RIDERS CLUB 最新号

CLUB HARLEY最新号

DUCATI Magazine 最新号

リンク

« Vol.553 10月17日 目標タイム達成!、燃え尽きるまで走った3位!! | メイン | Vol.555 11月27日 リスクを避け醍醐味を楽しむには »

2011年11月 4日 (金)

Vol.554 11月4日 まだ余韻、続いてます……

Bikejin デイトナから帰って
もう2週間以上、そろそろ
3週間にもなろうというのに、
ボクの心と身体に残る余韻は
まだまだ消えてません……
長きバイク人生で滅多に感じられない
「やり切った」満足感が、
まだジーンと痺れのように
そこらじゅうに漂ってます。
何というシアワセ者なんでしょう、
「どーかしました?」なんて
会社のスタッフに聞かれてしまう
放心状態に耽ってその余韻、楽しんでます。
写真の溢れんばかりに駐車しているバイクは、
先週の「BikeJIN秋祭り」でのひとコマ。
回を重ねる毎に、参加してくださる皆さんが増え
何とも嬉しいかぎり、ありがとうございます。
そこでのトークショーでも、
デイトナ語りの我田引水に走ってしまいました。

でも、こんなことホントは触れたくないけれど、
マレーシアGPでのシモンチェリ選手の悪夢、
モータースポーツについてまわるリスクとはいえ
バイク乗りのひとりとして
言いようのない失意に陥りました。
バイクに乗らない人からすれば、
命を落としてまでやるスポーツなんぞ
ポジティブのかけらもないでしょう。
今年はキャプテンも失ったし、
デイトナもレース直前まで正直なトコロ
心に躊躇がなかったワケではありません。
だからこそ、バイクに乗ることを大切にしたい、
63年間生きても解決とか結論とか
答えが無いことは百も承知しています……。

Riders_club_dec だからバイクは一生懸命が一番。
発売から1週間が経ちましたが、
RIDERS CLUBの最新号も
スーパースポーツを愛するライダーに
リスク回避の意味も込め、
大事な満足感への道程共有がテーマです。
とりわけ最新モデルの頭脳化は、フェイルセーフしながら
醍醐味だけ味わえる、年輩ライダーが陥りがちな
パフォーマンスを諦めたりしないよう
開発された有り難いテクノロジー。注目に値します。

Riders_club_kushitani そうそう、いまWebのECで発売している
ダウンジャケット、キャプテン竹田津が
クシタニさんとのコラボで企画した
我々にとって感慨深い記念の作。
軽くてコンパクトに収納できる利便性と
街着として使える感じの良さが、
こだわりの強い彼らしさだと
実際に着てみて思います。
RIDERS CLUBのロゴ、こんなに目立たなくてイイのかよ〜
なんてキャプテンを思いだしつつ
ホワイトグースの暖かさ、噛み締めてます。

根本健

  • 1948年東京生まれ。小学生から鉄道に飛行機と、オタク街道まっしぐらだったのがナゼかバイクの道へ。ロードレースに憧れ'73年全日本チャンピオン。'75~'78年に世界GPにチャレンジ。帰国後ライダースクラブ編集長となり28年間雑誌づくり人生。最近はビンテージバイクにもハマり、レースやツーリングに楽しみを広げている。

バイクお勧め案内

  • バイク・オートバイ用語集 RIDERS CLUB 創刊号からのバックナンバー販売中! 速いがエライじゃないサーキットイベント「ライディングパーティ」

バイクお勧め商品

  • LEG HEAT GUARD LONG ESS CROWBAR BikeJINパッケージ CLUB HARLEY×7th Heavesコラボ・ハーレー純正キーカバー オートバイ乗りは、“怖がり”ほどうまくなる。

Facebook

  • エイ出版社Facebook

PR