RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

エイ出版社からのご案内

  • DRY GOODS STORE オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« 2017年10月 | メイン

2017年11月27日 (月)

Vol.672 11月27日 RIDERS CLUB 1月号発売

Rc1_banner

話題のZ900RSに狂喜乱舞している
巻頭に注目!なのですが、
担当としてご紹介する今月のライテクは
先の見えないコーナーの走り方。

02_2

ワインディングは山肌でブラインドだらけ。
そこに勢い良く突っ込むのは自殺行為だけど、
だからといってパーシャルのまま
様子伺いで怖々走るのは何とかしたい……。
そこでまたしても基本ビビリーなボクが
(最近連発してるので益々信じてもらえないらしいですが)
ヨーロッパで世界GPなど初めてのコースだらけで、
しかも当初は一般公道閉鎖が全レースの半分という
過酷な環境で学んだアレコレをベースに、
読者の皆さんに伝授しようという企画です。
レースは速く走るために特化したテクの世界、
そう思われがちですが、
先ず何より安心できる状態に自分を置く
これが先決という意味で、
ワインディングを走るヒントだらけです。
初めてのコースで先輩から教わったのは、
常に状況対応し続けるコト。
つまりコーナリングをパターン化して
その理想に近づけようとするのは間違いだという
衝撃的な言葉でした。
だから同じコースを繰り返し走って慣れるのは、
ライディングの実力アップにならないというのです。
その観点で走りを変えてから、
初めてのコースが楽しくさえ思えるように……
その基本のまま思いきりアベレージを下げると
マージンたっぷりにワインディングの醍醐味が
楽しめてしまうのです。
なので、速く走るためという意味ではなく、
常に自分で操っている状態を維持することが大事。
エンジンの低回転域で良いので、
後輪が路面を蹴っている状態を維持する、
リーンもここぞという地点で
必ず曲がれるテクというより作法を身に付ける、
これどちらも難しくありません。
といってもすぐには信じられませんよネ。
そんな方にこそ読んで頂きたい今月号デス!

Rc1_01

03

Rc1_coberb

立ち読みはコチラからどうぞ。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • 初夏!キャンプツーリングだ!BikeJINで行き先を決めよう! NAVITIME ツーリングサポーター RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG BikeJIN×Coleman キャンプスターティングセット 2017 ESS CROSSBOW GASKET ONE BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー ショット・オンライン

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR