RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

« 2011年12月 | メイン | 2012年3月 »

2012年1月29日 (日)

Vol.558 1月29日 春が待ち遠しい冷え込み……

Riders_club_3 寒ッ、思わず声が出ちまうほど
冷え込みが続く毎日……。
とはいえ2週間もすれば
寒い日もあれば陽の暖かさを
感じる日もあるという、
春間近な季節がやってきますよネ。
こんな厳冬でもバイクに乗ってる
ツワモノもいらっしゃるんでしょうが
いまボクは情けなくも「ムリ」って感じ。
お正月に色々瞑想してはみたものの
仕事始めから瞬く間に寝不足な
滅多なことじゃバイクにも触れられない
去年と変わらない毎日が巡ってます。
年明けから現地法人がある台北にも
既に出掛けていて、日中17〜19℃もある
快適さに包まれると、戻ってから益々バイクに
向き合う気になれず……いやはや情けない。
次の週末も台北ブックフェアに出掛けますが
台北市内の松山空港から会社まで10分と
超便利な羽田からの便のおかげで、
国内出張とまるで変わりません。
去年は日帰りも経験したっけ……。
そうそう、出掛けた週末が例の総選挙で、
日本と変わらない選挙カーが街中を走り回り
日曜日は午前中に6割が投票を済ませてました。
お父さんが年老いた両親の家まで迎えに行き、
選挙権の無い子供たちも一緒に家族一同で
投票所へ出掛け、皆でお昼を食べてるシーンが
そこいらじゅうで見られるというのが
我がニッポンと大きく違うトコロ。
投票率は何と74パーセントでした。
前回の76パーセントを超える80パーセントが
予想されてましたけど、海外から戻れない人口が
以前より多く、この結果なんだそうです。
大陸との微妙な関係、経済発展と貧富の格差の
バランスと政治がどう取り組んでいくか、
そこの国民意識は猛烈に高く、不満を抱きつつ
他人任せで耐えて?いる我々からすると
考えさせられるコトの多い選挙戦でした。

オッと本題、RIDERS CLUB 3月号が
金曜日から発売されてます。

巻頭は表紙のキャッチにある通り
宮城光のバイク道指南ですが、
ボクもモトグッツィを語るページを担当して
この摩訶不思議なバイクの何たるかについて
歴史を辿りながら綴らせてもらいました。
それと、愛車V7も先々週に無事帰国!
なのに、仕事に追われ明後日にようやくご対面の予定。
コイツと向き合ってると、
心が逸るというか勇気のような躍動を貰えるので
我がガレージで祝杯ってのもイイかも。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR