RIDERS CLUB 最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« 二輪ETCの試行運用範囲が拡大 | メイン | 遅ればせながら初高速タンデム »

2006年4月29日 (土)

シート交換ならず!

朝からどんよりとした空模様。午後から雨の予報だったので、午前中に先日出来上がったシートジョイ特製シートをムルティストラーダに装着することにしました。

シート下にガソリンタンクがあるムルティの場合、シートの取付け方も独特で、キーでロックを解除してという一般的な方法では外れませい。シートの前後が2本ずつ、計4本のボルトで車体に固定されているため、その4本のボルトを外してシートを取り外すという結構厄介な構造になっています。

まず、左後ろのボルトを外しました。なのにシートはピクリとも動きません。1本だけじゃだめなのかな、とも思いましたが、なんか嫌な予感がしたのでいつもムルティの面倒を見てもらっているモトギャルソン杉並(http://www.motogarcon.com/ )の坂本メカに電話で取り外し方を確認してみました。

坂本メカの答えは、ちょっと想像を絶するものでした。

「ムルティのシートは、タンクを持ち上げないと外れませんよ。それに、のむらさんのにはトップケースのステーが付いているから、それも取り外さないと」

…………。それって一体どのくらいの時間がかかるの?

「そうですね、2時間くらいかな。でも、ご自分でやらないほうがいいと思いますよ」

ハイ、素直に止めときます。来週、時間を見つけてお店に伺う約束をして、電話を切りました。

シート交換だけで2時間とは! タンクをシート下に配置したり、新しい製造方法を採り入れていたり、また初期のデザインに忠実に量産化したりと、いろいろ理由はあるのでしょう。それに、シートを交換する人って、そう多くはないしね。

とはいえ、タンクを持ち上げないとシートが外れないのはちょっと考えもんじゃないかな。

どんな座り心地か、早く試したくてワクワクしていたのに残念です。

来週、絶対に時間を作って交換してもらうことにします。

Photo_95そういえば、この間雨の中を走ったあとに掃除をしていたら、シートカウルのあたりから転がり落ちてきた(振動でどこからか外れたようです……)直径25mmくらいの板ゴムも元あったところに取付けてもらおうっと。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR