RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« 2019年11月 | メイン

2020年1月27日 (月)

Vol.698 1月27日 RIDERS CLUB 3月号発売です!

Rc03_banner

Rc03_1

Rc03_3Rc03_3_2

 


悩みの尽きないライテク……
基本のコレはやっちゃダメ!は想像つくけれど、
セオリーから外れようが知りたい気になるアレコレ。
そんな皆さんがドッサリお寄せくださった
Questionにできるかぎり幅広くお答えしました。

Rc03_4_2Rc03_5_2

Rc03_6_2

 

それと乗るならツインでしょ!
と言わんばかりに
年々醍醐味が大きく進化しているビッグツインで、
どれが大人向けとして愉しめるかを検証。
ツイン乗りのボクでさえ、
最近の圧倒的な瞬発力と繊細バランスの両立には
開いた口が塞がらない状態。
そしてビッグツインの新顔が増えて
チョイスの幅が広がっているのも嬉しいかぎり。
日本メーカーから、ココまで前へ前へと出てくる
押しの強いビッグツインは皆無なのが寂しいですよネ。

Rc03_cover

2020年1月12日 (日)

Vol.697 1月9日 RIDERS CLUB 2月号発売です!

Rc02_banner

新年明けましておめでとうございます。

2020年2月号は大人の事情で発売延期、
年明け1月9日の発売となってしまいました。
お待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。

Rc02_cover

さてその2月号のテーマはブレーキングの意識改革。
たとえばリヤブレーキについて、
プロのレーシングライダーは使わない
そう信じるファンもまだいるようですが、
実はご存じのように最新モトGPマシンは
左親指で操作するサムブレーキ装着が
トレンドになっています。
フットペダルが踏めない右へのバンク中を含め、
減速からホイールスピン管理までと
レースならではの極限操作が可能だからです。
一般公道でも後輪の回転を落として
減速を助けるだけでなく、
後輪が接地できるようFブレーキを扱えれば
驚くほど安定してスパッと停車できます。
この後輪を接地させるFブレーキのかけ方こそ、
怖くない、そして安全で確実な操作なのです。

Rc02_1

Rc02_2

ブレーキは、
かければカクッとノーズダイブして効いてくるモノと、
条件反射的に信じて身体が覚えている
そういう方々が圧倒的多数ですよネ。
でもレバー操作次第でカクッと前のめりせず、
前輪の路面追従性を高度に維持できるので
制度距離も短くなるのです。
強めのブレーキにも慣れている方を含め、
この機会にブレーキングについて再確認してみませんか?

Rc02_3

また今回は本誌スタッフが独断と偏見、
そして愛を持って選ぶ
ライダースクラブ・オブ・ザ・イヤー
2019年のベストはどれか、
本音をご覧ください!

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR