RIDERS CLUB 最新号

BikeJIN 最新号

クラブハーレー最新号

DUCATI Magazine 最新号

BMW Motorrad Journal最新号

その他の雑誌

エイ出版社からのご案内

  • オトナの趣味サークル 趣味の動画


リンク

« Vol.594 1月8日 今年も宜しくお願い致します。 | メイン | Vol.596 2月23日 「クイックドロウ」が発売になりました »

2013年1月26日 (土)

Vol.595 1月26日 RIDERS CLUB 3月号発売

Rc_mar_2013_1 巻頭はライテクQ&A。
チャンピオンマシン、
YZR-M1の詳細写真も満載デス。

ボクの担当は35周年
(RIDERS CLUBと同い年!)
Rc_mar_2013_3 を迎えたヤマハSRが
デビューするまでのいきさつや、
イズタニとの問答は
Rc_mar_2013_2 カフェレーサーの歴史。
まだまだ寒くて乗れてないアナタに、
春まで夢を育む
アブナイ物欲企画もあります!


Photo_3






facebookで色々な方々とやりとりしていると
バイク談義だけでなく、
思春期を迎えたお子さんたちとの悩みなど
身につまされるハナシも多々あって
自分が10代の頃を思い出したりもします。
高校生でバイクのレースに身を投じている
仲間なんぞいるワケもない当時、
アルバイトでサラリーマン以上の稼ぎが必要で
家も飛びだしひとり悶々とするコトが多かった……
将来が不安で「何でこんなコトしてんだろう」と
膝を抱えて泣いてた夜もありました。
ラッキーなことにココロが病むまでに至らなかったけど、
思い出すといわゆる鬱病といわれる崖っぷちに
何度も立たされてたんでしょうネ。
人と違う人生を歩もうとすると、
頭の中には「夢を追う」勢いがあっても、
日々の暮らしにはリアリティしかなくて
挫折感や孤独感ばかりに苛まれてしまいがち。
そんなとき、親は無力ですネ。
助けてやりたくても、自分のチカラで切り開かなきゃ
いちばん大事な自立に向かって歩けません……
せめて一瞬の気休めを与えるくらいしか
親にはできませんが、
そこも判断が難しいと思います。
どの方法がイイとか正論さえあり得ない、
ひたすら祈ってやるしかできないと
子どもを持つ身になってつくづく思い知らされました。
なんてハナシが行き交うのも
facebookのような
コミュニケーション・ツールのおかげ。
デジタルにはネガティブな部分もありますが、
悩むのは自分だけではないという
勇気をもらえる共有機能のポジティブさは
この時代ならではでしょう。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR