RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 勝ったのはうれしいはずなのに…… | メイン | にわか「豪雨」に要注意! »

2006年5月16日 (火)

キャンプ・エクスペリエンス

13~14日の週末、「PICA富士西湖キャンプ場」で行われた コールマンジャパン主催の「コールマン・アウトドア・エクスペリエンス2006」というイベントに行ってきました。

これは、40歳以上のアウトドア初心者を対象としたキャンプイベントで、培倶人でキャンプ企画をやる際にいろいろお世話になっているコールマンジャパンの田中さん(大のバイク好きで、モトグッツィ・カリフォルニアストーンで会場に来ていました)から「いらっしゃいませんか」とお誘いをいただいたのです。編集部で40歳以上はぼくだけですし……。

告白すると、この30年ほどキャンプらしいキャンプはしていませんでした。最後にしたのは大学生の頃かな~。なので、気分はほとんど初心者で、ちょっとワクワクしながら週末を心待ちにしていました。

ところが、13日土曜日は朝から雨……。実は、当日の朝までホンダバイクスの校了作業をやっていて、家に帰り着いたのが午前7時。ちょっと寝て、午後に出ようとしたら冷たい雨が降っています。ムルティストラーダで行くつもりだったのですが、今後の予定と体調管理、その他もろもろを考えてクルマで出かけることにしました……。

「PICA」に到着したのは午後5時ころ。すでに培倶人編集部のV田と営業の2人のスタッフは到着済み(当然)。樹海ウォークに行ってきました、ととっても楽しそう。ぼくも行きたかった……。

まあ、ぼく的にはおいしそうな晩ご飯のメニューに誘われた部分も非常に大きかったので、ご飯がちゃんと食べられればよかったんですけどね。

Photo_163 その晩御飯のメニューは、・ダッチオーブンタイ風ピラフ ・鶏モモ肉のロースト ・ラムBBQ ・タイ風春雨サラダ+写真家兼料理人の太田潤さんお手製のスモーク多数などなど。さらにギネスビールや各種ウイスキー、ワイン、ジン、ウォッカなどが飲み放題など、とってもシアワセな気分。ただ、雨が降り続いて寒い! だんだん焚き火の周りに人が集り始Photo_164 め、そこでいろんな人とお話しました。

鈴鹿8時間耐久レースに出場する仮面ライダーチームをスポンサードするバンダイの方々もいらっしゃっていて、その中の一人の方が大のバイク好き。いろいろ話をするうちに、「決めました、大型免許を取りますよ!」と宣言。Bさん、約束ですよ~!

Photo_165 そして翌朝は雨があがり、昨日は雨でできなかったカヌー体験講座が行われました。ぼくもⅤ田と2人でカヌーに乗り込み、鏡のように穏やかな西湖でしばし水遊び(実は、翌15日の朝、なんか背中が痛いな~と思ったら、このせいだったようです)。眼前に富士山が見え、なんだかとってもシアワセな気分(2度目!)。

このイベントは、初心者が対象なのでテントや炊事道具は用意されていて、参加者はシュラフと食器を持っていくだけ。ほとんど手ぶらも同然でキャンプ泊が楽しめ、次に自分が行くときのノウハウを教えてもらえるというもの。いってみれば、「体験版カルチャースクール」のようなもの。

一度よく知っている人が付いて経験すれば、キャンプなんか実は簡単ですからね。いわゆる、きっかけ作りのイベントなのです。

十分楽しませてもらったぼくは、いい考えが浮かびました。

このアウトドアエクスペリエンスの、バイクキャンプ版ができたらいいな~と。培倶人やドカマガ、ホンダバイクス、ボクサーなどの誌面で参加者を募集して、1泊2日でバイクツーリング&キャンプを体験してもらうイベント。楽しそうじゃありませんか? 誌面によく登場している方々を招いてトークショーをやったり、もちろんバイクキャンプのノウハウも専門家に教えていただく。そして、参加された方々と我々スタッフがドンちゃん騒ぎをする(これが目的!?)。

コールマンさん、こんな企画いかがですか?

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR