RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月20日 (日)

Vol.610 10月20日 Daytona ご報告_その2

Daytona 第2日目 Formula Vintage

Daytona2013_2day_5昨日ブッチギリで優勝できたフォーミュラ・ビンテージ、今日はエントリー台数が増えてさらにもう1列後ろからのスタート。朝のプラクティスでキャブセッティングを再調整、万全の状態で昨日よりペースアップできたので、スタートから抜きまくり、最終ラップには第1ウェーブの500 Premierに追いつ

Daytona2013_2day_6く勢いで完勝できました!(画像はすべてクリックすると拡大できます)



Daytona 第2日目 Formula 750

Photo

Daytona2013_2day_3_2AHRMAの今シーズン最終レース。このクラスは今年もチャンピオンを決めたジョン・エリスとボクの完全な一騎打ち。今日こそはリベンジとグリッドにつくと、彼からベストを尽くそうゼの拳と拳をぶつけあうfist bump。今回は昨日のスタート直後の混戦を何とか切り抜け、第1コーナーでジョンの前に出

Daytona2013_2day_4かかったトコロで、イン側にいた彼が前車をかわすのに急にアウトへ膨らんできて先行を許すことに……しかし混走のBattle of Twinたちのスリップストリームを利用して2ラップ目の第1コーナーでハードブレーキングを敢行、何とかジョンの前に出ることに成功! ココからはグッツィのシャフトドライブとローとセカンドのギヤ比が離れている弱みにつけ込まれてインフィールドで抜かれ、裏ストレートのシケイン突っ込みで抜き返す、まさにサイドバイサイドのデッドヒート。迎えた最終ラップ、完全に射程距離に収めたままシケインで距離を詰めようと目論んだものの、さすがにジョンも頑張ってそのまま第3ターンから第4ターンのバンクで先行され、ホームストレートでもジワジ

Daytona2013_2day_1ワ距離が詰まるもののヤバイかも状態……それでもゴール手前でスリップストリームから右へ出た瞬間に僅か1mの差で負けました。でも死力を尽くした満足感から悔しさより楽しかったほうが大きく、パドックへ戻ってからヒーローインタビューもふたりで大はしゃぎ。ジョンは完全にオーバーレブ覚悟で引っ張りまくったのと、最終レースだからとピストンが溶けるリスクを冒して超ハイオクタンガスを使った由。念願のボクとのデッドヒートができたと、彼も大興奮状態……イヤ~面

Daytona2013_2day_7jpg白かった、今年もデイトナを満腹しました。車載カメラを含め今年も動画を撮っているので、後日アップします。モトラボロのデイトナまで随行してくれた関戸メカニック、バイクをここまで仕上げてくれた神宮司さん、そしてグッツィでは考えられないパワーをNewピストンで実現してくれた大村製作所さん、さらには4レースを1セットで完走できる安定したグリップの仕様にしてくれたピレリ・タイヤの皆々様、本当に感謝デス。そしてそして、たくさんの応援をしてくださった皆さん、ありがとうございました。最高にシアワセです!!

Daytona2013_2day_10

Vol.609 10月20日 Daytona ご報告_その1

ご報告のその前に、のっけから言い訳ですが、
デイトナを前にして担当している台湾での仕事など、
何だかんだで多忙を極め、何とかfacebookだけは
更新してたのですが、
このブログまでは手が回りませんでした。
いまデイトナのパドックで、
慌ててfacebookに掲示した内容を
ブログにアップしています。
先ずは順を追って出発前日の15日(火)から……

Daytonaへ出発します!

V7_1_2明日の水曜日、今年のAHRMAビンテージ最終戦・Daytona International Speedwayに向け出発します。我が愛車MOTO GUZZI V7 Sportは既に9月26日に成田へ搬入してもらったので、今ごろはDaytonaのパドックで我々の到着を待っている筈。

V7_1_4実はMOTOLAVOROでの最終チェックでオイル漏れを発見、クランクシャフト後端を指示するホルダーとガスケットが、9,000rpmという'72年型グッツィでは考えられない高回転と高出力に押し出されるカタチでずれてしまっていました。ついでにクラッチ板も交換、前回テスト走行前にオイルポンプ

V7_1_6のダメージ交換と共にオイルライン新設など、やはり昨年からのパフォーマンスアップは各パーツの寿命を確実に短縮しています。肝心のNewピストンは最終確認で問題なく、この仕様で再度組み込まれ準備万端。サァ、13年目の今年はどんなレースができるのか、3日間のレースを思いきりエンジョイしてきます!

V7_20130821_1



Daytona 到着!

Img_1200台風の影響で成田出発が大幅に遅延、アトランタからの乗り継ぎに間に合うか等々、初日からハラハラドキドキさせられましたが、無事フロリダ州デイトナに到着! 未だ夏の気配が色濃く残るデイトナは気温も32℃。1年ぶりの再会になる仲間たちと話しまくり、今日の気分はサイコー。愛車グッツィV7

Img_1198も、13年目にして新調してもらったBOXから解放され、ご機嫌な感じが伝わってきます。選手受付・車検・ライダースミーティングを終え、いよいよ明日はレース。緊

Img_1199張しつつも心が弾みはじめているので、先ずは慎重に行かないと……


Daytona 第1日目

Daytona2013_1day_1Daytona2013_1day_2_2

早朝7時にパドックオープン……まだ薄暗い朝焼けの情景は毎年のことながら、エネルギー貰えます。午前中のプラクティスは慎重に、しかし徐々にペースアップしつつ手応え感じることができました。で、午後のボクにとって最初のレースはFormula-Vintageクラス。500 Premierと500GPが第1ウェーブ何と最後列最後尾からのグリッドから16台をごぼう抜きして優勝できました!しかし肝心の最終レース、Formula750はいつものライバルJohn EllisのXS(750)が、レース後に聞いたらヘッドのバルブ角度まで変えるチューンを施し、昨年のリベンジ狙っていたらしく、スタートの混戦でつい た差を詰められずに2位……明日も同じプログラムでレースがあるので、今度はこちらがリベンジ狙う番!

Daytona2013_1day_3_2Daytona2013_1day_4

 

2013年10月10日 (木)

Vol.608 10月10日 「魔女か天女か」が発売になりました!

Photo_2第1回GE賞で大賞を受賞したヒット作
「裏閻魔」の“中村ふみ”待望の新作が発売になりました。
今回も歴史ファンタジーで太閤秀吉の時代。
そこそこ長編ですが、
一気に読ませるエンターテインメント性あふれる痛快さに、
皆さんから嬉しいご評価を頂いています。
「裏閻魔シリーズ」を読まれた方ならおわかりになる、
さらに磨きのかかった「ハラハラドキドキ」が展開され、
映画やDVDを楽しまれる感覚を
文字からイメージする世界で没頭できる筈……
自分で担当した刊行物なので
我田引水になってしまいますが、
絶対に後悔させないオススメの自信作です!
全国書店で好評発売中、
小社オンラインショッピングでもお求め頂けます。

あらすじ
出羽の尼寺に異国生まれの母と住む少女、千寿は戦火で母を失い、鉄砲鍛冶を営む津田小三郎に助け出された。その父が亡くなった後、千寿は父が作った、当時ではあり得ない新型の鉄砲を携え、旅の僧に姿を変えて母の仇討ちをするために京へ向かう。道中、関白豊臣秀次に輿入れするために同じく京へ向かう出羽の大名、熊谷成匡の娘、晴姫一行を襲った山賊から救ったことで、護衛として行動を共にすることになる。あと数日で京に到着というある日、一行に届いた知らせは、関白の切腹。一族と見なされれば晴姫も連座で処刑されてしまう。姫を救うためにはどうする? そして千寿の仇討ちは? 政治と権力、愛憎が戦国末期の大きな渦となって、千寿を巻き込んでいく!

2013年10月 1日 (火)

Vol.607 10月1日 RIDERS CLUB 11月号発売

01BikeJIN秋祭りには
大勢の方々にご参加頂き
ありがとうございました!
翌日、台湾版ランドネの
初イベント参加で
金曜日まで滞在していた台北に
日帰りで飛んでいく慌ただしさで
本誌の最新号ご紹介が遅れましたが、
既に先週末から発売されています。
その11月号ですが、

02よくいわれる「グリップ感」という表現、
タイヤが路面を掴んでいる感じが
伝わってくるというけれど、
どんな感じをいうのか
それは誰でも感じられるのか
疑問だらけの人も多いのでは?
というワケで最新号は「グリップ感」が特集デス。

03さらに相次いでデビューした3気筒バイクの魅力や
最近注目のミドルSBKにも参入したパニガーレの899と、今月も気になる話題ばかり。
イズタニは「縦置きエンジン」で
クランクシャフトの回転が縦や横に
配置される違いに気付いたりしてマス。

04

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR