RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

2016年9月22日 (木)

四輪免許に125㏄免許を付帯はダメですか?

二輪車の需要喚起策として、
四輪の普通免許に
125㏄まで(免許区分でいうと小型二輪)の
免許を付帯するという意見について、
いろいろな声が上がっていますね。

意見の大半を収斂すれば、
「どうやって安全を担保するのか」
ということになるかと思います。

もちろん、おっしゃることは分かりますが、
この国は国民に対する過保護な政策が
さらなる発展を妨げていた側面を
考慮してはいかがかなと思います。

EUはずいぶん前から
四輪免許に125㏄まで乗れる
二輪免許証が付帯していて、
大きなコミューターニーズを生み出しました。
都心への四輪集中を緩和する意味合いも
多かったと聞いています。

日本に置き換えてみると、
四輪免許に125㏄までの免許が付帯すると
どんなことが起きるでしょうか。

少なくとも、
東京をはじめとした大都市では、
渋滞を避けてバイクに乗り換える人が
多数出ると思います。

地方に目を移しても、
単なる移動に軽四輪自動車を使用していた人が
より経済的で機動的なバイクに
乗り換えるかもしれません。

それ以上に大きなことは、
必要に迫られて50㏄バイクを使用している人が
日本以外の世界でグローバルスタンダードになっている
125㏄バイクに乗り換えられる確率が
大いに増えるということです。

現状の50㏄バイクは、
ガラケーならぬガラバイク。
日本でしか需要がないもので、
それゆえコストも高くなっています。
おそらく、50㏄を作っているメーカーは
作らなくて済むなら作りたくないと
思っているのでは、と思います。
高校生や前述の業務使用者のために
使命感で作っているだけの状態ですから、
ある意味コスト度外視の
事業であって事業でない状態……。

こういう規制によるあれこれが、
実は日本に、そして国民に
不自由や犠牲を強いているのではないでしょうか。

「安全の担保」は
もちろん絶対に必要ですが、
従来の考えを打破して
何を生み出していくかを考えることが
いまの日本の社会には必要な気がします。

もちろん、閉塞状況から抜け出だせない
日本の二輪業界にも。

2016年9月 8日 (木)

北海道の道路の復旧をお祈りします!

台風10号の影響による、
北海道の道路の被災状況は
まだまだ深刻なようです。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6213793

先週の土曜日に、
BikeJIN祭りのプレイベントを行った
弟子屈町から白老町まで
1日の木曜日に
通行止めが解除された道東道を
クルマで移動しましたが、
通行止めだった芽室~占冠間は、
高速道路の壁面が崩れて
ブルーシートだらけだったし、
近くを流れる川はまさに激しい濁流。

水が引ききっていないところも
あちこちで見られました。

実際、弟子屈で出会ったライダーも、
日勝峠や狩勝峠が通行止めで
祭り参加をあきらめたと言っていました。

おそらく、道路事情で
祭りに参加されなかったライダーが
今回は相当数いらっしゃったと思います。

それはそれで非常に残念でしたが、
いまは一刻も早く道路が復旧して、
道東と道央、道南の交通が
通常の状態に1日も早く戻ることを
念じてやみません。

2016年8月19日 (金)

「胸部プロテクターJMCA推奨制度」がスタート!

2

なかなかアップしない
胸部プロテクターの装着率を、
何とか向上させようと
業界一致で取組んでいますが、
JMCAが8月17日から
「JMCA推奨胸部プロテクター制度」
をついにスタートさせました。

装着率アップを阻んでいる理由のひとつに、
用品店にたくさん並ぶプロテクターから
何を選んだらいいかという
基準がない・あいまいということ。

それなら、ということで、
JMCAはユーザーが選びやすくなるよう
安全基準作りを進めてきました。

今回、まずは
ヨーロッパの安全規格をパスしたものを
「JMCA推奨胸部プロテクター」として、
上にあるステッカーをパッケージに貼って
識別しやすくするとのこと。

さらに、今年中を目途に
JMCAが独自に安全試験を行った
胸部プロテクターの「JMCA認定」制度も
実施していく方針のようです。

こういう努力によって、
1人でも多くの人が
胸部プロテクターを装着することを
強く願っています!

by胸部プロテクター普及委員長(自称ですよ)

保存

2016年6月14日 (火)

レザーパンツのウエスト直しが終了!

1

中高年になってくると、
身体の一部分だけが成長してしまいがち。
つまり、おなか周りです……。

そうなると、何が辛いというと
レザーパンツのウエストが
どんどんきつくなってきます。

ボクも最近、お気に入りの
クシタニ・エクスプローラージーンズ
パツンパツンになってきて、
ボタンは閉まるけど
常に締め付けられている感じに
なってしまっていました。

2そこで、クシタニさんに相談したところ、
なんと簡単に調整(つまりサイズ拡大)が
可能だというお返事。

早速、通常のタイプとメッシュタイプを
お願いすることにしました。

修理が完成して出来上がってきたパンツは、
実に丁寧に修正が加えてありました。

ベルト周り、サイド、
そして裏地まで分解して、

3それぞれに拡張する分だけ
新たに革と布を挟み込んで、
再び仕立て直してありました。

このウエスト直しは
1本1万2000円(+税)で

4対応してくれます(要2~3週間)。

さらに、パンツの太さを細くしたりなど、
さまざまな修正にも応じてくれるそうです。

レザーパンツは高価なだけに、
こういう修正が簡単にできるのは
とってもありがたいですね!

保存

保存

保存

2016年5月31日 (火)

「適正」な改造はOKですよ!

Kaizo

先ほど、国土交通省の
自動車局環境政策課から、
明日から始まる
「不正改造車を排除する
運動の強化月間」に関する
プレスリリースが届きました。

二輪車を対象にした街頭検査などによって、
違法マフラーの使用などを
摘発するというものなのですが、
同時に送られてきたポスターに
注目していただきたいんです。

ポスターの一番下に、
「交換用マフラーのカスタマイズは
基準適合品をお使いください」
と書いてあります。

つまり、基準適合品なら
カスタムしても問題ありませんと、
国がお墨付きをくれているんですね。

現在のところ、この基準適合品で
広く流通しているのは
ご存知のJMCA認定マフラーです。

JMCA認定マフラーで
安心してカスタムを楽しみましょう!

2016年3月 8日 (火)

B+COM SB5Xを装着しました!

Bcom1 SB213.EVOから使い始めたB+COM。

4Xでずいぶん進化したと思いましたが、
最新型の5Xは音楽やナビの音声案内を聞きながら
インカム通話もできるという優れもの。

バージョンアップした機能を試すため、
SHOEI J-Cruise PASSEに装着しました。

Bcom2

最近のヘルメットは、
インターコムのスピーカーが
セットしやすいように、
両耳のあたりがへこんでいるものがあります。
このPASSEもそのへこみがあり、
スピーカーが上手に収まりました。

早速スマホと接続して、
まず音楽を聴いてみたら
定評のある音のよさが大きく進化!

雑味のない高音はそのままに、
低音もかなり強められていました。
音にさらに厚みが加わった感じ。

次は、音楽を聴きながら会話をする
「聴きトーク」を試してみます。

2016年1月22日 (金)

迷ってるならまず乗ってみましょう!

020021 いま、BikeJINRIDERS CLUB
ドゥカティジャパンさんとコラボして
ムルティストラーダ1200ツーリングパッケージと
1299パニガーレを3カ月間モニター試乗できる
一大キャンペーンを展開中です。

このキャンペーンのことを
某バイクメーカーの方に話しをしたら、
どちらも250万円近くする高級車ですから
「欲しい!」「買おう!」と思っても、
本当に買って満足できるのか、
自分に、自分の使い道に合っているのか、
おそらく多くの人はちょっとは
購入に至るまでに迷うはず、
店頭での試乗では分からないことも
3カ月も乗れば分かるはずだから、
こういう試乗モニターはいいよね、
とその某メーカーの方も言ってました。

他メーカーさんも
こういうキャンペーンをどんどん
行って欲しいですよね。

そしてその際は、
ぜひ私どものバイク誌を
ご活用くださいね!(笑)

2015年12月19日 (土)

スマホタッチ付きの電熱グローブはとても便利!

Glove_2そしてもうひとつ、
電熱式ヒートグローブもテストしました。

こちらも車両電源セットが使えますが、
今回は内蔵用バッテリーを使用。

こちらも今まで同様、しっかり暖かく、
しかも指先にスマホタッチがついているので、
スマホのナビなどの操作も可能と
かなり便利になっていました。

暖かくなるのは手の甲側なので、
グリップヒーターと併用すれば
手の表も裏もホッカホカです!

これで冬装備はほぼ完ぺき。
あとは時間を作って
どこかに行くだけなんだけど……。

電熱ベスト・e-HEATをテストしました

ベローチェには12Vコンセントが
車体の右サイドに2つ備わっています
(そのほかに、USBコネクターも2つ)。

Vestこの12Vコンセントは、
電熱ウエアを接続するのにピッタリで、
RSタイチさんのe-HEATシリーズ
インナーベストを早速モニターさせて
いただきました。

車両電源セットにはシガーソケットが付属していますが、
ベローチェのコンセントは

Eheatヨーロッパ車に多いヘラータイプ対応。
なので、キジマさんの
ヘラー×シガー変換アダプターを用意して、
シート下に電源ユニットを配置。
まったく空きスペースのない
ベローチェのシート下ですが、
小型の電源ユニットはピッタリ収まり、
コード類やソケット&アダプターも
ちょうど隙間に収まったので、
シートの下からヘラーソケットだけ外に出し、
外観もとってもスッキリ。

ウエアへの接続コードとジャックは
シート右側に取り出しました。

エンジンをかけて、ベストにコードをつなぐと
もう瞬間的に暖かくなってきました!

以前からこのe-HEATの
バッテリータイプを使っていましたが、
温まり方の速さが全然違います。

気温は10度前後でしたが、
高速道路を連続走行しても
3段階切替えのハイパワーだと
汗ばんでくるほど。
ノーマルか、あるいはエコノミーでも
十分暖かく走れました。

バイクを降りて電源を切ったら、
急に寒く感じましたから
電熱ベストの効果は抜群ですね。

なによりいいのは、
暖かいので体の動きがスムーズなこと。
寒いとどうしても身体がこわばって、
機敏な動作ができなくなりますから、
安全のためにも電熱製品は効果大ですね。

2015年11月10日 (火)

謎の「TRIP FUEL」表示……。

2 多彩なメーター表示が
ツーリズモ・ベローチェの魅力の
ひとつなんですが、
ちょっと不思議な表示が
この「TRIP FUEL」。

ガソリン残量が残り4.5リットル、
いわゆるリザーブ状態になると
この表示が現れるのですが、
TRIP FUELの下に表示される数字は、
リザーブになってからの走行距離、
平均スピード、走行時間です。

いままで乗ったことのあるバイクで、
こういう機能のあるバイクのほとんどは
リザーブ状態になると残りのガソリンで
「あと何㎞走れるか」が表示されました。
厳密ではないにしても、
給油するタイミングを考えるには
走行可能距離の表示は便利なもの。

しかし、ベローチェの場合は、
リザーブになってから
「何㎞走ったか」。

普段の平均燃費×4.5リットルで
走行可能距離を計算することはできますが、
なぜこの表示方法を採用したのか、
それがちょっとクエスチョンです。

おそらく、それなりの理由はあるのでしょうが、
メーカーによっていろんな考え方があり、
それもバイクを深く楽しむうえでは
大切なことかもしれませんね。


バイクお勧め案内

  • RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • BikeJINキャンプセット2015 ワンデイツーリングバッグ黒×赤 Ver.R/C コンツアーROAM 3 BikeJINパッケージ アイウエアブランドOAKLEYのミリタリー部門「ESS」サングラス BikeJIN×MaxFritzロールアップハンチング クシタニ×ライダースクラブ「GPR6-1.1 RACING GLOVES Ver.RIDERS CLUB」 CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー CLUB HARLEY オリジナルTシャツ ショット・オンライン

Facebook

  • エイ出版社Facebook

ばす駅長PhotoBook好評発売中



PR