RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« Vol.569 8月20日 感動します! 先ずはYouTubeで…… | メイン | Vol.571 8月31日 超シアワセ報告! »

2012年8月27日 (月)

Vol.570 8月27日 トラクション、実感できてます?

Rc_10 発売になったRIDERS CLUB最新刊
トラクションを実感するためのアレコレ。
コーナーで開けると安定するのは、
上りのヘアピンなどで
誰でも実感できてると思いますが、
いわゆるコーナリングとなると
無理なく徐々にスロットルを捻る乗り方では
早く開けると後半でトラクションが希薄になりがち。
そもそも、この感じでトラクションといえるのだろうか…
等々、実際には良くわからないとうのが本音では?
我々のライパでも最も質問の多いこのテーマに
読者の方の実践経験を含め、
多様な取り組みで企画を構成しています。

前号の前輪の不安解消が大好評だったのをうけ、
ちょっとした工夫で開眼できるライテク続編です。
もちろん蛮勇を振るうのはご法度……
怖いと思うのは、自己防衛本能が
正常に機能している証拠です。
なのに無理してやってみても、
おそらく身にはつきません。
リスクの心配無しにどうやれば開眼できるか、
難しいテーマですが我々の使命として
今月もチャレンジしています。

ボクの担当企画、アーカイブは
懐かしいヤマハFZ750。
あのジェネシス・コンセプトの発端バイクですが、
ホンダと雌雄を決する覚悟だったのがわかる
その誕生秘話はちょっと驚きかも知れません。
イケてる……問答は、イズタニがシートという
簡単そうで実は厄介なテーマを持ち込んできました。
コーナリング大好きライダーには
知っておきたい「ナゼ?」が目白押しだからです。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR