RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2018年9月 | メイン

2018年10月29日 (月)

Vol.684 10月29日 RIDERS CLUB 12月号発売です!

Rc12_banner

電子制御にどんなイメージをお持ちだろうか。
トラクション・コントロールのように
暴力的なパワーを限界まで攻めたとき、
ハイサイドとか危険な転倒を防ぐため
パワー制御して介入してくるシステム……
まだそのような捉え方をしていると、
あなたは最新機能だからこそ可能になった
ビギナーでも安全に醍醐味を楽しめるライディングに
自ら蓋をしてしまったも同然。
即ち、モトGPマシンの開発過程がそうであったように、
当初はリスクを回避する仕組みだったモノが、
如何に扱いやすく乗れるかに特化し、
それがいよいよ最新市販スーパースポーツへ
次々と反映されはじめたからだ。

Rc12_cover_3

たとえば最新モデルで「レインモード」は
雨の日用のモードではなく、
晴れたドライ路面でもリスクを避け
醍醐味を楽しみたいライダーには至福の時を提供する。
前輪が路面から離れたかのような荷重がなくなった感覚と、
どんな状況からでもスロットル全閉から開けた瞬間でさえ
猛烈なパワーにドキッとする尖った反応ではなく、
’80年代後半に
2st250レプリカで多くのライダーが虜になった、
勢いよく開けて官能的なダッシュを待つ、
あの感性と同じ世界が展開されるのだ。
その馴染みやすさに、
まさかの考えてもみなかった
徐々に攻めたライディングを楽しみはじめてしまうだろう。
300km/hとか「肘スリ」とか、
パフォーマンスバイクへの憧れは
持ち続けてきたけれど、
もうさすがに「Too much」な部分が多過ぎて
自分には関係ない……
等々、縁のない世界と諦めていた方々にこそ、
ぜひ味わって頂きたいクオリティなのだ。
しかも試してみればわかるのだが、
予め専門知識など仕込んで置く必要もない。
人間の感性に馴染みやすい特性を追求しているから、
突然のコトに驚かされる危険度など皆無なのが
乗っているうちに納得できるに違いない。
食わず嫌いこそ一番もったいない!

Rc12_01

Rc12_02Rc12_03

立ち読みはコチラからどうぞ。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • BikeJIN × Coleman CAMP STARTINGSET 2018 バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット2018 ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR