術説明を聞いてとんぼ帰りという慌しい日程(だから試乗していないのです)でしたが……。

Gsr400k6_ykv_1 今回スズキが発表したのは400ccクラスのニューモデルであるGSR400スカイウエイブ400/S。どちらもスズキとしては久しぶりの400クラスのブランニューモデルです。An400k7_yhg_1

特にロードスポーツのGSR400は、スズキだけでなく、国産4メーカーの中でも本当に久しぶりのブランニューモデル。400ccクラスになかなかニューモデルが登場しなくなったのは、大型免許が教習所で取得できるようになり、車検のある400ccクラスが250ccまでの軽二輪と401cc以上のビッグバイクの狭間に埋もれてしまったような状況に陥ってしまったという背景があります。

ここ数年の販売台数を見ても、400ccロードスポーツはホンダ・Mc0603013l CB400スーパーフォアが一人勝ちの状態。もちろんCBがとってもよく出来ているのも大きな理由ですが、それに加えてCBを脅かすようなライバル車が登場しなかったことも一因だと思います。

普通免許は400ccまでという日本独特の免許制度ゆえの、ほぼ日本専用設計となる400ccモデルを作るより、ワールドワイドで販売できるビッグバイク(一般的に600cc以上)を作ったほうがメーカーとしては効率がいいのはわかります。

しかし、日本の交通事情を考えると、400ccというのはちょうどいい車格とパワーで、それゆえ400ccクラスのバイクを購入している層はビギナーだけではなく、結構年配のベテランライダーもいるのです。つまり、相当幅広いユーザーからのニーズがあるクラスなのです。

培倶人では、よく250、400ccクラスのバイクでツーリングに出かけますが、特に400のときなどはみんなが口を揃えて「400で十分ですね」と言っています。

みんながみんな大型免許を持っているわけでも、100万円を超えるビッグバイクを買えるわけでもないのですから、もっともっと400ccクラスを大事にして欲しいと最近特に強く思っていました。

ですから、今回のスズキGSR400には非常に期待しています。

アルミフレームに、GSX-R600ベースのフューエルインジェクション付き水冷4気筒エンジン、センターアップマフラーなど、メカニズムもデザインも新鮮さイッパイ。先日FISCOで行われた「スズキ編集長ミーティング」でちょっと乗せてもらいましたが、とっても軽快でエンジンのピックアップもいい感じでした。(ちなみに一緒に乗ったスカイウエイブ400は、150km/hからまだまだ加速できるほどのポテンシャルを持ち、しかも振動が少なかった!)

40代、50代のベテランライダーが乗ってもサマになるGSR400。まずはスズキの頑張りに心から拍手を送り、たくさんの人が乗ってくれることを祈っています。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR