PR


Lightning&2nd関連情報

  • ライトニングオリジナルグッズ

Lightning&2nd関連本

関連サイト

  • 【ライトニング公式サイト】

    ライトニング公式サイト「ライトニング・ウェブ」

    【2nd公式サイト】

    2nd公式サイト「アットセカンド」

Schott online


  • バイカーに愛され続けてきた本物のギア、ショットのライダースがオンラインで勢揃い!

Lightning&2nd最新号

Lightning Facebook

エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

新刊

2014年2月13日 (木)

ニューアイテム入荷!!

ライトニング編集部員の独断と偏見で、
Schott のアイテムをチョイスし紹介するショットオンラインにて
新製品が続々入荷!!!!

56

来シーズンのアイテムを先取りしちゃってください!!!!



    

2013年4月13日 (土)

広島弾丸ツアーで発見した気になるアイツ……

どうも、こなさんみんばんわ!

KING-CHANGです。

日本語読みではきんちゃんです。

HONG-KONG(ホンコン)と同じ要領です。

そこんとこヨロシク!!

キンパラです!!

今週はライトニング6月号の取材で広島にツーリングしてきました。

広島といえば、

Photo_4

そうです。ダートラです。

広島のモミアゲスピードが主催するダートラレース、「フィールドデイ」に初挑戦してきました!!

レース結果はライトニング6月号を楽しみにしててください。

そこで、道中嬉しい発見があったので、こちらで紹介させていただきます。

こちらは広島ツアーを共にしたカメラマンの伊勢さんです。

Photo_5

ライトニングやクラブハーレー、またバイク雑誌もろもろなどで活躍されている

カメラマンさんです。

その伊勢さんのクルマの中で発見したのは……

Photo_6

特大号の付録としてついているSchott×Lightningの、メルトンアイウエアケースです。

クルマのシフトレバーにかけてサングラスを入れたり、

また、ノートパソコンを常に持ち歩いているので、ケーブル入れにも使ってくださっているそうです。

さ-らーに、

1_2

モミアゲスピードのロドリゲス1号兄貴も使ってくださってました。

ダートラのコースは砂埃がすごいんで、サングラスや携帯を守るのに使っているそうです。

優しくて、あったかくて、ごつくて、熱くて、さらにライトニングの付録まで使ってくれているなんて……

素敵な兄貴です。

今後はロドリゲス3号を名乗らせていただきます。

さーらーに、

本誌をご購入された方は既にご存知かと思うのですが、

こちらはショットの代表的なアイテムであるピーコートと同じメルトン生地やボタンを使っていて、

サイズも程よく、アイウエアのみならず、携帯やコンパクトカメラ、パイプなど、様々な小物のケースに使えるんです!!

使い方はあなた次第ってやつです!!

どーですか、欲しくなったでしょ?

ロドリゲス兄貴のお墨付きですよ!!

もちろん本誌の中身は年に一度の

特大号なだけに、僕たちが憧れる”アメリカ”を一冊に詰め込んだ超特盛版ですが、

付録も見逃せないんですよ~。

まだ間に合います! 気になった方は全国の書店、コンビニへどうぞ~。

(バターロール改め、KING-CHANG改め、ロドリゲス3号・キンパラ)

2013年3月27日 (水)

もうすぐ特大号発売ですね。

編集部モトサヤゲンキです。

まもなく3月30日といえば
ライトニング5月特大号の発売日!

毎年恒例の特大号付録ですが、
今年はこちら!!

1_4




メリカの老舗ブランドであり、

いまなおアメリカでのもの作りにこだわる。
名作は「ワンスター」といえば、
御存じSchott!とライトニングのコラボアイウエアケースです。

Schottのライダースと並ぶ名作といえば、もちろんピーコートですよね。

そんなピーコートのメルトンを使用して、
アメリカ本土のSchottファクトリーにて作ってもらったんです。

 


Bottun_3

ピーコートからそのまま拝借させていただいたイカリボタン。

もちろんSchottについているやつね。

Taga_2







Schottロゴの裏には。。。。。

Tagb_3

Lightningのロゴ入り。これはボクらがホントうれしいです。

Cloth_2

 


いざという時、アイウエアもふけます。(でも専用ではないから、いざという時ね)

2_3

 

これが使いたくて、眼鏡買っちゃいました。(言い訳)

オリバーピープルズの名作「シェルドレイク」のブラウンべっ甲柄です。

早くアイウエアケースに入れて持ち歩きたいぜ!!

2012年10月16日 (火)

本日『THE REAL McCOY'S BOOK 2013』発売!

こんにちは 編集部マサイです。
本日16日は、ファン待望の
別冊Lightning Vol.124 
THE REAL McCOY'S BOOK 2013
』の発売日です。
日本を代表するアメリカンカジュアル・ブランドである
「ザ・リアルマッコイズ」のミリタリー、
モーターサイクル、ワーク&スポーツのカテゴリー別に
2013年モデルを一挙紹介! 
そのプロダクツができた背景なども丁寧に紹介しているので
マッコイファンも、はじめてマッコイの世界に触れる人も
「ザ・リアルマッコイズ」というブランドをより
知ることができると思います。そうなると洋服の見方が変わるというか、
ひとつひとつのディテールをじっくり見たくなったり
すぐにでも誰かに言いたくなってしまったりするはず。
こだわりの多いライトニング読者のみなさんには
ぜひ持っていてもらいたい1冊です。
2013

2012年9月 3日 (月)

ライトニング10月号好評発売中!

編集部マサイです。こんばんは。
『ライトニング10月号』、ただいま好評発売中です。
みなさん読んでいただけましたでしょうか。
今月号のご紹介です。まずはデニム特集。

L1040891 「オアスロウ」代表の仲津さんは、日常的に仕事着としてのデニムと、ジャストサイズのデニムで、上品に穿きこなす、ふたつのスタイルを伝授。

L1040890各ブランド別の穿き込みサンプルも必見。穿き込み年数、洗濯回数、着用頻度など分かりやすく記載しているので、ぜひ参考にして。

L1040887_2第2特集は「the ROOTS and STORY……」。ファッションアイテム、クルマ、モーターサイクル……我々の身近にあるものの誕生秘話や意外なストーリーを紹介。そのアイテムがもっともっと好きになるはず。

Kan10_2巻末特集は「インダストリアルファニチャー」。ワタシたちがよく行くアメリカンカジュアルショップやカフェ、雑貨店などをよく見ると、重厚で存在感のある工業家具が使われていることが多いんです。各ショップのブランドコンセプトや世界観に合わせた家具のセレクトや内装など、どうぞご覧ください。

L1040888そして綴じこみ付録は「JELADO 2012 FALL&WINTER」カタログ。写真はジェラードの提案する6つプダクツのひとつ「ヘラクレス」。ヴィンテージ古着の世界で人気の「ヘラクレス」を現代のアイテムとしてジェラードが復刻。

L1040889_3こちらはシュガーケーンの秋冬コレクション。LONE STARや MADE in U.S.A.のデニムを中心に掲載しています。

L1040892そしてフェローズの秋冬の新作が届いた「AUTUMN&WINTER COLLECTION 2012」のページには、へビーなライトニング読者ならおそらく見たことのある顔がちらほら見受けられるはず。

ぜひぜひご覧になってください。コチラでもお買い求めいただけます。

2012年7月31日 (火)

ライトニング9月号出ました。

Lihtning12_09_2こんばんは。オリンピックは前半が好き、でおなじみの編集マサイです。世の中がオリンピック一色ですが、その中で無事『ライトニング』9月号が発売されました。特集は「この夏、週末の達人になる。」

これから夏休みを取るという人も多いと思います。また、長い休みでなくても、「急に1日空いてしまった」なんて人は必見。

釣り、キャンプ、ツーリング、サーフィン……達人たちの週末を拝見するとともに、編集スタッフも自分たちがしてみたかった「理想の週末」を実際に体験。

この特集を読めば「1日あれば、こんなに遊べるんだ」と思うはず。

1_2

年間50回ほど野外泊をするという、アパレルディレクターの田上さん。自然の中で「暮らす」ように楽しんでいるそう。使う道具も機能性を重視したもの、自分で納得して選んだものばかり。

12

ウチノキクチPresents 「半世紀近く前のマッスルカーだけでツーリングがしてみたい」。正直、クルマをあんまり知らないワタクシでも「楽しそー!」と思ってしまった。でも実際こんなクルマが走っていたら、見ちゃいますよね。

2

こちらのページには夏に欠かせない「サングラス、帽子、サンダル」たちが大集合。これをライトニング的には「夏の三種の神器」と呼ぶことにします。お気に入り、見つけてくださいね。

3

そして巻末特集では、意外!? と『ライトニング』では取り上げることの少なかったウエスタンシャツの特集。ヴィンテージから最新モノまで集めてみました。全部試着しているのでシルエットなんかも参考にしてみて。

そして、稲妻フェスティバル2012のブログも開設いたしました。
http://blog.sideriver.com/inazuma2012/
情報は随時アップしていきますので、こちらもお楽しみに。